« 我が愛機、SONY HDR-FX7 | トップページ | プラナーで薔薇を »

2009年11月14日 (土)

イルミネーションの季節

Img_0333

街中はもうクリスマス商戦が始まったようですが、12月に入ると綺麗なイルミネーションもあちらこちらで見る事が出来るようになります。昨年もあちこち出向いて撮影しましたが、一年なんてアッという間ですね。12月の一ヶ月は特に早く感じるような気がします。

Img_0327

今年もまたカメラ持って撮影に出るつもりです。多少の暑さが我慢出来ない私ですが、多少の寒さは我慢出来ますので。(笑)

昨年はみなとみらい、新宿、丸の内、汐留と、都内で撮影する機会が多かったですが、やはり大都会東京だけの事はありますね。どこも見事なイルミネーションを見る事が出来ましたから。今年も期待したいです。

Canon EOS 5D Mark II + Summilux-R 50mm/f1.4 (type I)

« 我が愛機、SONY HDR-FX7 | トップページ | プラナーで薔薇を »

コメント

おはようございます。
KONDOHさんと反対で、多少の暑さは我慢できますが、寒さのほうは^^; イルミネーション、撮りに行けるかな~。こちらで拝見することになってしまいそうな気がします。
キヤノンにRレンズでイルミネーションを撮る、KONDOHさんの楽しそうなご様子が目に浮かぶようです♪

5Dだと夜スナップも軽快にこなせそうですね。ああ、いいなぁ、フルサイズ(^^;

東京は綺麗なイルミネーションが多くて羨ましいです。福岡の某デパート前のツリーが、去年と比べてショボくなっていたのが寂しかったです。不景気だから仕方ないですが…(;_;)

Summilux-R 50mm/f1.4ですか。
EOS40Dしか持っていませんので、35mmも選択肢に入れようかなんて、Rレンズ選択を迷って楽しんでいます。

高感度特性で銀塩より軍配が上がるデジタル隆盛の時代の為か、昔のようにイルミネーションの前で無粋に三脚を広げて陣取るカメラマンが少なくなりました。と言いつつ自分もそうでしたが・・・。カメラバッグに三脚を持って歩いているとライカR9やM6の効用か、見た目が無難に見えるためか、よくカップルや女性同士からシャッターを頼まれました。
私もDMRの後継に5Dmk2を考えてはおりますが、それでも来年のフォトキナを期待してしまいます。しかしcanonもleicaもなぜかPMAには不参加のようですね。

koukoさん、こんばんは。
寒さに弱いですか。私はホントに夏が嫌いで・・・(笑)
でも、少し寒さを我慢すると綺麗なイルミネーションを見る事が出来ますよ。
私のEOS、フィルム時代からマウントアダプターでライカ Rやヤシコンを装着して使うカメラという位置付けなんです。従ってEF純正レンズもあまり買っていませんし・・・。
ですから純然たるEOSファンには石を投げられるかもしれません。(笑)

Satomixさん、こんばんは。
5Dも高感度に強いので、こういった夜のスナップ撮影も三脚を持たずに出来ちゃいます。もちろん本当は三脚を使う方が良いわけですが、私は三脚が嫌いで。(笑)

スカルピアさん、こんばんは。
東京はさすがにあちこちで綺麗なイルミネーションが見られますね。
福岡のツリー、ショボくなっていましたか。経費節減でしょうかねぇ・・・?

yymoonさん、こんばんは。
Rの35mmですとSummilux-R 35mm/f1.4という私の大好きなレンズがあります。
でも、Summicron-R 35mm/f2というコンパクトなレンズもありますし、更にはElmarit-R 35mm/f2.8というのもあります。前二者は持っていますが、Elmaritは使った事がないのです。

鯖猫さん、こんばんは。
デジタルが銀塩に大きく優る事は高感度特性だと思います。ですから高感度での画質を追求しているニコン D3はひとつの見識だと思います。
高感度に強くなってから今日の写真のように夜にも拘らず手持ちで撮影出来ちゃいますものね。
私もよくシャッター押して下さいと頼まれますが、時々銀塩コンパクトなどで頼まれると微笑ましくなります。
Rシステム、復活して頂きたいですね。

こんにちは。
景気が悪くてショボくなるところもあれば、逆に賑やかに飾り付けるところもありますね。電気の無駄という声もありますが、これくらいはいいかなと思います。明かりは心も明るくしますからね。

ビワさん、こんばんは。
一年に一度くらい、派手派手のイルミネーションで街を飾り、不景気風なんか吹き飛ばして欲しいですね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が愛機、SONY HDR-FX7 | トップページ | プラナーで薔薇を »