« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月24日 (木)

釧路のタンチョウ(2)

Img_0079

私にとっては久々の野鳥撮影でした。野鳥、小さい種類の中での一番人気はなんといってもカワセミだと思います。大きい種類では鷲や鷹かもしれませんが、日本最大級の野鳥はタンチョウなのです。私は以前からタンチョウを撮影したいと思っておりましたので、それがようやく実現したわけです。

今回はビデオ撮影がメインで行きましたが、合間合間にEOS 7Dでもスチル撮影を致しました。ですから撮影枚数としては少なかったです。

Img_0106

タンチョウ、漢字では丹頂と書きますが、実は丹頂鶴という呼び方は間違いなのです。タンチョウという語は元々アイヌ語で鶴の意味なんだそうです。ですからタンチョウ(丹頂)と呼ぶのが正式な呼び名になります。

Img_0185

釧路空港に向かう途中、機長のアナウンスがあり、JALを利用して頂いたお礼の言葉の後は如何の通り。「ただ今福島市内の上空11500mを巡航速度930kmで釧路に向かっております。釧路の天候は晴れ、気温は摂氏マイナス10度となっております」との事でした。寒かったわけです。(笑)

Img_0261

釧路空港に着いてからは予約していたレンタカーに乗って釧路湿原方面へと向かいました。北海道の移動手段は車しかありませんですからね。雪道の運転は昨年12月、美瑛を訪れた時以来でして、やはり気を遣いますね。

今日は飛翔シーンを中心に掲載致しました。来年、また行きたいです。

Canon EOS 7D + EF 70-200mm/f4L IS USM

2009年12月23日 (水)

釧路のタンチョウ

Img_0274

昨日は北海道釧路へ、日帰りでタンチョウの撮影に行って来ました。帰りの飛行機、燃料系統に不具合が出た為、整備で出発が大幅に遅延し、更に今度はダメ押しで羽田滑走路整備のため管制塔から茨城県上空で待機を命じられ、羽田着がかなり遅れてしまいました。

Img_0085

深夜帰宅のため写真をじっくり整理する時間が取れなかったので、今日はざっと見た中から三枚を掲載致します。

Img_0122

タンチョウ、初めて見ましたが、綺麗でしたねぇ・・・。日本では北海道にしか生息していませんので、本物を見る為には北海道へ行くしかないのです。昨年冬に行こうとしていたのですが、美瑛に行ったりしてタンチョウは見る事が出来なかったので、ようやく自分の眼で見る事が出来ました。

一枚目は日が落ちて来て、撤収する直前に撮影したものです。この一枚が自分では気に入りましたので、ご覧頂きたいと思います。

Canon EOS 7D + EF 70-200mm/f4L IS USM

2009年12月17日 (木)

B787、待望の初飛行!

Boeing_b787

昨日のニュースで採り上げられておりましたのでご存知の事と思いますが、ドリームライナーことボーイング B787が日本時間の昨日早朝、ようやく初飛行まで漕ぎ着けました。しかし当初の予定より2年以上も遅れていたわけで、文字通りようやく・・・という感じです。

機体の約50%に日本の東レが供給している炭素繊維が使われており、燃費を従来機より約20%も節約出来るそうです。まさしく「空のエコ」ですね。その他三菱重工業が主翼を、川崎重工は前部胴体と、日本の技術が相当入っている旅客機です。

ニュースによると世界約60の航空会社から865機の受注をボーイング社は受けているそうで、その中でも全日空は55機を発注。来秋には1号機がデリバリーされる予定なんですが、無事に行ってくれたら良いなぁ・・・と鶴首している私であります。とにかく私は早く乗りたいのです。

順調に行けば恐らく世界各地へのテスト飛行が行われる筈で、日本にも飛来して来るものと思われます。早く見てみたいですねぇ・・・実機を。来る時は仕事を放っぽりだしてでも見に行きますよ。(笑)

Eos7d

話しはガラッと変わりまして、昨日の記事の最後に書いた新規購入のカメラはご想像通りEOS 7Dです。「え!? 何故?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんですね。D300sとどちらにするか、ずっと迷っていたのですが、結局少ないとはいえ手持ちのレンズを生かせる事と、ビデオカメラが使えない時にフルHDの動画が撮れる事、以上が7Dを選んだ理由。

それと迷っている一ヶ月の間に不人気のせいか7Dの売価が右肩下がりに落ちて来た事も大きな購入理由のひとつ。ちなみに私の購入価格は某量販店で交渉したら 154,000の24%ポイント還元でした。単純にポイント還元を値引きと判断すると、117,000円くらいになるので、これならまぁいいかと。

