« 鎌倉散歩 | トップページ | 鎌倉散歩・極楽寺 »

2009年7月 9日 (木)

鎌倉散歩・長谷

P1000934
GH1, G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

今回の鎌倉行き、目的はまた江ノ電に乗る事でした。昨年9月1日、江の島へ出掛けた時に乗って以来でした。英勝寺の後、再び鎌倉駅に戻って江ノ電に乗車。最初に下車したのは「長谷駅」です。小学生の遠足らしき一団と遭遇し、電車の中は大変賑やかでした。

P80_06

長谷駅を下車して行ったのが大仏様のところ。さて、大仏様をどういうふうに撮ろうか少々思案したのですが、先ずは正々堂々とオーソドックスに真正面からのポートレートを撮る事にしました。

P80_01

そういえば奈良・東大寺に昨年、今年と行っているのに、大仏様は拝んで来ませんでした。

P80_05

大仏様正面に蓮の彫刻がありますので、その蓮をちょこっと入れて撮影。さてここで皆様に質問です。奈良と鎌倉の大仏様、どちらが先にたったかご存知でしょうか?(笑)

大仏様はもう一台持参して行ったハッセルでのフィルム撮影。しかしGH1とハッセルをショルダーバッグに入れて一日歩いたせいか、翌日またまた腰痛が・・・。(;_;)

P1000955
GH1, G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

長谷駅ホームで撮影した江ノ電です。ローカルっぽい味があって良いですね、江ノ電。長谷駅で下車すれば普通は長谷寺に行くのが常套ですが、長谷寺は以前も入って撮影していたので、今回はパスしまして次はお隣、極楽寺へと向かう事に。

HASSELBLAD 203FE + Planar T* CFE 80mm/f2.8, Fuji PRO 400

« 鎌倉散歩 | トップページ | 鎌倉散歩・極楽寺 »

コメント

大仏様へは数年前、鶴岡八幡宮から徒歩にてお参りしました。土砂降りの雨の中でした。子供の頃の遠足を思い出してでした。大仏様にお参りしましたら雨も小降りになりました。中にも入りました。鋳物ですが入らない方が良いと思いました。
HASSELならではの雰囲気に惹かれました。鎌倉への戻りはバス利用しました。電車の写真拝見し、しまったとの思いです。

湘南で育った私としては、若い頃はしょっちゅう鎌倉に行ってましたので、観光地というイメージはあまりありませんでした。
でも、さすがに東京に30年以上暮らしていますと、観光客になってしまいますね。もっとも、最近はだいぶご無沙汰してますが。

確か、江ノ電の昔の車両はどこかの使い古しのものを譲り受けて使っていたんですよね。
古い車両は乗ると床から油のにおいがするんですよね。それがいかにもレトロという感じでした。

おはようございます。
大仏を真四角写真で、ピッタリのようですが、ピッタリすぎて難しそうですね。大仏さまは、よい色で写っていますね。
まだ大仏はハッセルで撮ったことがないので、そのうち撮ってみたいと思いました。明日も楽しみです^^

 ハッセルブラッドでの大仏、迫力があります。

 しかし、腰痛とはきついです。無理な提案とわかっていますが、GH1だけという割り切りもいいかもしれません。(笑)
 私ですが、かなりの回数を京都に行きましたが、DP1のみ。首からぶら下げ、肩・手はフリーで移動も楽でした。
 E-P1のみとか、DP2のみもありかもしれません。

OKAさん、おはようございます。
鎌倉の大仏様は東京近郊の学校でしたら、大抵遠足に組まれているものと思います。私も小学校五年生くらいの時に鎌倉、江の島は遠足で行っております。
鎌倉は江ノ電が情緒あって良いと思います。

yymoonさん、おはようございます。
私は横浜ですが、鎌倉へは最寄り駅から20分くらいで行けてしまうので、私も観光地という感じは抱いておりませんです。ですから余計滅多に行かないのかもしれません。
今の江ノ電はおっしゃるように古めの車両もありますが、比較的新しい車両もあるようです。

koukoさん、おはようございます。
なんか真四角に収まり過ぎている感じですね。いざ撮影となって、下手な小細工するより正面切って撮ろうという気になりました。
でも、たまにハッセル使うと、やはり良いカメラだなぁ〜と、実感します。

pyosidaさん、おはようございます。
腰痛はこの間発症してからは完全に傷みは治まっていなかったのですが、困りました。
おっしゃるようにGH1だけだったらカメラバッグも要りませんし、楽ですよねぇ・・・。これからしばらくは撮影機材を考えなければいけませんね。

KONDOHさん、こんにちは。私も小5の様に思い出します。HASSELは中判でも軽いですね。ちょっとした故障なら分解も簡単ですし部品数も少なくて助かります。レンズの分解はやめています。

OKAさん、こんばんは。
私はカメラの分解は出来ないんです。パソコンなら分解組み立てはお手の物ですが。

こんにちは。
大仏さんって、どう撮ろうかすごく悩みます。でも、真四角だったらまずは真正面ですかね。

大仏さんにしろ観音様にしろ手指の上げ下げ組み方との話を聴きますが鎌倉大仏さんの安堵感ある表現をHASSELにて捉えられましたね。

ビワさん、こんばんは。
私もどうするかなぁ〜と考えたのですが、真正面が真四角に一番合っているように思いましたので、一枚目のように撮りました。ホントはもう少しアングルを下げたかったのですが、観光客が入ってしまうので、不自然に仰角にならない程度のところで撮影したのが今回の写真です。

OKAさん、お褒め頂きまして恐縮です。
被写体に助けられております。

長谷観音入り口にあるカメラ屋さんに9月18日に御霊神社で行われる面掛行列の昔の写真が飾ってあります。ここの店主は改造した中判ボディで現在も撮られています。というのをつい最近何となく店に入って知りました。店を出たときには、アクセサリーが手元に・・写真撮りに行ったのか買いに行ったのかわからない日になりました。

なおりんさん、こんばんは。
長谷観音の入り口にカメラ屋さんですか? 全然気が付きませんでした。
しかし気が付かない事が良かったのかもしれません。(笑)

じっくり拝見していましたら2枚目では私たちに何か諭しているように見えました。活きている大仏様ですね。大仏様の魂まで映されていますね。

OKAさん、
大仏様にしても、他のお寺で見る観音様等、皆命があるように見える、見事な作りですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉散歩 | トップページ | 鎌倉散歩・極楽寺 »