« コンパクトデジカメ | トップページ | ライカ M8 回顧 »

2009年9月 5日 (土)

ライカ M9、、、、

M8_51

もうネットでいろいろ騒がれておりますからご存知だと思いますが、9日にライカ社から新製品の発表があります。以前から開発を発表していた中判デジタルのS2は当然としても、M9とあともう一機種出るのではないかと言われています。

もっとも注目されているのは今更言うまでもなくM9ですね。海外のサイトやその他漏れ伝わっているところではフルサイズで1800万画素のコダック製CCDとの事。M8、そのマイナーチェンジ機M8.2はフルサイズ比1.33倍の画角になるAPS-Hサイズでしたから、ファンとしてはようやく・・・という感じでしょうか。

レンジファインダー機の基本的守備範囲は広角から標準域ですから、広角レンズが広角にならないのは少々使い辛さが先に立ってしまいます。私が所有しているレンズの最広角は21mmなんですが、これをM8で使うと28mm相当の普通の広角レンズになってしまうのです。しかしフルサイズなら21mmは21mmで使えるのですから、ファンからしたら待望のM型デジタルでしょうね。

M8_52

となると私のブログをご覧頂いている皆さんは多分、私は当然M9に飛びつくと思っていらっしゃる事と思います。しかし私はパスです。あ、正確に言うなら購入資金が無いから・・・かな。(笑)
ですが仮にM9を購入出来る資金を持っていたとしても、多分購入しないと思います。傍目にはM8使いの私が意地を張っているか強がりを言っていると思われるかもしれませんね。

本当に噂通り9日にライカ社からM9が発表されたら、M8.2を購入したユーザーの中にはガッカリする方もいらっしゃるでしょうね。何しろ昨年11月に発売されてから1年も経たずにM9の発表なんて、キヤノンさんも真っ青の出来事でしょう。(^^;

M9の噂を聞いた時、正直な私の感想は「何だかなぁ・・・」という思いでした。デジタルだとライカ社も日本のメーカー並みになっちゃうのかな・・・と、少々残念な気持ちになりました。ハッキリ申しましてそれなりの高額商品、それが1〜2年で古くなってしまう製品にお付き合いするのはもう止めようと思った次第。

私のM8は発売と同時に入手しましたので凡そ2年半余り使い倒したからいいですが、ようやくM8.2を入手したユーザーさんのお気持ちを考えると・・・。

で、噂を聞いた先月初旬に手持ちのM8は処分しました。M9が発表されてからでは買い叩かれてしまうでしょうから。(笑)
もともとデジタルカメラはコンパクトを除くと大体1〜2年(査定額のあるうち)で買い替えて来ましたので、M8も例外ではないという事で。それに私、ライカはR命の人間なので、R10の発表だったら万難を排して飛びつきますけど。残念ながらRは終焉が発表されていますから、それは絶対ないのです。

LEICA M8 + Elmarit-M 28mm/f2.8

« コンパクトデジカメ | トップページ | ライカ M8 回顧 »

コメント

なんだか、しみじみと読んでしまいました。
 M8を処分されて、M9はパスなのですね。

 高額製品が1-2年で駄目は確かにおかしいです。 ・・・、・・・。私の方の10Dは2003年なので約6年使っていますし、5Dも2年経ちました。今日も、やむなく10Dを使わざるをえなかったのですが、私には十分でした。

 Rが使える発表だったら、いまからどきどきして待ち望むのですが、これまた残念です。

KONDOHさん、おはようございます。
そうですかM8売られましたか。私も実は売ろうかなと思案しているところですが、マップカメラ等ではM8、26万と出ていたのですが、KONDOHさんはどれぐらいで売られました?言える範囲で結構です。

おはようございます。
おぉ~、M8を処分されたとは、なんともKONDOHさんのデジタルとのつきあい方は、潔いですね!
M8もM9も別世界のお話ですが、へぇ~そうなんだぁ、と皆さんのやりとりを楽しく傾聴しております^^

pyosidaさん、おはようございます。
デジタルですとライカ社もやむを得ないのかな・・・という気持ちもありますが、少々納得の行かないやり方に自分はもういいや・・・という心持ちになっちゃいました。喧噪を対岸から眺める事に致しました。(笑)
国産の中級機くらいまででしたら競争が激化していますから仕方ないとも思えるのですが・・・。それでもキヤノンさんの1年サイクルは早過ぎです。

Kazuさん、おはようございます。
金額ですか? 私のは29万弱で買い取ってくれました。
先週都内の中古棚に美品が31万円で並んでいましたから、もしかしたらまた査定額は落ちているかもしれませんね。
デジタルは銀塩ほど愛着感が湧かないので思い切り良く手放せます。(笑)

koukoさん、おはようございます。
デジタルは家電製品と一緒で消耗品の考え方を持っています、私は。なので現在は1台のデジタルカメラと10年も20年もお付き合いしようとは思っていません。(笑)
ですが銀塩のライカとハッセルブラッドは別物です。これらは一生使い続けて行ける名機たちですから。ただしフィルムをずっと生産してくれれば・・・ですが。(^^;

