« 「007/慰めの報酬」ブルーレイ版 | トップページ | 梅雨 »

2009年6月21日 (日)

モノクロで皇居

S50mm_31
大番所

番所というのは警備の詰所の事で、大番所は他の番所より地位の高い与力、同心が詰めていたそうで、江戸城本丸へ通ずる最後の番所。非常に重要な番所だったわけですね。という事で先日、皇居東御苑を散策した際、モノクロフィルムでスナップした写真を今日は。

S50mm_34

眩い新緑に惹かれてパチリと。しかしモノクロでした。(笑)

S50mm_36

白鳥の湖ならぬ白鳥のお堀。

S50mm_44

大手門内側から絵を描いている方々に遭遇。横浜の山手周辺でも絵を描いている方を良く見掛けますが、良い趣味ですよね。

S50mm_37

大手門横で観光パンフレットを熱心に見ていた外国人観光客。皇居は外国の方に人気の場所のようです。

S50mm_40_2

お昼時ののどかなひと時。

S50mm_41

昼休みにこういう公園で過ごせるサラリーマン、OLの方々が羨ましいですね。息抜きに良い場所と感じます。

今日の写真撮影に使ったライカ M2、ニューヨークのショップから購入して何年経ったか忘れましたが、途中でシーベルさんにオーバーホールをお願いしたりして、一番気に入っているM型ライカです。感触(巻き上げの滑らかさ等)と音(シャッター音)も使っていて心地よいカメラです。

LEICA M2 + Summilux-M 50mm/f1.4 (type III), ILFORD DELTA 400

« 「007/慰めの報酬」ブルーレイ版 | トップページ | 梅雨 »

コメント

おはようございます。ライカに関する本が手元に数冊あります。中で最も安価な田中長徳さんの「ライカはライカ」と云う単行本です。中に究極はM3かM2かとあり、比較論に、大学進学の際、文化系か理科系の違いとあると言う。望遠系か広角系かの比喩として表現されていて面白いです。田中先生の著書の表現は独特ですがM6を少しけなしてとれる表現もあります。私はMIIIfを用いていたときフィルム装填の際、フィルムを数センチ切り込み入れないといけないのが逆に面白く感じていました。

OKAさん、おはようございます。
チョートクさんの本、以前は結構読んでおります。最近は全然購入しておりませんが。独特な文体なので好き嫌いが結構別れると思います。
カメラの使用感は人によって捉え方はいろいろなので、やはり実際に使ってみないと分からないですね。人からケチョンケチョンに貶されているカメラでも気に入ってしまう場合もありますし、究極はご自身で使ってみないと分からない、だと思います。時折覗いてみるネットの掲示板で使ってもいないのにあれこれ書き込む人もいるようですが。

そうなんですね。雑誌にも提灯記事が横行していますし何と申しましても頼りは自己となりましょう。けなされるM6にしても軽くて使いやすいと私には思えるので仕方ないですね。使用したことなくて論じても記事からにおいます。使用感というのは独特なものですね。同感です。使いづらいと云われるカメラもそこが何とも云えないと思えるカメラもあるからなんです。

おはようございます。
色々使っても、最終的にはM型に行き着くんですかね。
たまにMPを使いますが、何か本流に戻ったという感覚になります。
今はアダプター遊びで楽しんでおりますが。

晴天では木陰のある公園で昼食をとる人も多くみますので、歩き疲れて休みをかねてベンチに座り食べたこともありコンビニ弁当も一味違うようでした。これからの時期楽しみたいと思っています。
最近はカメラの本も魅力がなくなりました。プロでもニコンやキャノン等のカメラフアンはそれぞれの欠点をあげてはやらせ記事も多く見受けられます。
ひどいものにはライカで写したものだけが写真だと決めつけるマニアには唖然とさせられました。
人の意見に惑わされずあくまで参考にして撮影目的に応じてカメラを使い込めばよいのではと思います。使いづらいというカメラでもインパクトのある画像が表現できるカメラがありますね。

ご意見は尊重し参考にはして、しかし、最終的には各自の経験による判断かと私も考えます。作品鑑賞もそうですね。学びたいこと沢山あります。そこで実験もします。今回2枚目の写真では「光と感性」を強く感じます。うっかりすると見過ごしやすい光景かと思えます。綺麗に見える光景はややもすると見過ごします。思わずシャッターせず通り過ごすことなんですがいつも反省することなんです。

OKAさん、こんばんは。
商業誌は広告を貰って成り立っているわけですから、評者の記事を鵜呑みには出来ませんですね。まぁ、眉に唾をつけて参考までに、という事でしょうか。
私の場合は高額商品はともかく、興味を持ったら何でも自分で試さないと気が済まない性格で、それが大散財を生んでおります。(笑)

ramble-leicaさん、こんばんは。
私はM型も愛しておりますが、どちらかというと一眼レフの方なんです。ただ何となくレンジファインダーの方が気軽に使えるような気がしております。

tokiwaiさん、こんばんは。
私の昼食はいつも事務所の中で摂っておりますので、今日の写真のような公園が近くに在ったら、木陰で摂ってみたいものといつも思います。
カメラ雑誌、アサヒカメラと日本カメラ、なんでああも同じ編集内容なのか首を傾げます。表紙を取ったらどちらの雑誌か分からなくなるくらいそっくりな作りですね。
ライカで写したものが最高・・・、そういうふうにおっしゃる方も確かにおりますね。私自身はライカでなければ撮れない写真なんてないですが、逆にライカだと撮れないものがあるかもしれない、と思っています。(笑)
おっしゃるように人の意見に惑わされずに使うのが一番です。

こんにちは。
大番所の写真、なぜか、すごく古い写真のように見えます。

コントラストが低くトーンがやわらかい写真だと思って確認したらILFORDでした。
ILFORDのフィルムは使ったことがないのですが、やはりはっきりと違いが出るんですね。
1枚目の写真にその特徴が強く出ているように感じます。

ビワさん、こんばんは。
そうですか。建物は古いのですが、多分フィルムのせいだと思います。

yymoonさん、こんばんは。
このフィルム、柔らかい描写が好きで愛好しているのですが、お値段がコダックや富士よりお高いので、最近は被写体を選んで使っております。(笑)
ビワさんからも1枚目をご指摘受けましたが、このフィルムの特徴が偶然上手く出たのかもしれません。

>私の場合は高額商品はともかく、興味を持ったら何でも
>自分で試さないと気が済まない性格で、それが大散財
>を生んでおります。(笑)
実は私はKONDOHさんのこの言葉に共鳴します。
私も興味をもったら自分で吟味しないと気が済まないたちで世にいうライカでもツアイスでも自分で試して確かめないと気が済みません。そのうえでああだこうだ言いたいタイプでそうこうしているうちに大散財(笑)最近はそれで集まった機材をローテーションで使っています。これがまた楽しい(笑)

Kazuさん、こんばんは。
私の場合は新しいモノを買う時は大抵代わりに何かを売却していますので、、機材数そのものは大してないのです。
そういう事を繰り返して来ましたので、少しずつ少しずつ散財しています。長い目で見れば大散財。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「007/慰めの報酬」ブルーレイ版 | トップページ | 梅雨 »