« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

京都・智積院

P1010794
京都市東山区、智積院(ちしゃくいん)

土曜日、深夜から出掛けた為に富士山などを撮影に行ったと思われたようですが、実はまた京都へ紅葉撮影に行ってたのです。今回は夏の蓮撮影オフに引き続いての毎年恒例、京都紅葉撮影オフに参加していたのでした。早朝の京都駅集合のため、私はいつも通り横浜から夜行バスでの上洛でした。

> tamuraさん、今回もお世話になりました。

P1010795

今年の紅葉撮影オフは午前7時に京都駅前に集合し、バスに乗って先ずは三十三間堂近くの智積院から。その後、蓮華寺〜瑠璃光院〜上賀茂神社と、実に考えたコースをtamuraさんから設定して頂きまして、日曜日にも拘らず観光客にあまり惑わされる事のない良い撮影を出来ました。

P1010811

ここ智積院は京都市バスの「博物館三十三間堂前」下車。三十三間堂といえば剣豪、宮本武蔵が吉岡拳法の次男坊、吉岡伝七郎と果たし合いを行ったところ。高校生の頃、この歴史上有名な宮本武蔵の生き様を描いた吉川英治さんの長編小説「宮本武蔵」を読んで以来、私は大の宮本武蔵ファンなのです、実は。(笑)

P1010816

三十三間堂近くの智積院、早朝に入ったので観光客などはいないし、我々撮影オフのメンバー以外カメラマンもいないしで、実にゆったりと撮影が出来てラッキーでした。天気も晴れ間が広がって最高です。

P1010797

モミジも見事でしたが、黄葉したイチョウの葉が一面に落ちていて綺麗でした。

P1010823

朝日を浴びて綺麗な色が出ていたので、後ろの鐘楼と絡めてみました。

P1010824

やはり紅葉撮影、日の光があるとないとでは全然印象が変わりますね。

P1010833

若い修行僧さん、ここは女性の方が多いのにビックリ。撮影していると皆さん「おはようございます!」と気持ち良く挨拶をして去って行きます。もちろん私たちも「おはようございます」と返していますよ。

智積院での撮影、大変清々しい思いで楽しむ事が出来ました。また紅葉の写真が続きますが、「もう飽きたよ・・・」とはおっしゃらずにお付き合い下さい。

Panasonic DMC-GF1 + G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

2009年11月27日 (金)

京都・天授庵など・・・

Fuukei_127
京都市左京区、天授庵にて

今年の京都、予想以上に紅葉の進みが早く、私が行ったところについてはピークは過ぎており、綺麗に色付いているものが少なかったです。

Fuukei_126

毘沙門堂と醍醐寺の後、京都駅に戻るための交通の便が良い南禅寺にまたまた寄ってみました。平日の午後3時頃だというのに、まさにラッシュアワー的大賑わいです。駐車場は観光バスが入り切らず、南禅寺の敷地にまで駐車している始末。(笑)

Fuukei_128
京都市左京区、南禅寺にて

南禅寺は清水寺などと同じく京都の紅葉名所ですから仕方ないとはいえ、早朝以外に行くところではないようです。初めて京都の紅葉撮影に訪れた際、最初に行ったところが南禅寺だったわけですが、その時は早朝で観光バスなどは一台も来ていない時間帯でしたから、ゆっくり撮影出来たのです。

Fuukei_129

その南禅寺、観光客で賑わっていたものの、モミジはかなり散っており、枝に残っているものも散る寸前という感じで、眼に眩しいほどの鮮やかなものは少なかったです。

Fuukei_130
京都市左京区、永観堂にて

南禅寺から哲学の道へ続く道すがらにある永観堂も人気の紅葉名所。ここも狭い道を突っ切って観光バスが中に入って行くのですよね・・・、交通整理をしているガードマンがバスが入って来る度吠えておりますから、大変賑やかなところです。(笑)

LEICA R9 + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. + DMR

2009年11月26日 (木)

