« 京都・毘沙門堂 | トップページ | 京都・天授庵など・・・ »

2009年11月26日 (木)

京都・醍醐寺

Fuukei_118
京都市伏見区、醍醐寺にて

毘沙門堂を後にし、次に訪れたのは世界遺産に登録されている醍醐寺です。ここは初めての訪問。京都に行く以上、毎回最低一箇所は初めての場所を選ぶようにしています。当然ですね。
写真は金堂をバックに捉えた写真です。

Fuukei_119

五重塔をバックに黄色く色付いたモミジを。醍醐寺は豊臣秀吉が花見に訪れたところで、その歴史的事実を「醍醐の花見」と言うのだそうです。

Fuukei_120

醍醐寺の紅葉はとうにピークを過ぎていて、綺麗なモミジが少なくて残念だったのですが、こうして林泉で撮影してみると多少痛んでいても絵になるような気がします。

Fuukei_121

弁天堂を撮影・・・。

Fuukei_122

朱色の弁天堂、紅葉の中に混じっても鮮やかですね。

Fuukei_123

朱色というのは鮮やかですねぇ・・・。晴れていたらもっと眼に眩しいくらいだったでしょうね、きっと。

Fuukei_125

五重塔の周りは何もないのでどうしようか・・・と思ったのですが、せっかくですから記念写真を撮る事にしました。

醍醐寺も最寄り駅から坂道をずっと歩いて行かなければならないところ。マイクロバスが出ているのですが、やはりアクセスがあまり良くないせいか、毘沙門堂ほどではないですが世界遺産に登録されているわりには観光客は少なめでした。もっとも私が行ったのは平日なので土日祭日は分かりませんが。

LEICA R9 + Elmarit-R 28mm/f2.8 (type I) + Summilux-R 50mm/f1.4 (type I) + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. + DMR

« 京都・毘沙門堂 | トップページ | 京都・天授庵など・・・ »

コメント

KONDOHさんは、90mm等の中望遠の使い方が熟練者ですね。

 私はもう紅葉を見に行った気分です。
 もしかすると、京都には行かないかも知れません・・・。(笑)

pyosidaさん、こんばんは。
アポズミは素晴らしいレンズです。発色も良く、紅葉撮影にはピッタリのレンズだと思っています。
京都の紅葉は私が行った時でも末期でしたですね。今年は早いです。

醍醐寺には一度行ったことがあります。紅葉の時期だったと思いますが、良い印象を持てない寺院でした。
何かを見ようとすると必ずお金が必要で、金儲け主義のお寺という印象しか残っていません。

秀吉が設計したという三宝院庭園は、趣味が悪いのには驚きました。、

KONDOHさんの写真のようなきれいな紅葉があったのでしょうが、残念ながら全く憶えていません。

おはようございます。
紅葉の赤に、建物の朱色、見事な秋の色ですね。
弁天堂の写った池の面がとってもリアル^^
また、記念撮影とのことですが、個人的には五重塔の姿にちょっと見とれました。いつも思うのですが、塔を作ったいにしえの人は、すごいなぁ。

yymoonさん、おはようございます。
拝観料というのも神社仏閣で随分と差がありますね。醍醐寺の場合は歴史的建造物が多いので、維持費という事でそれなりに取られるのかもしれません。
肝心の紅葉、完全に時機を逸していました。今年は一週間くらい前が良かったのではと、感じました。

koukoさん、おはようございます。
意外な事に五重塔を見ている人ほとんどいない状態でした。もっともこの高さですから、近くに寄らなくても見る事は出来るわけですが。
建築機械なんて無い時代、ホントによくこんな建物を造ったと思います。凄いですね。

こんにちは。
弁天堂は本当に鮮やかで美しいですね。小振りな造りも良い感じです。
最後の写真、けっこう露出が難しいシーンですよね。弁天堂と違って堂々とした雰囲気が出ています。

ビワさん、こんばんは。
弁天堂は目立っておりました。朱色はホントに鮮やかです。
五重塔ですが、そのまま撮影するとどアンダーになりますので、結構補正しました。青空だともっと映えるのですけど、仕方ないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・毘沙門堂 | トップページ | 京都・天授庵など・・・ »