« 成田空港飛来機 | トップページ | JAL「空のエコ」プロジェクト »

2009年12月11日 (金)

成田空港飛来機(2)

L1001717
タイ国際航空 B747-400 (HS-TGP)

今日も昨日に引き続いて成田に飛来している飛行機です。こちらはタイ国際航空のジャンボ機です。国内を飛んでいるジャンボ機との違いがお分かりになりますでしょうか? 日本航空も全日空も、国際線のジャンボ機はこの型で、通称ダッシュ400と言われています。国内線に使われているのは基本的にはダッシュ400D。Dが付くと両翼の先端、ウィングレットがありません。このウィングレットが付くだけで風の抵抗が違うそうで、長距離用のB747です。

L1001724
スイス航空 A340-300 (HB-JML)

スイス航空と表記しましたが、本来のスイス航空は破産倒産してしまいましたので、現在は別の企業がスイス航空の資産を受け継いで運営しています。昨日のヴァージン アトランティック航空の細長いA340-600と同型機で、こちらは胴体縮小型と言って良いでしょうか。

L1010007
ユナイテッド航空 B747-400 (N122UA)

こちらはアメリカを代表するエアラインのひとつ、ユナイテッド航空のジャンボ機。成田で飛行機ウォッチングをしていると、まだまだジャンボことB747は数多く飛来して来ます。大量輸送に向いた飛行機ですから、もうしばらく現役で使われるのでしょう。

L1020025
アエロフロート カーゴ MD-11F (VP-BDQ)

ロシアの貨物機がテイクオフするところです。アエロフロートも初めて撮影しました。3発機MD-11はマクドネル・ダグラス DC-10の発展型ですが、私はDC-10が好きで日本航空機が退役する時に3回も乗りに行きました。(笑)

L1020033
エールフランス B777-300ER (F-GSQA)

今日の最後はお馴染みエールフランスです。このトリプルセブンはダッシュ300ERで、ダッシュ300の長距離用です。ERは両翼の先を見ると通常のダッシュ300とは違いますので、見分けやすいと思います。日本航空、全日空とも国際線のトリプルセブン、基本的にはERタイプが使われているようです。

このところ飛行機が続いていますね。(^^;

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

« 成田空港飛来機 | トップページ | JAL「空のエコ」プロジェクト »

コメント

おはようございます。
ダッシュ400と400Dのお話、興味深く拝聴しました。各国の機体のデザインを見ているだけでも面白いですね。フランスは流石お洒落です。飛行機への熱いお気持ちが伝わるレポートですね♪こんなに好きなものがあるなんて、KONDOHさんがうらやましいです^^

koukoさん、おはようございます。
飛行機写真の私は子供のようでしょう?(笑)
エールフランスはシンプルなデザインですが、品があるように思います。このデザインのA380を見たいものですが、ヨーロッパ路線でしか飛びませんので、日本では見る事が出来ないのです。

KONDOUHさん こんばんは~!

飛行機乗るのは、大の苦手。
でも、見るのは大好きな私です。。。(o´ェ`o)ゞエヘヘ

すごい、素人の感想で恐縮ですが、いろいろな飛行機を見比べる機会って
殆どないので、とても楽しく拝見しました~!
(o´・∀・`o)ニコッ♪

マリアさん、こんばんは。
旅客機、なかなか美しいでしょう?
国際空港ですと各国のいろいろなデザインを見る事が出来るので、飛行機ファンの私としては楽しくて仕方ありません。(笑)

こんばんは。
94年9月にタイ・バンコクへ仕事で行ったのが初めての海外でした。もちろん成田発着で行きはJL、帰りはTGでした。俄に決まった出張でしたのでわからないことが多く、会社が用意した「Cクラス」の航空券もABCのCでエコノミーだろうと自分の座席をキョロキョロ探したのも今となっては笑い話となりました。
機内食はともにメインが牛ヒレステーキでしたが、大きさはJLの方が2倍ほど有りました。但し、TGの方が綺麗な皿に盛られてはおりましたが・・・。
それから月日は経ちシンガポールの7ヶ月に及ぶ長期出張を終え、1999年3月31日に帰国以来、10年以上海外とは縁が有りません。
KONDOHさんは、飛行機の写真を撮っておられる時、やはり遥か彼方の未知の世界からやってくる飛行機にロマンや夢を感じておられるのでしょう。
それに対して、自分は鉄道ファンであることは以前、記しましたが最近、写真は撮っておりません。それはかってのように鉄道が夢や希望を運ぶものとはほど遠い存在になったからです。(特に寝台列車の廃止による)

鯖猫さん、こんばんは。
タイに行かれた事があるのですか。機内食を食べながらの飛行機旅行、実は私はまだ経験ないのです。プライベートで行くとなるとお金はともかくとして時間を取る必要がありますからねぇ・・・。
海外のエアラインを撮影していると、いつか自分もこの機に乗ってみたいなぁ〜と思ったりします。まさに鯖猫さんがおっしゃるロマンと夢ですね。
寝台列車、これもまた経験がないのですが、旅情がありそうですね。

こんにちは。
翼の端は渦が発生しやすいのでウイングレットを付けるようですね。F1でも同じようなことをやっていたりします。
同じA340でも胴体の短い方がバランスがいいように思いますね。
スイス航空は倒産していたんですか。JALもヤバイっすよね。
エールフランスでパリ旅行、一度行ってみたいです。

ビワさん、
おっしゃる通りなんです。スタイルもあるとないとでは随分と見た目の印象が変わりますね。
今、世界のエアラインは再編成の時代に入っているのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田空港飛来機 | トップページ | JAL「空のエコ」プロジェクト »