京都・醍醐寺

Fuukei_118
京都市伏見区、醍醐寺にて

毘沙門堂を後にし、次に訪れたのは世界遺産に登録されている醍醐寺です。ここは初めての訪問。京都に行く以上、毎回最低一箇所は初めての場所を選ぶようにしています。当然ですね。
写真は金堂をバックに捉えた写真です。

Fuukei_119

五重塔をバックに黄色く色付いたモミジを。醍醐寺は豊臣秀吉が花見に訪れたところで、その歴史的事実を「醍醐の花見」と言うのだそうです。

Fuukei_120

醍醐寺の紅葉はとうにピークを過ぎていて、綺麗なモミジが少なくて残念だったのですが、こうして林泉で撮影してみると多少痛んでいても絵になるような気がします。

Fuukei_121

弁天堂を撮影・・・。

Fuukei_122

朱色の弁天堂、紅葉の中に混じっても鮮やかですね。

Fuukei_123

朱色というのは鮮やかですねぇ・・・。晴れていたらもっと眼に眩しいくらいだったでしょうね、きっと。

Fuukei_125

五重塔の周りは何もないのでどうしようか・・・と思ったのですが、せっかくですから記念写真を撮る事にしました。

醍醐寺も最寄り駅から坂道をずっと歩いて行かなければならないところ。マイクロバスが出ているのですが、やはりアクセスがあまり良くないせいか、毘沙門堂ほどではないですが世界遺産に登録されているわりには観光客は少なめでした。もっとも私が行ったのは平日なので土日祭日は分かりませんが。

LEICA R9 + Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) + Summilux-R 50mm/f1.4 (type I) + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. + DMR

2009年11月25日 (水)

京都・毘沙門堂

Fuukei_111
京都市山科区、毘沙門堂にて

昨日お知らせした通り、京都へ紅葉の撮影に行って参りました。今回は日帰りという忙しい行程。持参した撮影機材はライカ R9DMRに28mm、50mm、90mm、3本の交換レンズにサブとしてパナソニック GF1withパンケーキです。

Fuukei_113

ショルダーバッグに機材を入れて一日歩いていたら、午後には肩に食い込むような重さを感じ、こんなにライカ Rって重かったかなぁ・・・という思い。(笑)
天候は生憎の曇天。紅葉撮影にはやはり日の光が欲しいですが、ここは山の中で日差しも通り難いところなので、まぁこれでも・・・という感じです。

Fuukei_112

さて、毘沙門堂ですが今春、初めて訪れたお寺でして、春は見事な桜を見る事が出来ました。その際、秋の紅葉時期にも再び訪れてみようと思い、再度の訪問となったわけです。しかし事前に調べてみたら見頃は一週間くらい前だったようで、それなら散り紅葉狙いでと、朝京都駅に到着してから最初に訪れたのが毘沙門堂。

Fuukei_114

ここは駅から離れている事と、だらだらとした坂道を歩いて行かなければならないからか、春の桜満開の時季ですら観光客、カメラマンが少なくてゆっくり撮影出来たところで、すっかり気に入ってしまいました。

Fuukei_115

ご覧の通りの人気のなさ。人が下りて来ても、しばし待てばこういうシーンが撮れるのです。今回毘沙門堂を訪れたのはこの写真狙いです。春に行った時に決め打ちする事にしてました。(笑)
前夜に少し雨でも降ったのか、散ったモミジが水分を含んでしっとりと良い感じです。

Fuukei_116
山科聖天

毘沙門堂の脇を少し奥に入った山科聖天、境内の中には細い白糸のような滝が流れておりました。私以外誰もいませんでした。落ち着いて撮影出来ますからいいですねぇ・・・。(笑)

Fuukei_117

しかし京都での撮影はかなり歩きますので、カメラバッグはリュックタイプに限りますね。機材が軽装なら良いのですが、やはりライカ Rを纏めて持参すると堪えます。おまけに三脚もありますし。
でも、好きなカメラなので仕方ないですね。(笑)

