« 鎌倉散歩・長谷 | トップページ | 鎌倉散歩・稲村ヶ崎 »

2009年7月10日 (金)

鎌倉散歩・極楽寺

P1000963

江ノ電「長谷駅」から再び乗車して直ぐお隣の「極楽寺駅」で下車。長谷から歩いても大した距離ではないのですが、極楽寺には少々個人的な思い入れがあるので、ホームから外に降りてみたかったわけです。ただ駅前はこれといって撮りたいものもないので、今度は稲村ヶ崎までお散歩写真です。

P1000967

稲村ヶ崎方面へ歩いていると、点検修理なのか、車両が車庫横に止められてありました。鉄道写真ではこういった撮り方を形式写真というらしいのですが・・・。

P1000976

或るお宅の前にこんなものが。昔ながらのお風呂ですねぇ・・・、相当な時代物だと思います。

P1000977

こじんまりとした店構えに惹かれてパチリと。

P1000986

シャッター速度が速い(1/640秒)ので江ノ電が止まっているように見えますが、もちろん走っているところです。私の横を電車が通過しているのです。線路と道路の間に塀も柵もないのですよ。のどかですよねぇ・・・。

P1000996

ご覧の通り。これでも事故などないのでしょうね。しかし私も鉄ちゃんしていますねぇ・・・。(笑)

ところで昨日の質問、奈良と鎌倉の大仏様、どちらが先にたったか? 答えはもちろんご存知ですよね。どちらの大仏様も「座って」いますので、どちらも立っていない、が正解。
子供の頃に良く言っていたくだらない謎々であります。「建った」とか「立った」と書かなかったのは答えが分かってしまうからです。(爆)

PANASONIC Lumix GH1 + G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

« 鎌倉散歩・長谷 | トップページ | 鎌倉散歩・稲村ヶ崎 »

コメント

おはようございます。
古い風呂桶、祖母の家にあったものとまったく同じで、懐かしいです。江ノ電を見ると私も思わず鉄ちゃんになりますよ^^
大仏のなぞなぞ、子どもの頃によくやりましたが、鎌倉に遠い地方の方もご存じのなぞなぞなのでしょうかね。

 おはようございます。
 1枚目のポストは、とても懐かしいです。光沢が違います。

 大仏のなぞなぞ、初めて聞きました。(笑)
 さっそく、妻に質問してみます。
 GH1、活躍していますね。

おはようございます。
懐かしいシリーズを楽しませていただいております。
はじめて鎌倉を訪れた時は、奈良の大仏と比較してしまい・・・でも、鎌倉いいところですね。また訪れたいと思っています。しかし、GH1いいですね。動画の方はいかがですか!

koukoさん、おはようございます。
風呂桶、昔は家庭のお風呂というと、こういったものを使っていたのですね。五右衛門風呂に近いような。(^^;
なぞなぞ、コメントを頂いた関西にお住まいのpyosidaさんはご存じないようでしたので、こちらでしか通用しないなぞなぞなんでしょうかねぇ・・・?

pyosidaさん、おはようございます。
郵便ポスト、時々見る古い形ですが、なかなか味がありますよね。
なぞなぞ、ご存じなかったですか。関東だけにしか通用しないのでしょうかねぇ・・・。
GH1は軽く小さいので、まったく負担にならないです。

ramble-leicaさん、おはようございます。
鎌倉を訪れて大分経っていらっしゃるのでしょうか。奈良と比較してしまうと可哀想な気もしますが、さすがに外国の観光客も多かったです。
GH1、江ノ電の動画も撮影して来ました。便利なカメラです。

ホント、古い風呂桶良く見つけられましたね。
拙宅も25歳くらいまでこの風呂でした。逗子・海の民宿などもそうでした。若い頃、熱海・初島へ民放さんの建設時出張しましたら宿もこれでした。まだ初島には電気がなくてこのお風呂にも油ランプでした。放送所は自家発電でした。後に、海底ケーブルが敷設されたようです。この風呂桶からも思い出が沢山!
郵便ポストも懐かしいですね。山形県山寺駅前のポストもこれです。お寺のイメージと合いそうです。