発売後、某雑誌のテスト結果からファインダー視野率がカタログに謳われている100%には達していないとか、連写すると前のコマの残像が残ったり、更にはコマ速がカタログ値の8コマ/秒出ていないとか、とにかく発売以来ユーザーのクレームは後を絶ちません。(笑)

それなのに何故私は購入したか。何度もここで書いているように、キヤノンさんは 1系とその他のカメラ、という線引きをハッキリと打ち出しているメーカーで、中級機に大きな期待を持つユーザーの方がキヤノンさんの意向をわきまえていないと思っています。ですから実質10万円そこそこのカメラに 1系と同じ100%を期待する方が間違っていると思うわけです。もっとも当初カタログにはハッキリと100%としていましたので、これは問題ですね。最近になって約100%と修正しましたが。

残像の件はファームアップで修正された事と、コマ速も7コマ/秒も出ていれば充分過ぎるくらいと思っていますので、「実用機」として購入しました。例によって手元に来ても何の感動もなかったですが。未だにバッテリーすら充電しておりません。(笑)

代わりに5D2が手元から離れて行きました。フルサイズを手放してAPS-Cに逝くのは珍しいかも。ビンボーが憎い・・・(;_;)

2009年12月12日 (土)

JAL「空のエコ」プロジェクト

Jal_051
JAL B777-300ER (JA731J) 成田空港

日本航空が始めた「空のエコ」プロジェクト。次世代に豊かな環境を残す目的で、「環境社会活動の推進」、「航空機から排出される二酸化炭素量の削減」、「JALエコジェットの運航」の三つを旗印に挙げています。

Jal_52

温暖化による地球環境の変化が叫ばれてから結構経ちますが、「エコ」という言葉をそこかしこで聞くようになりましたね。

Jal_53

機体後部をトリミングして掲載していますが、ご覧のように取り組みの象徴として尾翼を緑に塗装しています。そして胴体には同じく緑色の紙飛行機が描かれています。この紙飛行機、小さく見えますが、これで長さ 7m、高さ 2mの大きさで描かれているなんて、ビックリです。

Jal_54

日本航空といえば太陽のアークを示す赤い尾翼がトレードマーク。それを緑にするだけで随分と印象が変わりますよね。

Jal_55
JAL B777-200 (JA8984) 羽田空港

こちらは国内線のエコジェット。赤で見慣れているせいか、何か新鮮に感じますね。

そうそう、私の収入もすっかりエコになっています。(爆)

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月11日 (金)

成田空港飛来機(2)

L1001717
タイ国際航空 B747-400 (HS-TGP)

今日も昨日に引き続いて成田に飛来している飛行機です。こちらはタイ国際航空のジャンボ機です。国内を飛んでいるジャンボ機との違いがお分かりになりますでしょうか? 日本航空も全日空も、国際線のジャンボ機はこの型で、通称ダッシュ400と言われています。国内線に使われているのは基本的にはダッシュ400D。Dが付くと両翼の先端、ウィングレットがありません。このウィングレットが付くだけで風の抵抗が違うそうで、長距離用のB747です。

L1001724
スイス航空 A340-300 (HB-JML)

スイス航空と表記しましたが、本来のスイス航空は破産倒産してしまいましたので、現在は別の企業がスイス航空の資産を受け継いで運営しています。昨日のヴァージン アトランティック航空の細長いA340-600と同型機で、こちらは胴体縮小型と言って良いでしょうか。

L1010007
ユナイテッド航空 B747-400 (N122UA)

こちらはアメリカを代表するエアラインのひとつ、ユナイテッド航空のジャンボ機。成田で飛行機ウォッチングをしていると、まだまだジャンボことB747は数多く飛来して来ます。大量輸送に向いた飛行機ですから、もうしばらく現役で使われるのでしょう。

L1020025
アエロフロート カーゴ MD-11F (VP-BDQ)

ロシアの貨物機がテイクオフするところです。アエロフロートも初めて撮影しました。3発機MD-11はマクドネル・ダグラス DC-10の発展型ですが、私はDC-10が好きで日本航空機が退役する時に3回も乗りに行きました。(笑)

L1020033
エールフランス B777-300ER (F-GSQA)

今日の最後はお馴染みエールフランスです。このトリプルセブンはダッシュ300ERで、ダッシュ300の長距離用です。ERは両翼の先を見ると通常のダッシュ300とは違いますので、見分けやすいと思います。日本航空、全日空とも国際線のトリプルセブン、基本的にはERタイプが使われているようです。

