« さいたま市・見沼田んぼ | トップページ | たまにはモノクロフィルム »

2009年10月 1日 (木)

続・見沼田んぼ

P1000056
G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

私が小学生の頃、自宅から30〜40分くらい歩いたところに田んぼがあったのですが、現在は住宅地となっています。泥んこになりながらザリガニやカエルを夢中になって捕まえたものです。と申しましても田んぼを荒らしていたわけではなく、その周辺で、という事ですが。

P1000008

先月は北海道でも田んぼを見ていますが、やはり懐かしい風景です。

P1000029

現在私が住んでいる周辺ではこういったところが全く在りませんですから、或る意味子供たちにとっては可哀想な環境ですね。テレビゲームで遊ぶくらいならこういう環境で遊んでもらいたいものです。

P1000070

今年は彼岸花を撮影する機会がなかったなぁ・・・と思っていた矢先、なんと芝川沿いにこれだけですが咲いていました。ラッキーでした。

P1000007

P1000071

昨日も書きましたが、青空の下で歩いていたら尚いっそう気持ち良かったと思います。しかし考えてみたら自宅から1時間半ほどで行けるところなので、また機会は持てますね。

Panasonic DMC-GF1 + G 20mm/f1.7 ASPH.

« さいたま市・見沼田んぼ | トップページ | たまにはモノクロフィルム »

コメント

KONDOH さん、お早うございます。
お写真を拝見して、田舎に暮らしていた子供のころを思い出しました。サクランボ(野生)や野いちご、桑の実、野いちじくなどを子供が食べなくなって、もうずいぶんになります。私は飼い犬と散歩の途中、見つけると今でもときどき採って味わいます。犬も喜んで食べますよ。野生の果実はほどよい甘味と酸味が鮮烈です。日本ではよほど田舎に行っても、原っぱがなくなってしまいました。子供のころ、土管や廃棄された機械などがうち捨てられた原っぱは、子供にとって楽園でした。管理されていない自由な空間だったので、どこか秘密めいていてドキドキしたのです。いま子供が小川で遊んでいたら、若い親たちの多くは行政と同じように、きっとそれを禁止するでしょう。奔放な子供を座敷牢に留置し、軟禁生活を強いて個性の伸張を否定するようなものですね。

おはようございます。
そういえば、横浜でも、昔はそこここに田畑がありましたよね。こういう風景の所に、随分(記憶がないくらい)行っていない気がします。
お写真拝見しているだけで、のんびりした気持ちになりますね。
私もどこかこういう所へ行ってみるかな^^v

一葉さん、おはようございます。
野いちごですかぁ・・・、そういえば私が遊んだ事のある田んぼの周辺でも見た記憶がありますね。いちじくは食べましたです。
原っぱと言われる空き地は今の時代なくなりつつありますね。そういう土地があれば住宅かマンションが建つ時代ですから。
土管、ありましたありました。中を這いずって抜けたり。服を汚して母に怒られたり。(笑)
小川が在れば先ずじゃぶじゃぶと入って遊びましたですよねぇ・・・。懐かしいです・・・。

koukoさん、おはようございます。
横浜も南区とか中区辺りですともう田畑を見る事が出来なくなっておりますものね。
たまにこういう自然と触れあうのも良いですよ。koukoさんものんびりと如何ですか?

こんにちは。
田んぼのあぜ道には彼岸花がよく咲いていました。
稲刈りが終わると、そこも遊び場になりました。もちろん他人の田んぼに勝手に入るわけにはいかないので、友人の家の田んぼですが。
東京は圧倒的に畑が多いですね。

ビワさん、こんばんは。
そうですね、あぜ道には彼岸花が咲いている事が多いですね。彼岸花を嫌う人もいるようですが。私は形がユニークなので撮影するのが好きなんですが・・・。
東京、そうですね、畑の方が多いですね。

KONDOH さん、こんばんわ☆
このブログ内だけの内緒ばなしです。本日、仕事帰りにライカなど高級品をあつかっている大手中古ショップをのぞいたところ、R5がジャンク品として9800円で棚の最上部に置いてありました。ミラー不良とあります。見せてもらうと、たしかにミラーの不具合らしく、シャッターを切ると途中でミラーが止まってしまいます。指で押し上げれば、カクンという感じで上がるのですが、今度は戻ってきません。外観は美品、露出計も、シャッターも問題ありません。モルトも万全です、ファインダーもきわめてクリアなのです。ミラーボックスを子細に観察しても、破綻しているようなおかしな箇所はありません。自分で直せると直感し、だめだったら保有しているもう1台のR5の部品取りにするつもりで購入しました。家に帰って注意深く調べてみると、ファインダー下部に2箇所へんな影があり、どうも焦点板のフレネルレンズが少し傾いていて、完全に装着されていないようなのです。さっそくピンではずして装着し直し、シャッターを切ってみると、なんとミラーは正常に上下するではありませんか! もちろん、影も消えました。こんなことってあるのですね。なんだか、すこし早いお年玉をいただいた気分になりました。じつはもう1台のR5も、数年前になぜかOM1くらいの激安価格でゲットしたものなのでした。どうもR5のほうから私の方にすり寄ってくるみたいなのです。なんだか嬉しくて、また長くなってしいまいました、ごめんなさい! おやすみなさいませ。

一葉さん、こんばんは。
いや〜・・・、それはラッキーでしたねぇ・・・。Rの中古価格は随分下がりましたが、それでも9800円ではR5は買えませんですから。
私は数年前、明らかにプライスの付け間違いだろう・・・というRレンズを購入した事がありますが、さすがに9800円という金額ではないです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さいたま市・見沼田んぼ | トップページ | たまにはモノクロフィルム »