« 日食・・・ハズレ | トップページ | 梅雨明けは・・・ »

2009年7月24日 (金)

推理小説はお好き?

Img_1444

本を読む事がお好きな方の中には純文学がお好きな方、新刊小説がお好きな方、詩を読むのがお好きな方、と人それぞれ色々でしょうが、推理小説がお好きな方はいらっしゃるでしょうか?

私は内田康夫さんの「浅見光彦シリーズ」が大好きでして、何十冊読んだか自分でも分かりません。十代の頃から本を読むのは好きだったのですが、推理小説は自分で買って読んだ事はほとんどありませんでした。007シリーズは推理小説とは言いませんでしょうから。(笑)

事の発端はもう何年も前に遡りますが、友だちがもの凄い本の虫でして、読む本のほとんどが推理小説ばかり。待ち合わせなどをすると途中で文庫本を買って電車の中で読みながら来るのですが、大変な速読で電車の中で一冊をあっさり読み切ってしまい、私に「はい、これ読んで」と渡すのです。で、帰りの電車の中で今度は私がその文庫本を読みながら帰って来るのが定番でした。(笑)

たまに私の家に来る時は、決まって手提げの紙袋に文庫本や単行本をいっぱい詰めて来まして、置いて帰って行くわけです。で、その本がすべて推理小説。その中に内田康夫さん、西村京太郎さんの小説が沢山入っており、私は売れっ子推理小説家の両名を知る事となったわけです。

前述した内田康夫さんの「浅見光彦シリーズ」、西村京太郎さんの「十津川警部シリーズ」が自分でも面白くなってしまい、すっかりファンになってしまいました。お二人の新刊を自分が買ったりすると、件の友だちに「今度出た内田さんの○○・・・買った?」と電話で尋ね、買っていないというと逆に私が会った時に手渡すという事をしていました。ですから相当な数の本を読んでいるのですが、片っ端からストーリーを忘れてしまいます。(笑)

テレビで「浅見光彦シリーズ」や「十津川警部シリーズ」が放送されると大抵観ております。で、途中で「あ、この原作読んだな・・・」と思い出すのです。(笑)
浅見光彦を演じていた役者さん、私は榎木孝明さんが一番原作のイメージに合っていて好きでした。今はさすがにお歳を召したせいか兄の警察庁刑事局長、浅見陽一郎役を演じたりしていますが。

十津川警部シリーズのテレビドラマでは亡くなられた三橋達也さんの十津川警部、愛川欽也さんの亀井刑事のコンビ(テレビ朝日)が良かったですね。TBSでしょっちゅう放送されるシリーズでは渡瀬恒彦さんの十津川警部、伊東四郎さんの亀井刑事ですが、原作とは少々イメージが違っている感じがするのですねぇ・・・。あくまで私個人の感想ですが。

一昨日、横浜伊勢佐木町に出た帰り、良く利用している横浜市立図書館に寄って上記写真の文庫本を借りて来ました。今、写真左の「怪談の道」を夢中になって読んでいるところです。(笑)

« 日食・・・ハズレ | トップページ | 梅雨明けは・・・ »

コメント

おはようございます。
若い頃は(笑)、お友達のような本の虫でしたが、最近読まなくなりましたね。推理小説も大好きですよ。海外物が多いのですが、以前はよく読みました。なぜか夏には推理小説が読みたくなります^^
「浅見光彦シリーズ」は、本では読んだことがありませんが、TVで放映されると見ています。歴代の中では沢村一樹さんがお気に入りです。加藤治子さんのお母さん役もすてきでしたし^^

 おはようございます。
 本が読めないpyosidaです。思春期に読み過ぎ反動がまだ続いています。

 妻は推理小説が大好きですが、一番最初に、本の最後、結末を読みます。どうなるかを知ってから、安心して読みます。
 そしてたまに奇怪な行動を取ります。連続ものの映画を見ていた時、最後に来て私がどうなるのかとやきもきしていると妻が一言「奥さん殺されるのよ。」
 「何で結末を言うの」と言うと、「いいじゃない、言いたいのだから。」でした。

 しかし、推理小説で最後から読む人はいるのでしょうか。

koukoさん、おはようございます。
推理小説、お好きでしたか。海外物、どういうのを読まれたのかなぁ・・・?
テレビの浅見光彦、沢村一樹さんは私も好きです。榎木孝明さんが演じなくなってからは沢村一樹さんが一番の贔屓です。
「相棒」の水谷豊さんも浅見光彦を演じられた事がありましたが、全然イメージ違いでした。(^^;

pyosidaさん、おはようございます。
奥様が推理小説お好きなんですね。しかし結末からお読みになるのですか? う〜ん、凄いです。(^^;
そういえば公開された映画を観た人が、これから観に行くという人にやたらとストーリーや結末を話したがる人がおりますね。それではpyosidaさんはいつも奥様にからかわれているのですね。(^^)
推理小説、最後から読む人はあまりいないと思いますぅ・・・。

こんにちは。
西村京太郎さんの小説は初期のも含めてほとんど読みました。あまりに作品数が多いため、読んだことがあるかどうか何ページか見てみないと分からなかったりします。極マレに、全く同じトリックを別の話に使っていたりすることがありました。
三橋達也さん、いい役者さんでしたね。

ビワさん、こんばんは。
私も読み過ぎて、タイトルを聞いてもパッと思い出せないくらいなんです。テレビを見ていると途中で「あ、読んだ!」となります。ですから結末が分かってしまうのです。(笑)
三橋達也さん、好きな俳優さんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日食・・・ハズレ | トップページ | 梅雨明けは・・・ »