« 今日は自由課題(^^; | トップページ | メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲(2) »

2009年7月 2日 (木)

コンデジの高ISO感度

Img_1424

昨日は一度帰宅した後、お付き合いで横浜・関内まで出て行ったのですが、持っているコンパクトデジカメの高ISO感度はどの程度の画質なのか、ついでにテストしてみました。ただし写真の方は歩きながら安直に撮っておりますので、写真の質は問わないように願います。(笑)

Img_1423

ISO感度は1600で撮影しています。モニターでチェックしてみますと結構ノイズが浮いていますね。しかしそれでも多分ノイズリダクションを相当効かせているように感じます。

Img_1426

こういった明るい照明下ではノイズも目立ちにくくなりますが、やはり解像度は落ちるようです。最近の、特にニコン、キヤノン両社のデジ一眼ではISO 1600くらいですとかなりの画質ですが、極小の撮像素子を使っているコンパクトデジカメではさすがにキツイようです。

しかし、それでもISO 1600で一応撮影出来るのですから、コンパクトデジカメの性能も随分良くなっているのですね。

Canon IXY DIGITAL 920 IS

« 今日は自由課題(^^; | トップページ | メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲(2) »

コメント

KONDOHさん、今晩は。デジタルの利点は、目で見えているのにフィルムで撮れない状況で撮影可能である事と思います。コンデジや一眼レフエントリー機種などは、特にそんな状況で使われる事も多いと思うのですが、ISO1600止まりの機種が多いですね。D5000クラスでもISO6400常用が当たり前のことになれば嬉しいな^^ 喜んでもう一台D40のサブに買い足しますよ。

おはようございます。
コンデジもきれいに撮れますね^^
私の場合、夜景を撮ることがあまりないため、高ISO感度が必要な場面はそうありません。
でもコンデジで高ISO感度だったら、便利ですよね。おまけに生活防水だったら、もっと便利なのですが。

スカルピアさん、おはようございます。
おっしゃる通りで、フィルムですと最初から高感度タイプを用意しておかなければなりませんが、デジタルはその場でパパッとISO感度を上げられますし、そこそこ写ってしまうところが凄いです。
確かにISO 1600止まりの機種が多いようですね。920 ISは「HI」というポジションもあるのですが、さすがに使う気になれません。
技術革新が目覚ましいデジタルの世界、そのうち普及機でもISO 6400が常用出来る時代が来るのも近いかもしれません。

koukoさん、おはようございます。
私も夜はというと、かなりの出不精なので、そうそう高ISO感度で撮影する事はないのですが、昨日はコンパクトですと邪魔にならないので持って出てみました。
大きくプリントして見る写真でなければ、そこそこ使える事を認識しました。

ISO1600では使用価値が大いにありそうですね。
確かにCMOSイメージセンサーが小さいことは画像から分かりますが夜景撮影等には利用価値が十分あるのではと思います。
携帯カメラもメガピクセルがありますのでますます便利になるようです。
このさきどのようなカメラが出現するのでしょうか。
フイルムカメラの魅力にこだわるのは古い考えなのかと惑わされます。

tokiwaiさん、こんばんは。
最近のコンパクトデジカメ、高感度で撮ってもそこそこ見られるようになっているのには少々驚きました。恐らくこれからもっともっと良くなって行くのでしょう。
そういう時代、私も未だにフィルムを使っています。しかしあまり拘る事なく両方使って行きたいと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は自由課題(^^; | トップページ | メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲(2) »