KONDOH さん、おはようございます。
デジタル流行の中で、私のカメラ在庫はここ数年また増加傾向にあるのですが、増えているのは銀鉛用、それも仕事に使える写真が撮れるという条件をクリアするコンパクトばかりです。不思議ですね。数日前もD.Zuiko 2.8cm 1:3.5を搭載したペンをゲットしました。きっと精密感あふれる操作系統に本能的な魅力を感じているのだと思います。デジタルの操作感は携帯電話と同じようなもので、さっぱり魅力を感じません。
ライカがMデジタルの機種を更新してくれるのは個人的には嬉しいのです。M9が出てくればM8はまちがいなく安くなりますからね。現行中古価格の半額くらいになったらM8を買うつもりです。ライカの価値は、現行価格の半額あたりが適性だと思います。

パソコンと同じでデジタルカメラも性能が開発途上でメーカーとしては他社と競合させるためにマイナーチェンジで発表せざるを得ないのでしょうか。このため新製品のサイクルが早いのでしょうか。という意味でKONDOHさんとデジタルとの対処方潔いですね。私は半切や全紙に焼くこともなくなりブログに載せる画像が主となり現像を工夫し相当古いカメラを使用しています。
しかしさすがに経年劣化もあり飛行機や鉄道、蝶など動きのの早い撮影に始めますと撮影した画像を見てそれなりの機械に買い換えの時期かとつくづく考えています。
新しいカメラの情報楽しみにしています。

こんにちは。
M8の買い取り価格が30万円以下ですか・・・(;。;)。
私は、M8は手放さずに使い続けるつもりです、1/8000が切れるのをよすがに。M9は、いずれですね。
しかし、こんなに早くフルサイズ出してしまったら、次はどうするつもりなんでしょうね、ライカは。

一葉さん、こんばんは。
デジタルはどうも家電製品のように感じてしまいます。まぁ、家電メーカーが参入して来たくらいですから、実際そうなのかな・・・と。
M9が発売されたら、多分中古ショップにはM8、M8.2が相当並ぶと思います。もちろん今より価格は安くなるでしょうね。逆に中古が狙い目かもしれません。
おっしゃるようにライカの新品価格は中古市場の価格が適正かもしれません。しかしそうならないのがライカですね。(笑)

TOKIWAIさん、こんばんは。
日進月歩のデジタル、モデルチェンジサイクルが早くなるのは或る意味仕方ないと思いますが、ライカの価格は半端でないので、とてもじゃないですが追い掛けていられません。
デジタルカメラ、銀塩ほど愛着が湧かないので今までも短期間に買い替えてしまってます。なので随分散財しております。しかしこれからは少し考える事にしました。今更遅いですが。

こんにちは。
M9では、M8やM8.2で対応していたレンズは全て対応するのでしょうか。超広角とかが心配です。ま、ユーザーは保証がなくても勝手に使うでしょうけど。
M9の出た後も、数年以内にM9.2が出て、さらにM10とか。M10くらいになったら色々と安定するのかな。他のメーカーもそうですよね。せめて数代重ねないと安定しないんじゃないですか。

kv492さん、こんばんは。
すでに中古棚には美品が31万円で並んでいるわけですから、買い取りは現在もっと安くなっていると思います。M9が正式に発表されたらまた一段の査定落ちがあるかもしれません。旧型デジタルの評価ほど悲惨な事はありませんですからね。逆に中古狙いは良いと思います。
フルサイズなら少しは息の長い製品になるかもしれませんが、どうでしょうかねぇ・・・。私、Mライカはフィルムに回帰します。

ビワさん、こんばんは。
後玉が出ているレンズはダメみたいです。赤外フィルターが厚くなっているのだと思います。
Mデジタルが完成するのはおっしゃるようにM10くらいまで待つ必要があるかもしれませんね。
当初からマゼンタ被りの症状がありながら発売するなんて、日本のメーカーだったら有り得ない事ですが、ライカだと皆さん(私も含めて)容認しちゃうのですよね。返品の山だったらライカ社も考えるでしょうけど、我慢しちゃいますから・・・。(笑)

こんばんは。
私も最近同じような事を考えて・・・
しかし、ライカ社もますますデジタル化ですね。
寂しいようあうれしいような・・・

ramble-leicaさん、こんばんは。
そうでしたか・・・。
時代はデジタルですから、ライカ社もデジタルでやって行かないと生き抜いては行けないのでしょうね。
寂しいですが、仕方ないと・・・思うようにしています。

フルサイズというけれど、本来このサイズが普通なのですよ。
ライカもやっとフィルムカメラと同等になったということでしょう。
”35mm相当”という言葉に惑わされている人もいると思いますが、相当なのは画角だけで、焦点深度、遠近感は焦点距離に固有のものがありますから、やはりこのサイズでないと使いにくいと思います。
35mmを長く使って来たからそう思うので、最近始めた人は、違うのかも知れませんが。

band-aidさん、こんばんは。
おっしゃるように私も35ミリフィルムに親しんで来ましたから、交換レンズを使う度「何ミリ相当の画角」と考えるのが結構煩わしかったです。
ましてレンジファインダーカメラは広角レンズ主体ですからAPS-Hサイズでは使いづらいですね。
ただ最近国産デジ一眼を使っているうちに、以前ほどフルサイズに拘らなくなってしまいました。私の場合はやはり一眼レフがメインなので、デジタル専用レンズの広角レンズで不満がなくなってしまったわけです。
でもM型はそうはいきませんものね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンパクトデジカメ | トップページ | ライカ M8 回顧 »