« 零式艦上戦闘機五十二型 | トップページ | ライカレンズの楽しみ »

2009年8月30日 (日)

ボーイング 787

787

28日付けの新聞に、「787」納入 来年10〜12月という見出しの記事が掲載されていました。飛行機好きなら誰でもご存知、米ボーイング社の最新型旅客機「787」の事ですね。

記事の内容を簡単にご紹介しますと、旅客機最大手の米ボーイング社は、最新鋭中型機「787」の航空会社への納入時期が2010年10〜12月期になると発表しました。2008年5月に全日空に第1号機を納入する予定でいたのですが、当初の計画からの延期は今回がなんと5度目。

これで当初予定から約2年半遅れという事。初飛行のテストがやっと今年末に実施する予定だそうです。昨秋、JALさんの整備工場を見学させて頂いた際、JALさんへの納入も来秋(この秋ですね)に延期されました、とご説明を受けていました。

今秋、第1号機が全日空さんに納入されたら真っ先に乗りに行く計画を立てていたのですが、また1年延期です。ガックリ・・・。雑誌で見た記事では、ボーイング社は第1号機を納入する予定の全日空さんに敬意を表して、テスト機体の塗装をトリトンブルーにまでしていたので、納入はもう直きと思っていたのですが・・・。

記事によると不具合が相次ぎ発見され、試験で使っている3機が商用に適さないと判断。研究開発費用として新たに25億ドル(約2400億円)を計上したとの事です。何百人もの大切な命を預かる旅客機ですから、まったく不安のない状態で納入してもらいたいですね。

JALさんのお話しでは最新鋭ボーイング 787ドリームライナーは炭素繊維が多く使われていて、大変軽量になっているそうです。日米共同開発の機体で、日本は主翼の製造を担当。しかし今秋乗れる事を楽しみにしていたのに、また1年お預けですか・・・。

« 零式艦上戦闘機五十二型 | トップページ | ライカレンズの楽しみ »

コメント

おはようございます。
ご存じのように、高いところと飛行機は苦手ですので、万全のチェックをして導入をお願いしたいです^^;
お写真はトリトンブルーのテスト機でしょうか。見ているだけでしたら、飛行機はとても美しいと思いますよ♪

koukoさん、おはようございます。
そうですねぇ〜、将来koukoさんがお乗りになる事も考えられますので、万全のチェックをして頂かないといけませんですね。(^^;
写真はイラストなので、実際の塗装はまた変わります。飛行機、美しいですよね。

おはようございます。
飛行機はめったに乗りませんが、乗ると何か癖になるところがありますね。国内でも時間が短い、当たり前の事ですが、サービスされる事がまたいい!

KONDOHさん、こんにちは!
米連邦航空局(FAA)にはボーイングの関係者が出向し、ボーイング側の人間が自社の新型機に認可を出すなどということが、半ば公然と行われているようですね。とくに、はじめて双発で洋上横断を認可された777のときは、いつ事故を起こしてもおかしくないような技術レベルで認可が下されたという話しを、元FAAの要人が書いているのを読んだことがあります。果たして、本当なのでしょうか。777は中国南方航空の所有機などに幾度も乗ったことがありますが、機体によってはすべての内窓でアクリル板下部にある直径1ミリほどの空気穴から2〜3センチの亀裂が入っているのを何度も目撃したことがあります。安全には影響ないのでしょうが、あまり気持ちの良いことではありません。飛行中にエンジンから真っ黒い煙を噴きつづけたり、フラップの上げ下げに金属が擦れるものすごい音がしたり、空中での出来事はほんとうにスリルがあって飛行機の魅力は尽きません。

ramble-leicaさん、こんばんは。
飛行機、苦手な方も多いですが、私は撮影するのも乗るのも好きなんです。
しかし飛行機は速いですね・・・、当たり前ですが。

一葉さん、こんばんは。
アメリカの許認可制度、そんなにいい加減なんですか・・・。777の認可時の様子、考えられないですね。(笑)
777、私はJAL、ANAだけですが、-200と-300、何度も乗っていますが機内の亀裂を見た事はないです。でも、もし発見したらビックリしますね。直ぐCAに教えちゃいますが・・・。
時代は双発に移行しておりますので、エアバスの一部を除けば双発機が世界の空を席巻するのでしょうね。

ボーイングをはじめとした飛行機の機体や翼は日本製の炭素繊維等の部品が多く使われているそうです。しかしエンジンや電子機器は日本製ではないとのことです。この分野では立ち後れているようです。
世界で発売されている携帯電話の電子部品の50%近くが日本製を使用し名称やデザインが変わっている現状があります。またその機器は大田区や東大阪市の中小企業のメーカーが作っています。
日本の技術で安全で性能のよい飛行機を独自に製作しても良いのではと思っています。

TOKIWAIさん、こんばんは。
最早世界のあらゆる工業製品は日本の技術なくしては製造出来ない時代になっているのだと思います。もちろんカメラもですが。
ジェットエンジンはロールスロイスなどが有名ですが、この分野では日本はまだ立ち後れているのかもしれません。でも将来は分かりませんですね。
携帯電話のように小さい電子部品を作るのは日本メーカーの得意なところかもしれません。もっとも最近は韓国や台湾も凄い勢いですが。
YS-11以来、日本製の旅客機が出て来ませんが、将来に向けて考えて欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 零式艦上戦闘機五十二型 | トップページ | ライカレンズの楽しみ »