« イルミネーション 2009 | トップページ | マイクロドライヴ »

2009年12月17日 (木)

B787、待望の初飛行!

Boeing_b787

昨日のニュースで採り上げられておりましたのでご存知の事と思いますが、ドリームライナーことボーイング B787が日本時間の昨日早朝、ようやく初飛行まで漕ぎ着けました。しかし当初の予定より2年以上も遅れていたわけで、文字通りようやく・・・という感じです。

機体の約50%に日本の東レが供給している炭素繊維が使われており、燃費を従来機より約20%も節約出来るそうです。まさしく「空のエコ」ですね。その他三菱重工業が主翼を、川崎重工は前部胴体と、日本の技術が相当入っている旅客機です。

ニュースによると世界約60の航空会社から865機の受注をボーイング社は受けているそうで、その中でも全日空は55機を発注。来秋には1号機がデリバリーされる予定なんですが、無事に行ってくれたら良いなぁ・・・と鶴首している私であります。とにかく私は早く乗りたいのです。

順調に行けば恐らく世界各地へのテスト飛行が行われる筈で、日本にも飛来して来るものと思われます。早く見てみたいですねぇ・・・実機を。来る時は仕事を放っぽりだしてでも見に行きますよ。(笑)

Eos7d

話しはガラッと変わりまして、昨日の記事の最後に書いた新規購入のカメラはご想像通りEOS 7Dです。「え!? 何故?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんですね。D300sとどちらにするか、ずっと迷っていたのですが、結局少ないとはいえ手持ちのレンズを生かせる事と、ビデオカメラが使えない時にフルHDの動画が撮れる事、以上が7Dを選んだ理由。

それと迷っている一ヶ月の間に不人気のせいか7Dの売価が右肩下がりに落ちて来た事も大きな購入理由のひとつ。ちなみに私の購入価格は某量販店で交渉したら 154,000の24%ポイント還元でした。単純にポイント還元を値引きと判断すると、117,000円くらいになるので、これならまぁいいかと。

発売後、某雑誌のテスト結果からファインダー視野率がカタログに謳われている100%には達していないとか、連写すると前のコマの残像が残ったり、更にはコマ速がカタログ値の8コマ/秒出ていないとか、とにかく発売以来ユーザーのクレームは後を絶ちません。(笑)

それなのに何故私は購入したか。何度もここで書いているように、キヤノンさんは 1系とその他のカメラ、という線引きをハッキリと打ち出しているメーカーで、中級機に大きな期待を持つユーザーの方がキヤノンさんの意向をわきまえていないと思っています。ですから実質10万円そこそこのカメラに 1系と同じ100%を期待する方が間違っていると思うわけです。もっとも当初カタログにはハッキリと100%としていましたので、これは問題ですね。最近になって約100%と修正しましたが。

残像の件はファームアップで修正された事と、コマ速も7コマ/秒も出ていれば充分過ぎるくらいと思っていますので、「実用機」として購入しました。例によって手元に来ても何の感動もなかったですが。未だにバッテリーすら充電しておりません。(笑)

代わりに5D2が手元から離れて行きました。フルサイズを手放してAPS-Cに逝くのは珍しいかも。ビンボーが憎い・・・(;_;)

« イルミネーション 2009 | トップページ | マイクロドライヴ »

コメント

KONDOHさん、7Dおめでとうございます。
 私の方はAPS-Cサイズは10Dで満足しております。(笑)
 5Dが工場送りなので、10Dを使っていますが、JPEGでとても加工しやすい自然な画像が出てくるので、逆に貴重だと感じています。

 でも、えっ、驚きました。5DMarkIIを手放したのですね。(・・・、・・・)

 私はデジタルを手放して、クラッシックカメラを買ったので、人から見ると、「えっ何故。」ですから、カメラの洗濯は面白いです。

 昨日に続き、またまた誤字です。
 洗濯は「選択」に訂正してください。

 でも、洗濯でも案外意味が通じるかも知れません。

pyosidaさん、こんばんは。
5D2、購入当初は結構使ったのですが、その後はただ持っている・・・という状況でした。Rレンズをフルサイズで使えるのはメリットなのですが、やはりDMRで使う事が多く、結局お蔵入りという事に。
もちろん余裕で7Dを買えるくらいなら手放す事はないのですが、コマ速の速いカメラを今必要としていたので止むなくという事です。
でも、7Dだっていつまで手元に残るか・・・。B787が飛来する時まであるのか・・・(笑)

