« 都電・大塚駅前 | トップページ | 夏休みのカメラ »

2009年8月15日 (土)

ソニー HDR-XR520V

Img_1542

ソニーさんから裏面照射型CMOSセンサーを搭載したハイビジョンビデオカメラをお借りしたので、テスト・・・というより、自分が存分に楽しませて頂きました。日中の街中、横浜みなとみらいの夜景、そして昨日は羽田空港での撮影に使ってみました。

裏面照射型CMOSセンサーは従来のセンサーに比べて暗部の描写力が良くなるとの事。家庭用ビデオカメラのセンサーはスチル用のコンパクトデジカメより更に小さいセンサーを使っているため、暗いところでの撮影ではノイズが目立ってしまうのです。

520
HDR-XR520V

その点、ソニーさんの裏面照射型CMOSセンサーは夜景などを撮影してもノイズが従来のセンサーより目立ち難いとの事。私も前述した通り横浜みなとみらいの夜景でテストしてみようとビデオ用雲台に交換した三脚を持ち出してきっちりと撮影してみた。

帰宅後、ブルーレイレコーダーにダビングし、80インチスクリーンで再生してみると、結果はなるほどと思わせるもので、大分ノイズは少なくなっています。もちろん完璧というわけではないですけど。元々極小のセンサーですから、その点を考えれば中々の描写です。

ビデオカメラで重視される手ぶれ防止機能、この製品から従来の手ぶれ防止より10倍効果があるとの謳い文句で搭載されたアクティブモードは、歩きながらの撮影でもそれほどぶれないというもの。私も試してみたのですが、これは素晴らしいです! ほ〜・・・と思うほど効果があります。

Img_1547

私が嘗てソニーさんに抱いていた「先進のソニー」というイメージ、少しずつ自分の中で復活して来たような感じを窺える今回の製品。といってもすでに2月に発売されいるカメラですが、今度はスチル用のデジカメにも裏面照射型センサーを搭載して来ましたので、そのうちデジ一眼でも期待出来るのでしょうか?

昨日は羽田空港で使ったのですが、帰省ラッシュで空港は大混雑でした。羽田で飛行機撮影に使うには金網があるので使いづらいですね。その点、伊丹空港は飛行機撮影には最高のロケーションだと思います。伊丹で使ってみたいと思ったソニーさんのビデオカメラでした。

ひとつお願いしたい事は、キヤノン、ビクター両社がすでに採用しているAVCHD方式最高のビットレート、24Mbpsでの録画が出来るようにして頂きたいという事。80インチスクリーンでみると、後一歩解像度が上がれば・・・という思いでした。しかし普通はもっと小さい画面で見るでしょうから、欲目の希望です。

さて、また明日、明後日とブログをお休みさせて頂きます。18日から再開致しますので、よろしくお願い致します。

Canon IXY DIGITAL 920 IS

« 都電・大塚駅前 | トップページ | 夏休みのカメラ »

コメント

おはようございます。
楽しそうな休暇を過ごされているようですね。
ビデオカメラは全く使わないのですが、撮影した映像を見て、あまりの揺れに気分が悪くなりそうだったことを思うと、技術の進歩ってすごいなと思いますね。
ブログがお休みということは、またご旅行かな^^

koukoさん、こんばんは。
ビデオカメラで撮った映像で一番の問題はぶれですね。おっしゃる通り、見ていて気持ち悪いです。そういう意味でソニーさんの技術は画期的ですね。最近キヤノンさんが真似しましたが。
横浜は暑いので脱出しました。(笑)
携帯@信州

『先進のソニー』の復活!
私もそれを待ちわびている一人です。

Kenclipさん、おはようございます。
デジタル一眼に先進のソニーを期待しています。

ブレている画像はネットでは頻繁に見受けられいがいと無頓着な方が多いようです。
私はビデオカメラほとんど使用しませんがビデオではましてブレて欲しくないものですね。このカメラ静止画像もそれなりに撮影できる用ですね。どこまでカメラは進化するのでしょうか。
携帯でブログも見ることができるんですね。車で地用期間撮影撮影旅行するプロカメラマンのブログでよく見かけます。
旅行の思い出、携帯カメラで撮影した作品KONDOHさんもいかがですか。期待しています。

TOKIWAIさん、こんにちは。
私のブログは携帯に登録出来るよう左下にバーコードリーダーを表示しております。
ビデオカメラこそ三脚が必要と思ってます。ぶれた映像は見る気がしないです。ですが案外無頓着な人がいるようです。そういう意味ではソニーさんのぶれ防止は素晴らしいですね。しかし、やはり三脚は必要です。
携帯での撮影、今日二枚撮っただけです。明日、意識して撮ってみます。
携帯@白馬

こんにちは。
少々半導体をかじったことがある身としては、裏面照射型は「そんなことできるんだ」という感じでした。メモリーデバイスの延長線上で考えていたら出てこない発想だと思います。AV系はソニーのDNAみたいなものですから、こういうモノがソニーから出てくるのは嬉しいです。

ビワさん、おはようございます。
半導体に付いては門外漢の私ですが、裏面照射というのは逆転の発想という事でしょうか。従来の手ぶれの10倍という効果といい、久しぶりに先進のソニーを見る思いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都電・大塚駅前 | トップページ | 夏休みのカメラ »