« 上高地・大正池 | トップページ | 高山植物 »

2009年8月23日 (日)

上高地・河童橋

2870_41

前日の大正池の写真はフィルムをスキャニングする時間がなかったので、コンパクトデジカメで撮影した写真を掲載しましたが、webで見る限りデジカメで撮った写真の方が鮮やかに見えますね。ネガカラーのスキャニングは同時プリントの写真よりも劣ってしまいます。

さて、上高地の写真で良く見るのが大体このアングル。私も記念にと押さえておきました。田代池から梓川沿いに歩いて河童橋へと向かったわけですが、河童橋周辺は東京・原宿にでも来たような賑やかさ。自分が想像していた以上の人の多さでした。

Img_1723

梓川の澄み切った清流は見ていて飽きないですね。手を入れてみると冷たくて気持ちがいいです。

2870_29

水の中の藻が鮮やかな緑色で、とても綺麗だったので撮ってみたのですが・・・。残念ながら実際の鮮やかさが表現し切れていないなぁ・・・。日差しが強かったのでかなりテカッた写真になってしまいましたね。PLを使いなさいと言われそうです。(笑)

2870_32

カルガモを何羽か見ましたが、完全に人間に慣れていますね。餌を与えないように、という看板が出ていましたが、やってしまう人が多いのでしょうね。人間から餌をもらえると分かると、自分で餌を探すという野生の本能を失ってしまいますからね。

2870_45

日なたを歩いていても格別暑さは感じないのですが、木陰を歩くとこれはまた涼しくて一段と気持がいいですね。大変清々しい森林浴です。しばしば上を見て木々を撮影していたのですが、その様子を見ていたご婦人から「上に何かありますか?」と、尋ねられてしまいました。(笑)

Img_1743

ちょっと羽が傷んでますね。高地のせいか、セミの鳴き声を聞きませんでした。トンボもあまり飛んでいなかったのですが、河童橋手前で私の横をオニヤンマが飛んで行きました。今年初めて見るオニヤンマです。恐らく今年最初で最後に見るオニヤンマになるのでは・・・と思っています。横浜でオニヤンマなんて見なくなってますので。

Canon EOS 1V + EF 28-70mm/f2.8L USM, Fuji PRO 400, IXY DIGITAL 920 IS

« 上高地・大正池 | トップページ | 高山植物 »

コメント

おはようございます。
1枚めの人混みには驚いてしまいますが、2枚め以降は、全くまわりに人がいるなんて感じません。清々しくて、静かな自然だけしか感じませんよ^^
2枚めの流れは、きれいですね。デジタルはクリアできれいですが、それとはまた違った質感があるように思います。
オニヤンマ、そういえば見ないですね~。
明るいズームレンズは、旅行に便利そうですね。

koukoさん、おはようございます。
河童橋の人混みは凄いですよぉ〜・・・。橋のたもと両側に売店があるものですから、買い食いしている人でいっぱいです。特に人気はソフトクリームです。私も買いました、ハイ。(笑)
写真撮影時、如何に人を入れないかを考えて撮ってました。昨日の大正池の2枚目、あれを撮る時も記念写真を撮っている人が結構居たのですが、自分の画角に人が居なくなった僅かな瞬間に撮影しました。(笑)
オニヤンマ、こちらではそうそう見られなくなってしまいましたよね。

おはようございます。
上高地にはやはりフィルムが似合いますね。デジタルでも撮ってますが深みのある緑はフィルムに軍配が上がりそうです。見ていてホント気持いいです~。今年は晩秋に行く予定です。

 KONDOHさん、おはようございます。
 羽を広げた蝶、すごいです。私もこのように撮れたらいいですね。

 フィルム、28-70mmf2.8Lは信州の深みのある水の色をよく感じます。スキャナーではなくオリジナルならばより明確でしょうね。
 エコ対策前のレンズの方が、色乗りはいいのではないでしょうか。

