« 夜の羽田空港 | トップページ | 鎌倉散歩 »

2009年7月 7日 (火)

子供の水遊び

Img_0777

男性なら、どなたも子供の頃、補虫網でトンボを追い駆けたり、セミを捕まえたりした経験がお有りだと思います。更には川や池で小魚やザリガニを取ったりと。私の子供時代は本ブログでも何度か写真を掲載した横浜・大岡川で、メダカ、金魚、ザリガニ、カメなどを取った事があります。

Img_0780

夏、台風が去った後や、大雨の後には何故か金魚や鯉、メダカが上流から流れて来て、ひょろひょろと泳いでいるのです。今思えば上流に金魚や鯉の養魚場が在って、台風や大雨で増水した時に下流に流れて来たのかもしれません。

Img_0782

この池にはキンクロハジロやカルガモ、マガモがいますが、7月になるのにここで泳いでいるという事は留鳥でしょうね。カモ類は基本的には冬の渡り鳥ですから。

Ep1

E-P1、昨日は某量販店で先週に続いてじっくりと手に取って感触を味わってみました。ホワイトモデルはステンレスに塗料を塗っているのですね。考えてみれば(考えなくても)ボディだけ入手すれば、パナ製マイクロフォーサーズレンズを二本持っているので直ぐ使えるではないか、と気が付きました。(笑)

ただ、ファインダーが無いのが自分には・・・ですねぇ。GH1も私はほとんどファインダーを覗いて使っているように、カメラはファインダーを覗いて撮影する、という古い意識を捨て切れない人間なのです。ファインダーレスでも売価が5~6万円台なら・・・間違いなく購入しているのですが。あ、要するに現状では買えるお金を持っていないという事です。(笑)

パンケーキレンズだけは欲しいです。

Canon EOS Kiss X3 + TAMRON AF 28-300mm/f3.5-6.3 XR Di VC

« 夜の羽田空港 | トップページ | 鎌倉散歩 »

コメント

おはようございます。
ここはもしかしたら児童遊園地ですか。見覚えがあるような・・・。
このところE-P1で撮られたお写真をあちこちで見かけるようになり、なかなかの写りとアートフィルターという面白そうな機能もあって、うらやましい病にかかっています^^

koukoさん、おはようございます。
ここは菊名池なんです。昨日の撮影ですが、雨が降ったり止んだりという天候でしたし、歩いていると蒸し暑くて・・・。
E-P1、なかなか良いカメラですよね。売価がもう少し安ければ・・・という感じです。(笑)

KONDOUHさん コンニチハ ヾ(*^▽^*)〃

わぁ~~今日は 楽しそうなお写真ですね!
緑も濃くなって 綺麗です*:.。☆..。.(´∀`人)

>カメラはファインダーを覗いて撮影する
私も ファインダーのぞかないと 気がすみません。。。笑

マリアさん、こんにちは。
童心に帰った一瞬の写真です、今日は。
やはりファインダーを覗いて撮っているとカメラを使っているという実感が湧きますね。

こんにちは。
ファインダーがないということは、好きな外付けファインダーが使えるということですよ。スナップ撮影だったら、ヘタな内蔵ファインダーより良いですよ。

こんばんは。
私もよく水遊びした派です。その分よく池や川に落ちてずぶ濡れになって親に怒られたものです。

ファインダー好きの私にとってE-P1は魅力的なのですが何故か未だに心の中に宙ぶらりん状態です。

ビワさん、こんばんは。
実は私、外付けファインダーがどうも苦手でして、使っているライカには外付けのファインダーを一個も持っていないんです。
先日もM2で28mmを外付けなしで使っていますし、更には21mmでも外付けは使いません。(笑)
ではどうしているかと言いますと、21mmを使っている時はカメラのファインダーを覗く前に、目視で「だいたいこの周辺が写るな・・・」と予測してファインダーで見える範囲のままシャッターを押しています。もともとレンジファインダーの視野率なんて結構アバウトなので、こんな感じでいつも使っています。
ですからそこそこ安いコンパクトデジカメ(920 ISとか)では液晶を見てシャッターを押す事に抵抗はないのですが、10万円近いカメラだったらファインダーぐらい付けろよ・・・という気持ちが先立ってしまうのです。すいません。

Kenclipさん、こんばんは。
子供の頃は田んぼでも泥だらけになって亡き母に良く叱られたものです。(笑)
E-P1、良いカメラですよね。ただ自分の価値観からすると、あの価格ならファインダーを・・・となってしまうのです。でも、自分に今自由になる10万円が手元にあったら買っていたかも。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜の羽田空港 | トップページ | 鎌倉散歩 »