« 鎌倉散歩・鎌倉高校前 | トップページ | 東京・池袋西口 »

2009年7月13日 (月)

ハッセルで英勝寺

P80_11
アガパンサス

しばらく江ノ電沿線のお散歩写真をご覧頂きましたが、今日はその日最初に訪れた鎌倉・英勝寺で撮影したものです。中判カメラの大きなファインダーはやはり良いですね。どこのサイトもデジタル写真が中心になって来ているようですが、もっとフィルムを使いましょう。(笑)

P80_07

紫陽花はピークを過ぎていましたので、やや離れての撮影で済ませました。改めて私が申すまでもなく、日本は四季がハッキリしているお陰で花々も季節季節でいろいろ楽しめますので、写真をやって本当に良かったと思います。

P80_17

先週もGH1で撮影した苔の写真を掲載しましたが、フィルムでも撮影しております。GH1では大木の下、一面苔だらけ(未掲載)・・・というのも撮影しているのですが、こんな写真を撮るのは私だけかな?(笑)

しかし久々の鎌倉、楽しんで来ました。そうそう、江ノ電鎌倉駅で電車が来るのを待つ間、「鎌倉コロッケ」というのを一個だけ買って食べたのですが、揚げ立てという事もあって、とても美味しかったです。

HASSELBLAD 203FE + Planar T* CFE 80mm/f2.8, Fuji PRO 400

« 鎌倉散歩・鎌倉高校前 | トップページ | 東京・池袋西口 »

コメント

おはようございます。
ハッセルの真四角な写真は、存在感がありますね。
苔のお写真、色といい立体感といい、とても素敵です。フィルムは、費用がかかったり、現像に時間がかかるなどしますが、使い始めると楽しくてしかたがありません。KONDOHさんも、もっとハッセル写真を見せてくださいね^^

koukoさん、おはようございます。
最近発売されるデジカメの中には真四角モードが搭載されていたりして、改めて真四角写真が見直されているようです。そういう意味ではハッセルやローライ、或いは二眼レフでのフィルムによる真四角写真をもっと多くの人に楽しんでもらいたいです。
そう言っている私も最近ハッセルの写真が少ないですね。はい、koukoさんに負けないようにもっと使いますね。(^^)

やはりハッセルは6X6の王様。見ているとホッとします。

ダンさん、こんにちは。
有り難う御座います。最近、持ち出す機会が月一ペースより遅くなっているような・・・、もっと使わないといけないですね。

KONDOUHさん こんばんは~!

八ッセルの真四角写真 素敵ですね。。。
なんと表現すればいいのでしょうか。。。
存在感があるというか 味があるというか。。。
深みがある描写 という事でしょうか~!
(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)

こんにちは。
僕は昨日行ってきました。紫陽花はほぼ終わっていましたね。アガパンサスもだいぶんくたびれていました。引いて撮るか、逆に思い切って近寄るか、ですね。

マリアさん、こんばんは。
最近富士フィルムさんからGF670という中判カメラが台数限定発売されましたが、これは6x7と6x6が撮れます。しかしフィルムでの6x6は事実上は終焉を迎えてしまいました。残されたハッセルでこれからも楽しみたいと思います。

ビワさん、こんばんは。
昨日、行かれましたか。英勝寺はビワさんのお庭みたいなところですから、私はそこを荒らして来たみたいなものですね。でも、派手さのない良いお寺でした。

こんばんは。真四角は最も難しいと云われますね。変化を表現しずらいからとのことです。プロの方もあとから縦か横へトリミング出来るとのご意見もあります。そうしたなかでじっくり拝見します。ホント、画面の中の変化が貴兄の作品には見れます。これは、凄いです。私も、八ッセルも時には用いますがこうは活きません。67、68は比較的簡単でも66は難しいと云われます。画面の中の構図による変化表現が難しいと云うことなんですね。3作品ともKONDOHさんならではと勉強になります。昔の二眼レフは6×4.5セミのアダプターにて変換出来ました。カメラは俗に言う2窓です。リコーなど典型的です。

追加
真四角が戦後の子供カメラでは流行りました。HitCameraなどは14×14、StartCameraBoltax24×24
等小学生のころ用いました。後に懐かしく買い求めました。Recohflexも6×6です。現在はカメラ飾り棚に保管していて使いませんが。拙HPにも掲載しています。ご興味の方ご覧下さい。

OKAさん、こんばんは。
いえいえ、私の真四角写真なんて大した事はありませんです。でも、真四角はやはり大好きですね。
上から覗く二眼レフは縦位置横位置のない6x6が一番合っていると思います。

はじめてコメントを書かせていただきます。
いつもhasselblad talking/Mでお世話になっているshibuです。
唐突に失礼ながら、定期的に江ノ島の龍口寺でお茶の研究家がありまして、今年のいつだったか準備に龍口寺に行った時に山門左脇の階段を下りてくる男性が手にワインダーFを装着したハッセルのフォーカルプレーン機にを持っているのを見かけました。
自分と同じカメラスタイルをあまり見かけないのでつい声を掛けたのですが、もしかしてKONDOHさんだったのではないかと、この記事を見て思い出したものですから書き込みです。
長文すみません。

shibuさん、こんばんは。
江ノ島に行かれてるのですか。
今回私が行ったのはこの写真をアップした少し前なんです。ハッセルのフォーカルプレーン機を持った男性を見掛けたとの事。
私はワインダーを使用していないので、残念ながらお声を掛けられた方は私ではないようです。でも、ハッセルを持っている方を見掛けても、フォーカルプレーン機を持っている方は少ないですよね。フォーカルプレーン、便利で良いですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散歩・鎌倉高校前 | トップページ | 東京・池袋西口 »