こんにちは。
上高地はいつ行っても気持ちが良いものです。6月と11月の上高地が好きです。
さてネガカラーの同時プリントはフロンティア等のデジタル処理のレーザープリントされている場合があるので本当の撮ったままのネガ画像かどうか疑問のある場合が多いです。アナルグ処理の同時プリントは減りました。
自分も28-70mmf2.8Lの愛用者です。

ダンさん、こんばんは。
フィルムに拘って今回の撮影に臨みました。手軽さでは断然デジタルなんですが、或る種憧れの上高地、最初はフィルムで残そうと考えました。
秋の上高地は素敵でしょうね。

pyosidaさん、こんばんは。
羽をバタバタやっている時でしたが、上手い具合に広げた瞬間を撮る事が出来ました。高地のせいか、思ったより昆虫は少なかったです。
28-70mmはもう設計も古くなりましたが、フィルムでは充分だと思います。新しい24-70mmは使った事がないので、どうでしょうか・・・。

harasawaさん、こんばんは。
6月と11月、新緑の頃と晩秋でしょうか。素晴らしい景色を見られるのでしょうね・・・、私も狙ってみたいです。
ネガカラーの同時プリント、おっしゃるように現在はアナログプリントをしてくれるところはほとんどないでしょうね。行きつけのミニラボでは私の前で現像からプリントまでやってくれます。スキャンした写真がモニターに表示され、そこで若干のレタッチをしてからプリントされるのですが、現像からプリントまでおよそ20分で終わってしまいます。ですがデジタルの普及で一日10本の依頼があれば良い方だと言ってました。
harasawaさんも28-70mmをお使いでしたか。少々大きく重いのが難点ですが・・・。

アナログの良さを知っていることでフイルムかデジタルかは難しい問題ですが、それぞれの利点を使い分けすることで解決するしか方法はないでしょうね。
涼しそうな大正池も水量が少ないようですね。確かに干上がりつつあるようです。焼岳の噴火でせき止められ出来た池ですので・・・
蝶はアサマイチモンジだと思います。本当にくたびれていますね。今年は平地でもトンボも蝶も少なく撮影できませんでした。異常気象の影響でしようか。

TOKIWAIさん、こんばんは。
今のところフィルムとデジタルを併用して使っていますが、最近はまたフィルムの割合が増えております。それに伴って出費も増えました。フィルムはやはりお金が掛かります。
大正池、年々水量が減っているようですね。行くのが少々遅かったかな・・・という思いです。
蝶の件ですが、自分なりに調べたのですが、イチモンジチョウではないかと思ったのですが。羽の上部にアサマイチモンジのよな白班が私の写真にはありませんので。でも、自信がありません。

こんばんは。
なつかしいなあ・・・!
もう何年もいっていないですね。上高地は。
梓川か。楽しみに拝見させていただいております。

上高地はどの時期も期待を裏切らない所ですね。
釜トンネルも新しくなり、冬の雪でも歩きやすくなりました。あのトンネル歩くと意外と勾配があって疲れます。秋の徳沢に初めていったとき、一緒になった方から「上高地は奥へ行くほどすばらしい」と教わりましたがそのとおりです。夏場は上高地内のホテルはいずこも宿泊費が高いのですが、バスセンターに隣接している林野庁の施設が安くておすすめです。意外と知られていないので取りやすいですよ。私もバスの運転手さんに教わりました。

ramble-leicaさん、こんばんは。
皆さん上高地には行ってらっしゃるようですね。行ってなかったのは私くらいのようです。(笑)
梓川、清流が見事でした。

なおりんさん、こんばんは。
上高地は奥へ行くほど素晴らしい・・・ですか、そうかもしれませんですね。
夏の上高地は観光地化しているようです。人の少ない時期にゆったりと歩いてみたいものです。
バスセンターと言いますと沢渡ですね。林野庁の施設があるのですか。なるほど・・・、情報を有り難う御座います。

すみません、説明不足でした。バスセンターは河童橋に近いところですので、上高地の中になります。大正池と河童橋の間と言う方が正確かもしれません。

なおりんさん、有り難う御座います。
河童橋に近いバスセンターというと、観光バスが待機しているところですね。あそこなら便利で良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上高地・大正池 | トップページ | 高山植物 »