« にしんそば | トップページ | 京都・蓮華寺 »

2009年11月30日 (月)

京都・智積院

P1010794
京都市東山区、智積院(ちしゃくいん)

土曜日、深夜から出掛けた為に富士山などを撮影に行ったと思われたようですが、実はまた京都へ紅葉撮影に行ってたのです。今回は夏の蓮撮影オフに引き続いての毎年恒例、京都紅葉撮影オフに参加していたのでした。早朝の京都駅集合のため、私はいつも通り横浜から夜行バスでの上洛でした。

> tamuraさん、今回もお世話になりました。

P1010795

今年の紅葉撮影オフは午前7時に京都駅前に集合し、バスに乗って先ずは三十三間堂近くの智積院から。その後、蓮華寺〜瑠璃光院〜上賀茂神社と、実に考えたコースをtamuraさんから設定して頂きまして、日曜日にも拘らず観光客にあまり惑わされる事のない良い撮影を出来ました。

P1010811

ここ智積院は京都市バスの「博物館三十三間堂前」下車。三十三間堂といえば剣豪、宮本武蔵が吉岡拳法の次男坊、吉岡伝七郎と果たし合いを行ったところ。高校生の頃、この歴史上有名な宮本武蔵の生き様を描いた吉川英治さんの長編小説「宮本武蔵」を読んで以来、私は大の宮本武蔵ファンなのです、実は。(笑)

P1010816

三十三間堂近くの智積院、早朝に入ったので観光客などはいないし、我々撮影オフのメンバー以外カメラマンもいないしで、実にゆったりと撮影が出来てラッキーでした。天気も晴れ間が広がって最高です。

P1010797

モミジも見事でしたが、黄葉したイチョウの葉が一面に落ちていて綺麗でした。

P1010823

朝日を浴びて綺麗な色が出ていたので、後ろの鐘楼と絡めてみました。

P1010824

やはり紅葉撮影、日の光があるとないとでは全然印象が変わりますね。

P1010833

若い修行僧さん、ここは女性の方が多いのにビックリ。撮影していると皆さん「おはようございます!」と気持ち良く挨拶をして去って行きます。もちろん私たちも「おはようございます」と返していますよ。

智積院での撮影、大変清々しい思いで楽しむ事が出来ました。また紅葉の写真が続きますが、「もう飽きたよ・・・」とはおっしゃらずにお付き合い下さい。

Panasonic DMC-GF1 + G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

« にしんそば | トップページ | 京都・蓮華寺 »

コメント

おはようございます。
京都だったのですね。早とちりで失礼しました^^
見事な紅葉、素敵な一日だったようですね。最後の修行僧さんのいらっしゃるお写真、いいですね~。朝の空気を感じます。
今回はGF1で身軽に回られたのかな。
続きを楽しみにしております^^

koukoさん、おはようございます。
多分、今年最後の京都です。
幸い午前中は天候にも恵まれ、モミジの良い色付きを見て参りました。
修行僧さん、男女とも気持ちの良い方ばかりでした。
今回はGF1とビデオカメラです。(笑)

おはようございます。
京都でしたか!
もう最後位の紅葉ですね・・・

KONDOH さん、おはようございます☆
再び上洛されたのですか。羨ましいです! それにしても G VARIO 14-45mm の描写は、しっとりとしていて秀逸です。私の好みなのです。このレンズは、たしか数千円でゲットされたのでしたね。またまた、うらやましい! ライカM→M4/3のアダプターで無限遠が甘かったので、昨日、面を仕上げ用の砥石で1000回くらい研磨したらバッチリ直りました。小数点以下の厚みの違いでこんなにピントに影響するなんて、やはりカメラは精密機器なのでした。3枚目のお写真、チベット模様を連想させる素晴らしい配色です。仏教特有の色使いなのでしょうね。

おつかれさまでした。
天候が良くて、良かったですね。
14-45mmをGF1で使うとするとEVFを使った方が使い勝手が良い感じがしてます。最近になって14-45mm用にG1あたりを手に入れた方が良いのかなとか考えたりしていますが、今更4/3のボディを増やしても・・・。
困ったものです(^^:)