不忍池・南東角付近の都立歴史博物館の入り口にもありますがこれは飾り物となり投函しないで下さいとあります。念のため。そうそう、蓮の見頃が近づいています。

KONDOUHさん コンニチハ ヾ(*^▽^*)〃

今 遡って 鎌倉の記事をゆっくり拝見しました。
いろいろな表情の鎌倉を 切り取られていて。。
さすがです~~(*´▽`*)ニコッ

今日のお写真は 懐かしいものばかり。。。
昭和30~40年代に タイムトリップした感じですね~!
楽しませて頂きました~~!

若い方々のために風呂桶で補足しますね。風呂桶に沿って木製簀の子が一般的でした。シャンプーなんてありません。シャワーもありません。都会は別として水道なんてありません。井戸水を別の桶に汲み水します。変な話、風呂桶のお湯で身体を洗います。当時は、普通なことでした。洗濯桶も基本的には同じ造りです。真鍮製のバンドにて桶枠は支えられました。これが腐るとお湯漏れです。小さな子とお母さんが一緒に入るとお湯の1/3が溢れて無くなりますから汲み水を足します。屋根にはブリキが一般的でした。

こんにちは。
丸い郵便ポストが良いアクセントですね。
祖母の家の風呂は五右衛門風呂でした。親子で縮こまりながら入っていたことを思い出します。

OKAさん、こんばんは。
風呂桶の解説、有り難う御座います。しかし、こういったお風呂があった家は結構裕福な家だったのではないでしょうか。一般庶民は多分、銭湯に行っていたとおもいますので。
その銭湯も家庭風呂が当たり前になってから、すっかり姿を消しつつありますね。

マリアさん、こんばんは。
久しぶりの鎌倉でした。江ノ電沿線も歩いてみると面白かったです。
最近はレトロブームですが、こういった風呂桶を見るとは思ってもいませんでした。大ゴミに出せなくて困っているのかもしれませんね。

ビワさん、こんばんは。
おお、五右衛門風呂に入られた事がありましたか。私は小さい頃から銭湯でした。近所の友達同士で良く行ったものです。

 大仏の質問を妻にしたら、最初は「奈良」と言っていましたが、はっと気が付いて、「どちらも座っている」と答えました。
 妻は、小学校から社会人まで関東育ち、子どもの時に遠足で鎌倉に行ったらバスガイドさんが、よく言っていたとのことでした。

 関西でも有名ななぞなぞで、私が「ぼーとした」子どもであったためかと思いました。(笑)
 が、奈良の大仏は修学旅行などでも行く機会は多いと思いますが、鎌倉は関東では遠足で行くことがあっても、関西人にとっては「鎌倉に大仏があるかぁー(関西弁)」なので、やはり関東人向けのなぞなぞのようです。・・・。・・・。このあたり、実際の所はなぞ。

 LUMIX G VARIO14-45mmf3.5-5.6のレンズですが、全般的には満足していますが、KONDOHさんの写真で言うと、2枚目と4枚目の電線にパープルがかった色が気になります。14-45mmだけに出ることはないのですが、これがなければほぼ満点です。

pyosidaさん、こんばんは。
奥様も最初は引っ掛かったのですね。(^^;
確かにおっしゃるように私の周辺の学校では修学旅行で奈良、京都、遠足で鎌倉に行きますので、大仏様は両方見る機会があるのです。関西から鎌倉には来ませんよね。関東人で得したような・・・。(笑)
レンズの件ですが、所謂パープルフリンジというやつですね。レンズの価格が価格ですので、私は気にしておりませんです。まして私は僅か4200円で買っていますし。(^^;
このクラスのレンズですとキヤノン、ニコンでも少なからず出ておりますが、キヤノン製ですと40D、50Dのレンズキット 17-85mm IS はもっと酷いようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散歩・長谷 | トップページ | 鎌倉散歩・稲村ヶ崎 »