おはようございます。
昨日の夕刊にあった「準国産」という飛行機ですね。機体のまわりにいるたくさんの人がとっても小さくて、ジオラマを見ているようですね。
おNewのカメラ、名を捨てて実を取ったという感じでしょうか^^

koukoさん、おはようございます。
そうです、まさに準国産機ですね。ボーイング社はパーツを各国から取り寄せ、組み立てを自社の工場でやっているのでボーイング製・・・。まるで国内メーカーのパソコンみたいですね。(笑)
名を捨てて実を取った・・・という結果になれば5D2を手放した事を後悔しなくて済むのですが、さてさて・・・。

えぇぇ~~5D2を手放した???
広角派の私には考えられないことです。なぜお気に入りにならなかったのでしょうか。残念です。

私はとても気に入っています。5D2が!

おはようございます。
ニュースでB787のことを知りました。
翼の先端がシャープになっていてかっこいいなと思いましたが、よくあるデザインなんでしょうか。

藤原雄一郎さん、おはようございます。
いえ、5D2が気に入らなかったので手放したわけではなく、今AFとコマ速を強化したカメラが必要になったので交換したわけです。
交換した事を後悔するか良かったと思うかは、来週7Dを実戦投入してから分かると思います。
要するに7Dを単独で買い増しする資金がなかっただけなんです。いずれまた5D2が欲しくなるかもしれませんが、その時にまた考えるという事で。

yymoonさん、おはようございます。
B787はなかなか時代の先端を行くデザインだと思います。
おっしゃるように翼の先端はシャープでカッコいいですよね。早く実機を自分の眼で見たいです。

7Dですか、これまた楽しみですね。リポート待ってます。残念!5D2捨てる場所教えてくれたら拾いに行ったのに(笑)。

フルサイズからAPSの選択。リポート楽しみにしています。処理中のメッセージでチャンスを逃がしてもうこれまでだと私もAFとこま速がある程度満足できるカメラにと検討中です。両立は難しいようです。

こんばんは。
やっと『純国産』の意味を理解出来ました。(笑)
しかし、飛行機の生産方法も様変わりして行くもんですね。
しかし、分散は確かに効率的ではありますが、もの作りへの拘りと云うものが薄らいで行く様で…。私の考えが古いんですね。

ダンさん、こんばんは。
いろいろと噂の7Dに逝ってみました。使ってみないと本当のところは分かりませんしね。

TOKIWAIさん、こんばんは。
フルサイズからAPS-Cに移行なんて、そうそういないのではないかと思います。
7Dは動態予測機能のAFが強化されたとの事で、そこに期待しています。

Kenclipさん、こんばんは。
もう一社でなんでも賄う時代ではないのかもしれませんね。これからどんな分野も分業制になって行くのではないかと・・・。

こんにちは。
787は本当にようやくという感じですね。せっかくのエコ機なのに、JALには購入資金がないという不幸。相変わらず搭乗率の低い747を飛ばさないといけないようです。
完全100%のファインダーであの値段だったら格安ですが、そんなことあるわけないです。安いものにはそれなりに理由がありますよね。フィルムカメラの時代だって、それこそ中身はたいして違わないのに値段がずいぶん違ったのはファインダーの品質が違うから。完全に100%を実現しようと思ったらコストは相当かかります。その点、EVFは完全100%が実現しやすくて良いですね。

ビワさん、こんばんは。
昨秋、JALを見学させて頂いた時に、787の大きな模型が置いてありまして、素材の炭素繊維も現物がありました。JALの人の話しでも納期が延びた事をおっしゃってましたから、多分何機か発注していたのではないかと思います。もっともこの一年で状況が変わった事も当然考えられますが。
7DはD300sに相当対抗意識を持って作られたカメラでしょうから、視野率100%を言いたかったのでしょうね。ライバルD300sも実際は100%ないのですから、キヤノンユーザーはちと騒ぎ過ぎではないかと。
そんなに100%に拘るなら1系を買いなさい、と言いたいです。その1系だって99%くらいではないかと・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イルミネーション 2009 | トップページ | マイクロドライヴ »