« 「龍馬伝」ラッピングジェット | トップページ | 京都・醍醐寺 »

2009年11月25日 (水)

京都・毘沙門堂

Fuukei_111
京都市山科区、毘沙門堂にて

昨日お知らせした通り、京都へ紅葉の撮影に行って参りました。今回は日帰りという忙しい行程。持参した撮影機材はライカ R9DMRに28mm、50mm、90mm、3本の交換レンズにサブとしてパナソニック GF1withパンケーキです。

Fuukei_113

ショルダーバッグに機材を入れて一日歩いていたら、午後には肩に食い込むような重さを感じ、こんなにライカ Rって重かったかなぁ・・・という思い。(笑)
天候は生憎の曇天。紅葉撮影にはやはり日の光が欲しいですが、ここは山の中で日差しも通り難いところなので、まぁこれでも・・・という感じです。

Fuukei_112

さて、毘沙門堂ですが今春、初めて訪れたお寺でして、春は見事な桜を見る事が出来ました。その際、秋の紅葉時期にも再び訪れてみようと思い、再度の訪問となったわけです。しかし事前に調べてみたら見頃は一週間くらい前だったようで、それなら散り紅葉狙いでと、朝京都駅に到着してから最初に訪れたのが毘沙門堂。

Fuukei_114

ここは駅から離れている事と、だらだらとした坂道を歩いて行かなければならないからか、春の桜満開の時季ですら観光客、カメラマンが少なくてゆっくり撮影出来たところで、すっかり気に入ってしまいました。

Fuukei_115

ご覧の通りの人気のなさ。人が下りて来ても、しばし待てばこういうシーンが撮れるのです。今回毘沙門堂を訪れたのはこの写真狙いです。春に行った時に決め打ちする事にしてました。(笑)
前夜に少し雨でも降ったのか、散ったモミジが水分を含んでしっとりと良い感じです。

Fuukei_116
山科聖天

毘沙門堂の脇を少し奥に入った山科聖天、境内の中には細い白糸のような滝が流れておりました。私以外誰もいませんでした。落ち着いて撮影出来ますからいいですねぇ・・・。(笑)

Fuukei_117

しかし京都での撮影はかなり歩きますので、カメラバッグはリュックタイプに限りますね。機材が軽装なら良いのですが、やはりライカ Rを纏めて持参すると堪えます。おまけに三脚もありますし。
でも、好きなカメラなので仕方ないですね。(笑)

LEICA R9 + Summilux-R 50mm/f1.4 (type I) + Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH. + DMR

« 「龍馬伝」ラッピングジェット | トップページ | 京都・醍醐寺 »

コメント

 やはり、DMRにRレンズは、いいですね。
 またこんな穴場もあったのですね。
 私も、京都を回っているとリュックタイプが欲しいと思います。(笑)

 と言っても、最近はDP1オンリーや1眼にズームレンズ1本の小回りが利く機材で撮っていますが・・・(笑) ただ、次回は何を持っていくか、悩みそうです。

KONDOH さん、おはようございます☆
とてもしっとりとした美しい紅葉ですね。曇天に光が乱反射して、とても柔らかく感じます。なんだか京都を広告するポスターを見ているような心地がします。
私などは外出して3時間ほど西新宿を徘徊するだけで、腰が痛くなってきます。家ではほとんどソファに寝転んで本を読んでいるだけなので、完全に運動不足なのです。散歩をするついでに屈伸運動などをすれば良くなるのは判っているのですが、面倒なのでやりません。そのうちに筋肉がどうしようもなく衰えて、ドッカ〜ンと来るかもしれません。

pyosidaさん、こんばんは。
やはり思い入れのある京都の紅葉はライカ Rで写したくなります。でも、やはり重いです。
次回はGF1だけで行こうか・・・なんて事も思っています。(笑)

こんばんは。

思い立ったらすぐ京都に行けるなんて、JR東海のCMみたいで、うらやましいです。

写真が好きなら重い機材も何のその、どこにでも出かけて行かねば、気が収まらないんでしょうね。

山科地区は行ったことがないかもしれません。ちょっっと遠いようですけど、毘沙門堂は良いところのようですね。

一葉さん、こんばんは。
実は私、腰痛持ちでして、今も椅子から立ち上がる時などにギクッと来たりします。(^^;
それなのに重い機材と三脚を持って一日歩いているのですから、健康に良いのか悪いのか、自分でも良く分かりません。(笑)
京都が好きだから出来る技だと思っております。でも、一日二日したら腰に来るかもしれません。(;_;)

yymoonさん、こんばんは。
JR東海のCM、「そうだ、京都行こう」をそのままやっております。(笑)
好きだから出来る事なのでしょうね。子供が遠足を楽しみにしているのとあまり変わりがないかもしれませんです。

