« 西方への道 | トップページ | 琵琶湖で睡蓮を・・・ »

2009年7月28日 (火)

琵琶湖の蓮

Img_0805

滋賀県琵琶湖畔、草津市立水生植物公園に行って来ました。毎年恒例の蓮撮影オフに二年振りに参加する事が出来、玉の汗を掻きながら今年初めての蓮撮影に精を出して参りました。

Img_0810

京都駅でオフ参加の皆さんと合流し、JR東海道線で滋賀県草津駅へ。タクシーで水生植物公園に向かう途中、前方に見えた比叡山、雲と靄に煙る姿が美しく感動モノでした。

Img_0815

雨予報でしたが到着した頃は曇り空。そのうち夏の太陽が顔を出し、一気に気温も上がって強烈な暑さ。暑いけど、蓮の多さにはビックリでした。で、撮影を終えてバス停に向かう直前から雨。それもスコールのような風を伴った大雨。実に運が良かったです。(笑)

Img_0860

前方の山は近江富士と呼ばれているそうです。琵琶湖の水面に浮く蓮の量、もの凄いですよね。カメラを持った人も多かったです。

今回はキスデジとGH1の軽量コンビ2台を持参。撮影枚数だけはかなり(7GB)になりました。(笑)

Canon EOS Kiss X3 + TAMRON AF 28-300mm/f3.5-6.3 XR Di VC

« 西方への道 | トップページ | 琵琶湖で睡蓮を・・・ »

コメント

KONDOHさん、素晴らしい写真旅されました。2枚目の作品のみで十二分と思えます。何とも言えません。

おはようございます。
すごい蓮の花の数ですね。最後のお写真を見て、ビックリしました。色も濃厚なピンクが見事ですね。
7GBって、いったい何枚なんでしょう!

おはようございます。テレビ担当の妻が、滋賀県の蓮のことを言っておりました。多分、同じところでしょうね。
 また山科ですが、これまたテレビ担当の妻が、ここのところ山科は大雨注意報が出ているとのことで、KONDOHさん、大当たりです。

 この蓮の量は、一日あっても撮りきれないでしょうね。そして、とても綺麗です。

OKAさん、おはようございます。
有り難う御座います。下手な鉄砲も・・・というのかもしれません。

koukoさん、おはようございます。
はい、もの凄い数に圧倒されました。おまけに人の数にも圧倒されましたけど。(^^;
丁度見頃を迎えていたようです。7GB、これは二日間の撮影業で、という事であります。

pyosidaさん、おはようございます。
撮影中、テレビがどうたらこうたら・・・と会話している人たち二組とスレ違いましたので、地元のテレビ放送を見てから来た人が結構いたのでしょうね。
山科は大雨注意報が出ていたのですか。電車に乗車中、山科へ来る前は晴れていたのですが、山科に近づくと雨になっており、山科駅では大変な雨でした。で、諦めてしまいました。
今までいろいろと蓮池などは見て来ましたが、ここの数にはとにかくビックリです。

KONDOH さん、お早うございます!
タムロンんの28-300ミリ、まるでLEITZレンズのようにしっとり、こってりした発色ですね。恐るべしタムロン!
GH1の作品もアップして欲しいです。私はE-P1に期待していたのですが、ファインダーを内蔵していなかったのと、ズームレンズを繰り出すと「でべそ」みたいになるという理由で興味が薄れてしまいました。代わりにLUMIX G1に対する評価が私の中では高まりつつあります。価格的にはそろそろ3万円を切りそうだし、電子ファインダーの見えも使える範囲内にあるし…。というわけで、その後継機 GH1の写真を見てみたいのです。

一葉さん、おはようございます。
今日の写真は使っているボディの特徴(入門機らしい鮮やかな色彩とコントラスト)が大部分を占めているのかもしれません。
E-P1のズームレンズ、私もあれで一気にめげました。(笑)
マイクロフォーサーズ用に設計したレンズではなく、従来のフォーサーズ用を使っているからあの醜い(と、私は思っています)スタイルになってしまったのだと思います。オリンパスさん、少々安直に過ぎましたですね。マイクロフォーサーズ用に新設計していればG1キットレンズ並みにコンパクトに出来たと思います。
さて、ご希望のGH1での写真ですが、今回の蓮撮影は行ってみて分かったのですが、300mm以上の望遠レンズが必要でした。したがってこの日はGH1を使う事なく終わってしまいました。GH1は翌日、全然違う被写体で使っております。もともとその被写体用に持参しましたので。それはまた後日にアップ致しますが。
私個人の感想ですが、E-P1はパンケーキレンズでのスナップ専用カメラ、G1、GH1はデジ一眼的使い方が出来、尚かつスナップにも使える或る意味万能なカメラと思っています。
ただフォーサーズセンサーの限界を、やや知る事にもなりました。

草津の蓮は関西でも結構有名でしてこれは良かったですね。今年の関西は長雨でまだ梅雨が明けていません。撮影はさぞかし蒸し暑かったことと思います。今回の関西行きは他はどこに行ったのでしょうか。楽しみにしています。

Kazuさん、こんにちは。
撮影中は雨に祟られませんでしたが、いや〜蒸し暑かったです。
その他は追々アップ致します。小出しにするな、などとはおっしゃらないで下さい。(笑)
今回はいつもの関西行きとは少々違いました。

KONDOUHさん おかえりなさいませ~~!