LEICA R9 + Summilux-R 50mm/f1.4 (type I) + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. + DMR

2009年11月20日 (金)

「龍馬伝」ラッピングジェット

70200_21
ANA B767-300 (JA8322)

今まで随分飛行機を撮影して来ましたが、モノクロで撮影した事が一度もありませんでした。旅客機は各社のカラーリングを見るのも楽しみのひとつ。となれば当然カラーでの撮影になるわけで、私もフィルム、デジタルを問わずカラーばかり。しかし一度くらいモノクロで撮ったら・・・と考えたのですが・・・。

70200_15

今日の2枚は一昨日お知らせした全日空の「龍馬伝」ラッピングジェットです。レンズの焦点距離が足りない為に肝心の「龍馬伝」のマーキングをアップで撮る事が出来ませんでしたが、そのうちにアップで撮影したらまた掲載したいと思います。その時は「坂の上の雲」も一緒に。

Canon EOS 1V HS + EF 70-200mm/f4L IS USM, Fuji NEOPAN SS

2009年11月19日 (木)

大判で豪華客船を、

F150mm_01
ぱしふぃっく・びいなす号

何を血迷ったか2年前、大判に手を出してしまいました。自分にとっては究極の銀塩かもしれません。しかし当初は一枚撮影するのに20分も30分も掛かる始末。大判だから全面にピントを合わせなければいけない、建物はアオリを使って垂直に描写しなければいけない、とにかく何々しなければいけない・・・という思い込みが強かったわけです。

F150mm_02

アオリを使い、更にパンフォーカス、この事に固執した為に経験のない私は一枚撮影するのに大変な労力を費やしたわけです。(笑)
そのうち徐々に面倒臭くなり、大判を持ち出す事が滅多にない状況に。しかしようやくコツみたいなものを理解し、一枚に要する撮影時間が大幅に縮まってテンポ良く撮影出来るようになりました。

F150mm_06

で、今回の撮影はアッという間に10枚。以前は一回の撮影だとせいぜい3枚がいいところ。如何に時間を要していたかが分かりますね。撮影を終えてから、「あ、また現像代にお金が掛かるなぁ・・・」と。1枚辺りのコスト(フィルム代と現像代)を計算したら800円ほどでした。

F150mm_05

このアングルですと以前は背景の「みなとみらい」にもきちんとピントが来るように・・・という撮影でしたが、今回は「パンフォーカスに拘らず、背景を少しボカしたっていいじゃないか、主役はぱしふぃっく・びいなす号なんだから」と考え、絞りもF11にして撮影しています。基本は踏まえながらも、或る程度自分流でいいではないか、と思ったら大判での撮影も気が楽になりました。写真撮影はやはり楽しんでやりたいですね。(^^)

ここに至るまで、ボン村上さんにアドバイスを頂いたりしてお世話になってます。ところで船をわざわざ大判で撮らなくても・・・という声が聞こえて来そうな・・・。(笑)

今日はいつもより大きなサイズ(横900ピクセル)で写真を掲載しました。でも、大判は大きく引き延ばして見なければ意味ないですね。そうそう、拙宅のスキャナー、カラーネガフィルムでもシノゴだとそこそこ綺麗にスキャンしてくれるようです。

Tachihara_02

これが私の使っているカメラです。

TACHIHARA Fiel Stand 4x5 + FUJINON W150mm/f5.6, Fuji PN160NC

2009年11月 2日 (月)

007/消されたライセンス

Licence

007/消されたライセンス 1989年 米英合作
(原題 License to Kill)シリーズ第16作

監督 : ジョン・グレン
音楽 : マイケル・ケイメン、主題歌 : グラディス・ナイト
出演 : ティモシー・ダルトン、キャリー・ローウェル、ロバート・ダヴィ、タリサ・ソト、ロバート・ブラウン、デスモンド・リュウェリン、ペドロ・アルメンダリス Jr. 他