おはようございます。
日帰りだったのですね。すごい!
お写真を見ていると、やはり紅葉は京都だなぁと実感しますね。これぞ「日本の秋」ですね。しかし、こんなによい撮影スポットを公表しちゃっていいのですか^^
最後の一枚、紅葉の葉の色合いといい、背景の瓦のボケ具合といい、うっとりしますね♪

奇麗ですね。さすが京都!
しかも日帰りで撮影とは。さすがKONDOHさんですね・・

koukoさん、おはようございます。
北海道も日帰りで行って来る人間ですので、自分ではあまり不思議な事ではないんです。(笑)
京都の紅葉、今年は随分と進みが早かったようです。その点は予想外でした。でも、京都は自分にとって本当に魅力的なところです。

ramble-leicaさん、おはようございます。
今回はいろいろと事情がありまして、日帰り行程となりました。でも新幹線ですと片道2時間ですから、日帰りもそれほど大袈裟な行動ではないですね。

せっかくの京の紅葉が曇天で惜しまれますね。画像からも少し残念な思いが伝わってまます。
先日、私も日が暮れる頃渡月橋付近を歩いたのですが嵐山や小倉山は青々としていました。さらに保津川のトロッコ列車のライトアップを楽しんだのですがカエデやモミジの紅葉と黄葉も青葉もありいつもの錦を織りなすような光景もなく不思議な光景でした。
今年は京都らしい京都の秋の光景は訪れないのでしょうか。晴天の日にお出で下さい。

KONDOUHさん こんばんは~!

日帰りで 撮影にいらしたのですね。。。
昨日は 青空見えずに残念でしたが
3,4日前までの、真冬並みの寒さを思うと
まずますの撮影日和だったと思います。
北風が強く、寒くて。。。真冬のような陽気でしたから。。。

今日の作品も しっとりして、美しいですね。。。
続きも、とても楽しみです~(o^∇^o)ノ

TOKIWAIさん、こんばんは。
お天気だけはどうしようもないので、出会った天候で最前を尽くすしかないですね。
実は渡月橋近辺も当初考えていたのですが、春に決めていた毘沙門堂へと参りました。しかし今年は紅葉の進みが早いようですね。
晴天の日に再チャレンジしたいです。

マリアさん、こんばんは。
そうなんですか、北風が強く気温も低かったのですね。その風の影響でモミジも散るのが早かったのでしょうか。
でも、京都はやはり落ち着きます。

こんにちは。
今朝のテレビでも京都の紅葉が紹介されていました。この週末にはもっと人が増えるんでしょう。
写真、しっとりと落ち着いた雰囲気で、いかにも古都らしい風景です。
デジタルがGF1だと荷物にならなくて楽でしょうね。

ビワさん、こんばんは。
今テレビは京都の紅葉を紹介する番組が多いですね。こうしてコメントをお返ししている最中もテレビ東京で京都の紅葉見物に芸能人が訪れている番組を放送中です。(笑)
次回はGF1だけで行こうかと真剣に考えております。

こんばんは。
京都撮影旅行は日帰りで、これほどの成果とは驚きです。
正に、短期集中型、「忙中、閑あり」の精神で敬服致します。
私も30代の頃は、鉄道に夢中だったことも有り、平日退社後、50mmレンズだけ付けたEOS-1を持って、そのまま信越本線横川駅へ行き、朝4時頃到着する急行能登の写真を撮って、すぐその列車に乗り込み、仮眠。上野に6時半頃到着するとそのまま出社したことも多々有りました。フィルムもTMZをEI25000に増感現像してみたり、もうあの頃のような体力もチャレンジ精神も無くなりましたが・・・。

鯖猫さん、こんばんは。
実はもう一回行く予定でして、そのため今回は日帰りでの強行軍でした。
鉄道写真を撮っておられるのですね。先日映像関係のオフに出た際、鉄道を撮っている方もいらっしゃいました。鉄道も奥が深そうです。
私は鉄道の知識は全然ないので分からないのですが、見るのは好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「龍馬伝」ラッピングジェット | トップページ | 京都・醍醐寺 »