« 北海道・積丹半島 | トップページ | 続・見沼田んぼ »

2009年9月30日 (水)

さいたま市・見沼田んぼ

P1000004
JR武蔵野線、東浦和駅

さいたま市に在る「見沼田んぼ」をご存知でしょうか? 昨日、JR南浦和駅から初めてJR武蔵野線に乗り、お隣の東浦和駅で下車。見沼田んぼを歩いてみました。お供の冩真機はもちろんパナソニック GF1です。レンズは20mmと14-45mmの2本。GF1、ようやく日中に使えました。(笑)

P1000026

見沼田んぼ、約1260ヘクタールという広大な広さを誇る緑地帯です。田んぼや畑、雑木林、河川や用水路といった田園風景を見る事が出来ます。私がここを知ったのは7月に放送された或るテレビ番組によってでした。

P1000024

日頃、望まなくてもコンクリートに囲まれた景色ばかり見ていると、広大な風景や緑を見たくなるものです。この見沼田んぼをテレビで知ってからは絶対行ってみようと思っていたのですが、何しろ暑さにからきし弱いので、涼しくなったら歩いてみようと思い、昨日の休みを利用して行ってみたわけです。

P1000013

久しぶりに沢山の蝶を見ました。特にモンシロチョウが多かったです。横浜の街中に居ると蝶を見る機会がすっかり少なくなっており、子供時代に原っぱで蝶を追い掛けたりして遊んだ事が思い起こされます。

P1000028

ここは芝川という小さな河川です。ここで蝶を沢山見る事が出来ました。川のある風景、何か癒されます。

P1000045
G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

芝川に架かる鉄橋にJR武蔵野線がやって来ました。のどかな田園風景と電車、気持ちがゆったりとして仕事で溜まったストレスも消えて行くような心持ちになります。青空の下で撮影出来たら最高でしたが、昨日は小雨まじりの生憎の天候。でも、歩いていると気持ちが良いです。

F56

帰りにはこんな雑誌を買ってみました。

明日へ続く。

Panasonic DMC- GF1 + G 20mm/f1.7 ASPH.

« 北海道・積丹半島 | トップページ | 続・見沼田んぼ »

コメント

おはようございます。
生まれも育ちも横浜の港の近くなのですが、こういう風景って、なぜか懐かしい気がしますね。
昨日のお写真なのですね。できたてホヤホヤですね。フィルムは連休が入ったりすると、1週間くらい現像にかかりますから、その点デジタルはいいですよね。本屋さんに行ってきま~す♪

こう拝見していると、欲しくなりますね・・・
がまん、がまん・・・

おはようございます。
私も知りませんでしたが、良いところですね。
行ってみたい所です。
こういう風景の中で、電車というのは、なぜかだかマッチしますね。
GF1もスナップに大活躍ですね。

koukoさん、おはようございます。
大袈裟かもしれませんが、人間の原風景のようなところに感じました。それでも幾つかのグラウンドなどがあったりしてますから、少しずつ水田も失われつつあるのかもしれません。
デジタルは直ぐ使えますから、その点はフィルムに対するアドバンテージですね。

ramble-leicaさん、おはようございます。
M9とは比べられませんが、安価なわりには大変良く出来たカメラだと思います。
レンズも秀逸です。

yymoonさん、おはようございます。
都心から30分ほどで行けるところです。私もテレビを見なかったら知り得ないところだったかもしれません。
GF1とレンズ2本。軽くて良いですね。小さなカメラバッグの方が重いです。(笑)

KONDOUHさん こんにちわ~ヾ(*^▽^*)ゞ

わぁ~~ようやく お昼間にGF1 使用できたのですね~!
(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ

見沼田んぼ 聞いたことはありますが、詳しい場所は
知りませんでした。
街の近くにあるんですね。。。
田園風景 癒されますよね~~*:.。☆..。.(´∀`人)

こちらには初めてお伺いします!
KONDOHさん、このチョウはアカボシゴマダラというタテハチョウ科のチョウです。
RLFC経由でお伺いしたのですが、目が点になりました。
もともと大陸と、日本では奄美大島本島だけで確認されるチョウです。
長い南西諸島の中で、なぜ奄美大島だけなのか、分布上の謎だったのですが、人為的に持ち込まれたのか、突然関東地方で見つかり分布を広げているという変わり種です。
私は奄美大島で探したのですが、見つけることができませんでした。
うらやましいです!!

こんばんは。
京都にも巨椋干拓田という似た様な所があります。
バードウォッチングの探鳥地としても有名な所です。
しかし、のんびり歩くのにも良い所ですよ。

F5.6、興味ありますね。明日、探してみます。

こんにちは。
田舎にいたころは田んぼの色づき具合で季節を感じました。
F5.6という微妙なタイトルがいいですね。F1だとジャンルが違うし、F64だと大判専門誌みたいだし。でも、F5.6ってあまり使いません。F4かF8が多いです。使うとすればF8だと手ブレしそうな時くらいでしょうか。

マリアさん、こんばんは。
あははは・・・、おっしゃる通りようやく昼間に使う事が出来ました。
見沼田んぼ、都心から30分ほどのところに在るんですよ。そのくらいの時間でああいう風景があるとは驚きです。

RAVENさん、こんばんは。
私は蝶に関する知識は通り一遍のものしか知らないのですが、撮影する際にあまり見ないアゲハチョウだなぁ・・・と思って何カットか撮影しました。
しかしそんなに珍しい蝶とは思いませんでした。ビックリです。調べてみたらRAVENさんのおっしゃる通りなのですね。
昔、埼玉県で発見されたそうですが、その後絶滅したと記述してありました。もしかしたらその時の末裔でしょうか。しかし貴重な蝶を偶然とはいえ撮影出来て嬉しいです。
お教え頂きまして、有り難う御座います。

Kenclipさん、こんばんは。
京都にも同じようなところが在りましたか。こういうところはバードウォッチングに最適なのでしょうね。見沼田んぼも野鳥の声があちこちから聞こえて来ました。
F5.6、珍しくデジタルが中心の雑誌です。

ビワさん、こんばんは。
見沼田んぼもこれから稲を刈るのでしょうね。
F5.6、面白い雑誌名ですね。この手の雑誌は銀塩が中心のものが多いのですが、これはデジタル中心のようです。
レンズってF4からF5.6くらいが美味しいところ、と良く言われますので、この辺から名前が取られたのでしょうかねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道・積丹半島 | トップページ | 続・見沼田んぼ »