« メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | お散歩写真 »

2009年6月24日 (水)

DMR リターンズ

L1000792

桜撮影に行った奈良・長谷寺で落下テストをしてしまい、ドイツへ修理に出していたDMRが予定(7月)より早く帰国して来ました。二ヵ月半ぶりに手にするR9+DMRです。

修理に出さなくとも動作に支障はなかったのですが、ディスコンになっている製品、パーツのあるうちに交換してもらおうという事で出しました。パワーユニットの交換で、部品代21,000円也。

L1000802

ライカの一眼レフなんて一般的には極めてマイナーなシステムですが、それなりに歴史がありました。しかし、そのシステムも遂にディスコンになったようです。期待していたR10が出ないのは残念です。

L1000813

L1000820

久しぶりにR9を使いましたが、懐かしい感触です。ニコン、キヤノン両社のフラッグシップのような洗練されたものはないですが、無骨なところに惚れてしまったので。

L1000824

L1000831

残された(自分の)システムをこれから大事に使って行きたいと思います。ライカ社さん、いつまでもメンテナンスをよろしくお願いしますよ。(笑)

奈良、京都で撮影した写真に結構ホコリが目立っておりました。で、帰って来たパワーユニットを装着する前にDMR本体を一度外し、ブロアーでシュッシュッ! とCCDのホコリを払ってから装着し撮影したら(今日の写真)、ホコリは大きなものがひとつだけになっています。ブロアーでも結構ホコリは落とせるものですね。

LEICA R9 + Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) + DMR

« メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | お散歩写真 »

コメント

おはようございます。
ドイツ帰りのR9、凄くきれいな写りですね。
雲の様子が繊細な感じで、いいなあ^^
この公園も散歩withカメラによさそうなところですね。
これからR9+DMRのお写真、楽しみにしてますよ。
でも、R9+DMRって重そうですから、腰にお気を付けて。

ライカの信頼の高さを感じる今回の話です。会社がある限り(実際は厳しそう)ユーザの注文には応える姿勢、ライカに惚れる一端を感じます。方や、我がCONTAX、切り捨てられちゃった無念さ・・・。

koukoさん、おはようございます。
国産デジ一眼の画像処理が最近になって12bitから14bitへと上がりましたが、DMRは古い(4年前の製品)にも拘らずその上を行く16bit処理なんです。なので階調の面では国産デジ一眼より性能は上だと思います(多分)。
でも重さはKiss DやGH1に比べると圧倒的に重いです。今日のような近いところでボディだけぶら下げて歩くのには何ともないですが、カメラバッグに交換レンズ数本を入れて歩くと応えます。(笑)

ダンさん、おはようございます。
メンテナンスの面では電気カメラ初期のR3、R4でも大丈夫なようですが、国内メーカーだったら切り捨てられているはずのモノまでメンテを受け付けているみたいで、その点では立派ですね。
CONTAX、殿様商売的価格でしたからねぇ・・・。儲からないと思ったらさっさと撤退しちゃいました。安心出来るボディをコシナさん辺りから出ると良いのですが。

 ご帰還、おめでとうございます。

 あやふやで申し訳ないのですが、ドイツでは「安物を買うほど、贅沢は出来ない。」というのを聞いたことがあります。

 日本製の多くは、今は、安いのですが、結果的には買い換えの続出で、安い買い物とはなっていません。
 車も、平均20年以上使うスウェーデンからハッセルブラッドが生まれていますし、独逸製のはさみは一生、メンテナンスをすれば快適に使えます。

 余談ながら、高校の時にちょっとだけ無理して買った普通のモンブランですが、30数年経っても現役です。これはメンテナンス無し。
 DMRも長く使いたいですね。

DMR帰ってきてよかったですね。
やはりDMRの写りは秀逸ですし、Rレンズが使えると言う点ではこれほどいいものはありません。私のDMRも一番気になるのがCCDのゴミ、これだけは大阪のサンエスさん経由でライカ銀座でやってもらっています。DMR写りは一品ですのでこれからも大事に使っていきたいですね。

pyosidaさん、こんばんは。
日本では「安物買いの銭失い」と言いますが、意味としては大同小異のような気がします。
大分前、オーディオ機器については大体10万円以下の機器を買っていたのですが、その音に直ぐ飽きてしまい、結果買い替えたりして損をしておりました。或る時からそこそこ高級機を買うようにしたら音に飽きが来なくなりました。高級機と言っても現在のハイエンドオーディオからしたら笑われる価格ですが・・・。(笑)
やはり多少高価格でも良いものを買っておけば長く使えるという事ですね。
モンブランの万年筆ですか。友人も持っておりますが、やはり選んで購入するものですね。ライカも長く使えますから。

Kazuさん、こんばんは。
どうやらRレンズが使えるデジタルはDMRで終焉かもしれませんね。
CCDのゴミ、私も絞って撮るとかなり目立つようになりました。しかし今回裏蓋を開けてCCDをブロアーで払ってみたら随分綺麗になりました。これなら預ける必要はないと感じました。(笑)

KONDOHさん、ご無沙汰です。
DMR無事戻って良かったですねぇ。落とした直後のお顔を拝見したときは、何と声をかけたらよいのかちょっと躊躇しました。でも、部品があってホントに良かったです。あ、そういえばもう一つの落下実験(事件)のその後は、、、

センサーのゴミですが、私はさほど神経質ではないのでいつもブロアでシュッシュッ、でお終い。D3もE-3もDMRも皆同じ方法です。それで大体OKです。ただし、中途半端なブロウイングだとゴミが舞い戻ったりしますので、できる限り瞬間的に行うのがコツのようです。D3もDMRも最初の1回だけSCに持ち込みましたが、ここ1年以上はシュッシュッ専門です(笑)

tamuraさん、こんばんは。
そのままでも動作に支障はなかったのですが、あの大きな傷のまま使っていると常に思い出してしまいます。(笑)
部品があってホントに良かったです。これで事故の事は忘れられます。
もうひとつの落下事件、銀座店で見てもらいましたら光軸も問題ないですとの事で、そのまま使う事にしました。砂利の上でしたから、それなりに傷は付きましたが、これは諦めます。しかしライカは丈夫ですね!
センサーのゴミ、DMRでは初めてブロアーを使ったのですが、見事に飛んでくれました。今回の写真、絞り込んで空を写して確認してみたのですが、真ん中にひとつ目立つものがあっただけでして、今一度ブロアーを使いました。これで充分ですね。

こんばんは。
R9+DMR復活おめでとうございます。
KONDOHさんにはR9のインパクトが強いので、なんかシックリきます。
しかし、修理代の21000円、意外にリーズナブルに感じるのは私だけ?

Kenclipさん、こんばんは。
有難う御座います。昨年7月から10月に掛けて渡独しておりますので、今回が二回目。手間の掛かるカメラです。(笑)
え~・・・、部品代が21,000円で、その他に技術料が・・・。(笑)

DMRご帰還、おめでとうございます。銀塩ライカRをデジタル化するDMR、既存システムを最大活用する何ともライカらしい仕掛けですね。コンタックスにも同様の仕掛けがあったらどんなにいいことか・・(涙)。うらやましい限りです。

うっちーさん、こんばんは。
有難う御座います。多分、Rの最初で最後のデジタルシステムになるのではないかと思います。大事に使いたいと思います。
コンタックスのシステム、もったいないですよね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | お散歩写真 »