再び上洛されたことで地元の方の案内では楽しい時間を過ごされたようですね。
五色の幕の京都らしくていいですね。陰陽五行説に関連し仏教の行事等に用いられるとは聞いていましたが、調べて見ますと正式には「五正色幕」という。ことを知りました。
この五色は神道の祭祀等いろいろなところで用いられているようです。

こんにちは。
僕は吉川英治ファンなので、もちろん宮本武蔵は読みました。でも三十三間堂はまだ行ったことがないです。
智積院の紅葉は迫力がありますね。
最後の写真も趣があって好きです。撮れそうでなかなか撮れない瞬間ですね。

ramble-leicaさん、こんばんは。
はい、また京都でした。
そうですね、そろそろ紅葉も終わり頃に差し掛かっています。でも、今回も楽しめましたです。

一葉さん、こんばんは。
今回の撮影オフの日程は夏の時点ですでに決定しておりまして、先週火曜日に行ったのはまったくの想定外でした。
14-45mm、新品同様品を4200円で購入したものです。これは大変お得な買い物だったと思います。なかなか良い写りをしますね。
アダプター、ご自分で無限遠の調整をされたのですか。凄いですねぇ・・・、私は出来合いのものをそのまま使うだけで、尊敬致します。私のアダプター、一応最初の撮影で無限遠のテストをしてみたのですが、大丈夫なようです。
3枚目は仏教に関係した色合いのようです。他でもたまに見掛けますので。

ritomoさん、こんばんは。
午前中は天候に恵まれました。午後から雲が出て来てしまいましたが。
GF1、私はパンケーキも14-45mmも99%EVFで撮影しております。その構え方の方が液晶を見て撮影するより手ぶれしにくいですし。
今、G1のWキットが滅茶苦茶安いですね。思わず私も・・・なんて逝きそうになりますが、堪えています。(笑)

TOKIWAIさん、こんばんは。
紅葉撮影で2回出掛けたのは今年が初めてです。京都に詳しい方の案内で、大変有意義な撮影が出来ました。
あの布幕、「五正色幕」というのですか。有り難う御座います、ひとつ知識を得ました。他でも見た事がありますので、宗教に関係があるのですね。

ビワさん、こんばんは。
ビワさんも吉川英治さんのファンだったのですか。宮本武蔵は面白いですよね。
初めて京都の紅葉撮影で出掛けた際、一乗寺下がり松を見た時は感激しました。現在残っているのは四代目の松だったか、それでも嬉しかったですね。ここが吉岡家との最後の決闘の場だったのか・・・という感動を覚えました。
最後の写真はスナップ写真として私自身も気に入っているのでアップ致しました。

こんばんは。
そう言えば例年、RLFC関係の京都・紅葉撮影会が有りましたね。夜行バスで早朝上洛、観光客皆無の中、のびのび撮影ということで精神的なゆとりを感じます。
京都行きなら、にしんそばの件で冷や水を浴びせるような発言は慎むべきでした。自分としてはコシのある蕎麦に京都の出汁が加われば、世界最強の蕎麦が出来そうな気がすると思っての発言ですが・・・。現に大阪ではコシの強い讃岐うどんとの融合で「大阪讃岐うどん」というジャンルが出来上がり千日前あたりに総本山があるそうです。
でも京都の料理が不味ければ、ミシュランの評価ももっと低いはずですよね。(銀座のあの寿司屋がなぜ、星3つなんだ?というつっこみは勘弁して下さい)
言うの忘れてましたが、自分が良く行った店は、母が京大病院に入院しているとき、河原町丸太町にあったうどん・そば屋2店に頻繁に行きましたが、いなり寿司やばら寿司を付けても安価でおいしかったです。多分もう閉店しておりますが・・・。
老舗では尾張屋や田毎といったところでしょうか?
母も生前、瓢亭の朝粥を食べに近所のおばさん連中と朝早く上洛していたようです。

鯖猫さん、こんばんは。
はい、RLFCの撮影オフでした。
にしんそばの件は皆様、ほぼ同様のご意見のようで、関東関西の違いのようなものをまた知る機会となりました。しかしその中でも美味しいお店があるとの事、一度食してみたいです。
ミシュランの評価って賛否両論ありますね。味覚というのは人それぞれですし、評価は難しい面があると思います。
今回の京都、帰りにはほぼ毎回入るお店でうどんを食べてから新幹線に乗車致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にしんそば | トップページ | 京都・蓮華寺 »