« 京都・瑠璃光院 | トップページ | 京都・上賀茂神社 »

2009年12月 4日 (金)

羽田D滑走路展望台

L1001688
ANA B747-400D (JA8957)

羽田空港に4本目の滑走路が作られている事はもうご存知の事と思います。2010年10月オープンの予定で、工事はかなり進んでいるようです。その4本目の滑走路は現在のA、B、Cコースに次いでDコースと呼ばれています。先日、そのD滑走路の建設工事を一望出来る展望台に行ってみました。今日の写真はその展望台から撮影したものです。

上のピカチュウジャンボの写真はAコース34Lにアプローチして来たところ(丁度アプローチライト上)を撮影していますが、羽田では通常このアングルでは撮影出来ないので、この展望台は飛行機ファンには嬉しい場所です。

夕暮れ時で、もう少し雲が薄ければ見事な夕焼けになっていたかもしれませんね。しかし自然はこちらの思うようにはなりません。

L1001678
ANA B767-300 (JA8342)

「坂の上の雲」のラッピングジェットです。タイミング良く来てくれました。出演者の顔写真が描かれています。

L1001690

さてこの展望台、3階には工事方法の紹介などが展示されておりますし、D滑走路を間近に見る事が出来ますから、工事の進捗状況も自分の眼で見る事が出来ますよ。先日モヒカンジェットを撮影した場所、浮島はここから見ると左斜め前になります。

ただ飛行機撮影ファンにとって残念なのはタッチダウンの瞬間が撮影出来ないのです。何故なら手前に全日空の整備工場が在るからなのです。もっともこの展望台は臨時で一般公開しているだけで、D滑走路が完成した時にはなくなるそうです。

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

« 京都・瑠璃光院 | トップページ | 京都・上賀茂神社 »

コメント

おはようございます♪
オレンジ色の空に飛行機、素敵ですね~
最後の小さく写った飛行機も、いいですね~
こうして何度も洗脳されていると、そのうち飛行機を撮りに行ってしまうかもしれません^^

koukoさん、おはようございます。
飛行機は青空や朝焼け、夕焼けにピッタリです。曇天が一番つまらないです。(笑)
お、少しずつ洗脳されて来ましたか? いいですねぇ・・・、手っ取り早く撮影出来るのは羽田の展望デッキです。交通のアクセスも良いところですから、話しのタネに一度トライしてみて下さい。

こんばんは。
赤みを帯びた夕暮れ時の空を見るとホッとします。
私にとって、何よりもそれが一日を無事に終えた時の象徴に他ならないからです。着陸するジャンボの姿が見事ですね。
実は今年の4月末まで2年ほど、この羽田D滑走路工事の仕事に携わっておりました。前半が溶接のマクロ試験、後半が検査成績書作成といった裏方がメインですが・・・。羽田現地は元より工場の現場にも殆ど顔を出さず、書類に埋もれた日々で佳境に入る前半は月60〜90時間の残業で、手直し・修正の連続で結構、泣きが入りました。安定するとその仕事は後輩に譲り、5月から10月末までは新規事業のため関西方面に出向しておりましたので、現地見学会は元より、盛大な完遂式(工場レベルでの)、身内での打ち上げには一切呼ばれませんでした。(。>0<。)

こんばんは。
いやー、ピカチュウジェット、凄いですね。昔に比べると大胆なアレンジになっているんですね。チョッと感動。
これだけ大胆にやってくれると素人にもコレクション性が高まりますね。

鯖猫さん、こんばんは。
羽田の工事に携わっておられたのですか! まさか私のブログをご覧頂いている方の中に関係者がいらっしゃるとは・・・、いや嬉しいです。
地盤の緩いところにあれだけの滑走路を作るなんて、ホントに人間の技術と努力は凄いものがありますね。
来秋、オープンしたら鯖猫さんもいろいろな事が思い浮かぶのではないでしょうか。

Kenclipさん、こんばんは。
ピカチュウジェット、とにかく真黄色ですから遠目でもハッキリ分かりますよ。
全日空の特別塗装は昔から結構派手派手が多いですね。

こんにちは。
夕焼け空のピカチュウジャンボ。なかなか見ない組み合わせですね。

ビワさん、
背景が更に焼けて、真っ赤だともっと素晴らしいと思うのですが、ちょっと欲張りですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・瑠璃光院 | トップページ | 京都・上賀茂神社 »