わぁ~~琵琶湖で 蓮の撮影だったのですね。。。
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
二枚目 すごいです!
こんなに蓮が咲いていたのですね。。。。

(*´ -`)(´- `*)ウットリ。。。

突然の雨には降られませんでしたか?
平年より ずっと涼しくてよかったですね~(@^▽^@)ニコッ

マリアさん、こんにちは。
蓮の数はとにかく凄いです。撮影中は雨は大丈夫でした。途中からどピーカンになりまして、暑かったですね・・・。撮影を終えて帰る途中から雨が降りまして、ラッキーでした。
今回、残念ながら京都では撮影出来なかったのです。山科で下車しようとしたら、スコールのような雨が降って来て断念しちゃいましたので。
しかし、あの暑さで平年よりずっと涼しい・・・? う〜む・・・(笑)

ご苦労様でした。
しかし凄い花の数ですね。
次回は参加したいですが、レンズの選択に苦労しそうですね。

小出しにしないでくださいと言いません(笑)
ただ、大阪にもこられたみたいでどこかで見ましたので少々楽しみですね(笑)

この近くを通り過ぎたことがありますが花の時期ではありません。酢レンコン、きんぴらや天ぷらが大好きですのでレンコンがよく穫れるだろうと語った記憶があります。
関西の梅雨にも関わらず鮮やかな色彩と明暗、コントラストの画像に完成するのは多くの人の好みなのでしょうか。
パソコンの立ち上げに手間取り蓮に出かけられないので楽しく拝見しました。続編楽しみにしています。

KONDOHさん、こんにちは。ふと、感じました。2枚目に拘ります。多分、「四の五」を使いたかったと思えます。パンホーカス効かせて。

ritomoさん、こんばんは。
はい、もの凄い数でした。
是非、次回は参加して下さい。レンズは400mm以上あるとベターです。(^^;

Kazuさん、こんばんは。
今回は大阪も目当てのひとつでした。追々、アップしたいと思います。

TOKIWAIさん、こんばんは。
私も同行の写友にレンコンが沢山取れるのでは、と申しております。(笑)
我々が行ったら、間もなく太陽が燦々と輝きまして、暑さもひとしおでした。何しろ初めて行ったところですから、とても新鮮でした。

okaさん、こんばんは。
この写真、最初から背景をぼかすつもりで三脚を使っているにも拘らず、それほど絞りませんでした。ですからピントは手前の蓮にしか来ておりませんです。

こんにちは。
元県民ですが知りませんでした。これは見事ですね。7GBとはかなりの量!
近江富士、三上山のことですね。あんまり富士っぽくないので僕は好きではないですが。

KONDOHさん、お疲れ様でした。
暑い中での撮影で大変でしたね、それに後のスコールも(^_^;)
去年より数が増えていましたので、何年かしてもう一度行ってみるのも良いかもしれませんね。

ビワさん、こんばんは。
そういえば確かビワさんはご実家が滋賀県でしたよね。HNも琵琶湖から・・・だったかと。
こちらはご存知なかったですか。素晴らしいところです。
近江富士、おっしゃるとおり富士というには・・・という印象です。

ボン村上さん、こんばんは。
お疲れ様でした。三脚、どうも有難う御座いました。結局大助かりでした。m(_ _)m
山科、日曜日は大雨注意報が出ていたそうです。駅まで来て・・・という思いでした。
今回の場所、間を置いて行くのが良いかもしれませんですね。

KONDOHさん、こんばんは!
私も間を開けてと思うのですが、結局この時期になるとまた訪れたりしています。今回は水生植物園内はちょっと端境期の状況でしたが、6月末から7月上旬は温帯睡蓮が見事に咲きます。同時に園内の鉢ハスは見頃になっています。烏丸半島の群生は目安としては7月の20日前後からが見頃ですね。両方が同時期に見頃になることは、なかなかないようです。

tamuraさん、こんばんは。
今回も良いところへ案内して頂きまして、有難う御座いました。
蓮と睡蓮が上手く咲き誇る事はなかなか難しいのですね。しかし蓮の数は驚きました。また睡蓮も楽しませて頂きましたし、充実した撮影旅行になりました。
次回もよろしくお願い致します。

こんばんは。
いい色出しますね。さすがですね!

ramble-leicaさん、こんばんは。
お近くまで行って参りました。
しかし軽い機材で済ませちゃいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西方への道 | トップページ | 琵琶湖で睡蓮を・・・ »