ロジャー・ムーアの後を引き継いだ四代目ジェイムズ・ボンド、ティモシー・ダルトンの007映画。しかしこの作品後、ダルトンはボンド役を下りてしまうわけで、結局前作「リビング・デイライツ」との2本を演じただけ。本国イギリスで評判がイマイチだったらしいのですが、当時存命中のダイアナ妃が「シリーズ最低のボンド」と言ったとか言わなかったとか、これが原因で僅か2本でダルトンは下ろされた、などと漏れ伝わっていましたが、実際のところは分かりません。

しかし私はダルトンのボンド、結構好きなんですよね。ロジャー・ムーアこそシリーズ最低のボンド役と思っている私としては、ショーン・コネリー的男臭さが溢れたボンド役だと思います。ただコネリーほどのスマートさはないですが。その代わりコネリー時代のような緊張感が映画に出ていたように感じています。

ストーリーの方はイアン・フレミングの原作を一通り映画化し終わったため、この作品からはまったくのオリジナル・ストーリー。しかしながら以前映画化した「死ぬのは奴らだ」の原作でカットされたエピソードを使ったり、短編「珍魚ヒルデブラント」から登場人物を持って来たりと、ところどころフレミングの原作を挿入しています。

長年の親友、フェリックス・レイターと共に麻薬王サンチェスを捕えたものの、麻薬捜査官キリファーの裏切りでサンチェスは護送車から逃げてしまう。そのサンチェスは報復として挙式を挙げたばかりのレイター夫妻を襲い、妻デラを殺害し、レイターには鮫に襲わせて瀕死の重傷を負わせる。

帰国の途についていたボンドは空港でこの事を知り、レイターの家に急行するが、そこで見たものはすでに死亡している新妻デラと、足を鮫に食いちぎられたレイターだった。ボンドは上司Mから別件任務を命ぜられるものの、命令に背いてレイターの復讐に走る。よってボンドはMから「殺しのライセンス」を剥奪され、英国情報部員としての資格も失ってしまう。

しかしながらMの秘書マネーペニーや秘密兵器係Qの協力を得てサンチェスの本拠、中南米へと潜入し、サンチェスの足下に潜り込む事に成功する。そこで見たサンチェスの麻薬密輸方法とは? 更には香港の麻薬取締官も入り込んでおり、果たしてボンドはレイターの復讐を遂げる事が出来るのか?

とまぁ、大筋はこういったところですが、前述した原作「死ぬのは奴らだ」からのエピソードとは、レイターが鮫の生贄にされるシーンなんです。で、この映画が撮影された頃は南米コロンビアからの麻薬密輸(米国などに)が世界のニュースとして話題になっていた時代で、サンチェスもコロンビア辺りの麻薬王という設定です。

また、この映画で中南米の某国大統領を演じていた俳優さんはペドロ・アルメンダリス Jr.という人なんですが、この名前を聞いて「アッ!」と思った人は相当な007マニアですね。(笑)
そうです、「ロシアより愛をこめて」でボンドに協力するトルコ支局の局長、ケリム・ベイを演じたペドロ・アルメンダリスの息子さんなのです。お父上は「ロシアより愛をこめて」を撮影中、すでに癌に冒されていて、撮影終了後拳銃自殺しています。

さてこの映画のクレジットタイトル、カメラファンは大注目ですよ。冒頭でオリンパス OM-4がどアップで写されますので。恐らく当時、大変な宣伝効果だったのではないかと思います。

僅か2本で下ろされてしまったダルトンのボンド役、前作「リビング・デイライツ」もストーリーはなかなかの出来でしたので、勿体なかったですね。常に冷静に動き回るボンドを演じており、そういう意味ではコネリーのボンドに共通するものがあると思います。ロジャー・ムーアのボンドはただコミカルなだけで、全然緊張感を感じるキャラクターではなかったですから。また脚本も漫画的ストーリーで駄作の繰り返しだったですね。ちょっと手厳しいかな?(笑)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »