« コンタックス T2 | トップページ | 推理小説はお好き? »

2009年7月23日 (木)

日食・・・ハズレ

T2_01_2

昨日は日本で46年ぶりに皆既日食が見られる日でした。上手い具合に私は休みでして、自分で撮影出来るのを楽しみにしておりました。横浜では部分日食ですが、それでも貴重な写真が撮れる(かも?)と思っていたのですが、生憎の天候で雨でした。グヤジ~・・・。

NHKが硫黄島から中継したものではダイヤモンドリングも見えていましたね。素晴らしかったです。昼間なのに星も見えていました。

T2_06

午後からはその雨も上がったので、横浜・伊勢佐木町近くの銀行に用事のため昨日記事にしたコンタックス T2を持って出掛けて来ました。今日の写真は昨日撮影したものです。

T2_10

このネイルサロンの案内にはビックリしました。(笑)

で、帰りにいつものミニラボに寄って同時プリントを依頼したのですが、現像後にどういうふうにプリントするのかを見せてもらいました。ネガをスキャナーに通すと液晶モニターに6コマずつ画像が表示され、各コマ毎にコントラスト、色調整を施すとプリントされたものが出て来ます。

プリントが終わるとネガをネガシートに入れるわけですが、これも専用の機械があって、自動でネガがシートに送られて行くのですね。6コマ分シートに格納されたらカッターで切る。するとネガシートが下に送られて次の6コマ分が挿入。あんなものがあるのも昨日初めて知りました。

CONTAX T2 / Sonnar T* 38mm/f2.8, Fuji PRO 400

« コンタックス T2 | トップページ | 推理小説はお好き? »

コメント

おはようございます。
日食撮影の準備ってどうなさったのですか。私もせっかくだから撮ってみようかと思ったのですが、思ったのが一昨日だったので、準備も何もなし。とりあえずNDフィルターを重ねてみようと考えていました。
しかし、空振り。でも後でご近所の方が雲の合間から部分日食を見たと聞いて、うっそ~(>_<)

 おはようございます。
 日食には、関心はありましたが、見ようと言う所までは行かず(本当は関心はなかったような気が)、ritomoさんのところで、見た次第です。
 テレビのニュースで妻は歓声を上げていましたが、それも見ませんでした。
 普段の夕焼けで十分満足しているようです。

 当方のT2は、3本目ですが、これを撮り終わったら現像に出すつもりです。ただ、随分期間が経っているので、部分的にしか撮ったものを思い出せません。でも、現像された時は、その分楽しみも加わります。

koukoさん、おはようございます。
NDフィルターを噛まして三脚に据え、ファインダーを覗くのは危険と思い、ライブビューで撮影する予定でした。しかし雨が降っているしで・・・、私が外で見ている時間ではまったく見えませんでした。
しかし都内でも雲の合間から少し見えたという情報に、「ええ〜!」という悔しい思いが沸々と・・・。(;_;)

pyosidaさん、おはようございます。
そうでしたか。私はテレビとネットでNHKの動画を見ましたが、硫黄島での観測でした。やはりああいうところまで行かないとダメですね。(笑)
T2、撮影場所がまたがっているのですね。私は出掛けると必ずカメラ内のフィルムは撮影し終えるようにしているのですが、ごくたま〜に日付がまたがる事もあります。

KONDOUHさん コンニチハ ヾ(*^▽^*)〃

日食とお休みが 折角重なったのに 残念でしたね・・
でも、お天気ばかりは いかんともしがたいですものね。。。

日食の時間帯は打ち合わせ中で、窓の外を眺めながら、少しは暗くなるんですかね~とか言いながら話題にはしていましたが、暗くなったのかどうか全く気がつきませんでした。

私は、皆既日食ツアーのために準備で大騒ぎしている悪石島の人たちの様子をテレビで見ているのがおもしろかったですね。

DPEで、ネガをスキャナーで読み込んでプリントするということは、現像液と印画紙を使っていないということですか?

上の写真は、ネガから、それともプリントからスキャナーで読んだのでしょうか。

皆既日食には無理な天候で撮影も不可能でした。曇天であれば一瞬でもと期待したのですが。
日本は豊かになったのでしょか、テレビで報じらた観測の方々の重装備には日食よりも驚かされました。
天体撮影は忍耐も運も必要ですので大変だと思います。

 KONDOHさんのT2、そしてフィルムの使い方は健全です。(笑)
 私の場合は、犬の散歩のときに同伴ですので、1回に0-5枚ほどです。36枚撮りなので、かなりの日数がかかります。
 ただフィルムは、1枚あたりの満足度が大きいので、これで十分です。
 3本となると、全く同じ場所、同じ構図があったりします。(笑)
 京都や大阪に出かけて、気が済むまで撮って、現像に出したら快感になりそうです。

マリアさん、こんばんは。
前から楽しみにしていたのですが、実に残念です。
おっしゃるようにお天気ばかりはどうしようもありませんですからね。
テレビで感動しましたので、まぁ・・・良しとします。(笑)

yymoonさん、こんばんは。
皆既日食ツアーが組まれた悪石島は暴風雨になったそうですね。お金を掛けたのが最悪ですね。
現在のDPEですが、プリントに関してはどこもスキャナーでフィルムを読み込んでプリントしています。もう、引き伸ばし機に掛けて印画紙を現像液に浸けてプリントという、いわゆるアナログプリントはどこもやっておりません。
ヨドバシさんでは昨年、「アナログプリントは終了しました」とポスターが出ていたくらいです。現在はフィルムを持参して四つ切りとかを依頼しても、スキャナーで読み込んでプリントになってしまいます。時代の流れですね。

今日の写真は自宅でフィルムをスキャナーで読み込んでいます。というより、私のホームページやブログはすべてフィルムをスキャナーで読み込んでいます。プリント写真を読み込んだ事は一度もないんです。

TOKIWAIさん、こんばんは。
天体写真をやっている方々は本土に残ったりせず、沖縄やNHKで放送していた硫黄島とか、やはりお金を使うのでしょうね。
私みたいに自宅周辺で撮影出来たらラッキー、なんて思っていたらダメだという事ですね。

pyosidaさん、こんばんは。
フィルムを感光させるという事は化学反応させているわけですから、出来るだけ早く現像処理に出した方が良いのではないかと、素人考えを持っております。それで出来るだけカメラに残す事なく現像処理に出しているのです。大した写真を撮っているわけではないのに。36枚撮りを20枚くらいで出した事が何回もあります。(笑)

こんにちは。
硫黄島は普通の人は行けませんから、テレビならではの映像ですね。
アナログプリントは作業する人の技量に依存するところが大きいでしょうから、ヘタなアナログプリントよりかは全自動のデジタルプリントの方が安心だと思っています。薬品を使わないというのも良い点ですね。

ビワさん、こんばんは。
確かに硫黄島なんて、そうそう行けませんです。
テレビで観た映像は素晴らしかったですね。
信頼出来るアナログプリントを出来る人が、もう少なくなっているでしょうから、機械プリントが正解かもしれません。

こんばんは。
観ましたよ。雲の合間で、しかも肉眼で!
コンパクトフイルムカメラ興味ありますね。
TVS置いておけば良かったなあ・・・

ramble-leicaさん、こんばんは。
肉眼でご覧になられたのですかぁ・・・。羨ましいです。私のところは朝から雨でした。
TVS、今一度中古を如何ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンタックス T2 | トップページ | 推理小説はお好き? »