このところ飛行機が続いていますね。(^^;

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月10日 (木)

成田空港飛来機

L1020017
ガルーダ・インドネシア航空 A330-300 (PK-GPE)

成田空港や関西空港に行くと、国内線中心の羽田空港では見られないエアラインを見る事が出来るので、たまに行くと飛行機ファンの私は嬉しくて仕方ないです。(笑)

今回、四年振りくらいで成田空港周辺に行きましたが、一番興奮したのは昨日の巨大旅客機、エアバス A380ですが、その他にも初めて見るエアラインも幾つかあり、久々に飛行機ウォッチングを楽しみました。

L1020021

その中でもこのガルーダ・インドネシア航空のカラーリングは素晴らしいですね。初めて撮影したエアラインですが、これは気に入りました。インドネシアの美しい空(ブルー)、海(アクア)、自然(グリーン)を表した塗装だそうです。素敵な色合いですよね。

L1001759
ブリティッシュ エアウェイズ B747-400 (G-CIVS)

英国を代表するエアラインで、ロンドン・ヒースロー空港が本拠地。映画「007シリーズ」でも時折ボンドの搭乗シーンなどが出て来たりしています。

L1020055
ヴァージン アトランティック航空 A340-600 (G-VFOX)

こちらも英国のエアラインで、今回初めて撮影出来ました。日本では成田だけに来ているので、ここでしか見る事が出来ません。この写真はエアバス初の四発機で、機体長は世界最高を誇る全長75.3mです。昨日のA380やボーイング B747よりも、長さだけは勝っているのです。余りにも細長いので、何かの拍子に真ん中からボキッと折れはしないかと、要らぬ不謹慎な心配をするほどのスタイルです。

L1010022
デルタ航空 A330-300 (N819NW)

今お騒がせ日本航空のニュースで度々お耳にした事があると思われる、世界最大のエアライン、デルタ航空です。写真は夕暮れ時でオレンジ色の夕陽を浴びたエアバス A330-300型です。アメリカの航空会社も結構エアバス社の機材を使っているようで。米ボーイング社としては苦々しく思っているかも。

ところで飛行機撮影というとキヤノン、ニコン両社の一眼レフで占められていますので、私のようにライカの一眼レフなどを使っているのは珍しいせいか、どこ行ってもジロジロとカメラを見つめられてしまいます。恥ずかしいですが、素知らぬ顔をしています。(笑)

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月 9日 (水)

エアバス A380

A380_00
シンガポール航空 A380-800 (9V-SKG)

成田へ一泊の出張をして来た為に、昨日は予告なきお休みを頂いてしまいました。で、今日は以前より撮影してみたいと思っていたシンガポール航空の総2階建て旅客機、エアバス A380をようやく撮影出来ましたので、早速掲載致します。

A380_02

いや〜・・・、恥ずかしながら私は大変興奮してしまいました。飛行機撮影でこんなに興奮したのは未曾有の事です、って・・・そこまで大袈裟に言わなくても良いのですが、かなり血圧は上がったと思います。(笑)

A380_03

初めて見るこの巨大旅客機。地上で見る様はまさに威風堂々という言葉がピッタリ。しかしずんぐりむっくりとしたその姿は、スマートとかエレガントという言葉とは正反対。

A380_04

現時点ではボーイング 747を抜いて史上最大、世界最大の旅客機なのです。その目出たい完成1号機を受領したのはシンガポール航空。そのシンガポール航空が10機、エミレーツ航空が5機、カンタス航空が4機保有しており、最近四番目のエアラインとしてエールフランスが初受領しましたので、現在世界中で20機のA380が大空を飛んでいる事になります。

A380_05

ちなみに現在日本の航空会社からのオーダーはありません。火の車の日本航空は無理としても、全日空が1機くらいオーダーしても良いような・・・。調べてみたらお隣韓国の大韓航空が現在10機もオーダーしているのにビックリ。その他タイ国際航空、中国南方航空もオーダー中です。

A380_07
A380-800 (9V-SKJ)

如何ですか? このスタイル。タキシングの速度が他機と違って実にゆっくりとしていて、ホントに威風堂々という感じでした。ほぼ正面から離陸シーンを撮っていた時の事、なかなか機首が上がらないので、「え! まだ? ええ! まだなの・・・?」と要らぬ心配をしちゃいました。(笑)
そうそう、エールフランスのA380も見たいですねぇ・・・。

全長 : 73m
全高 : 24.1m
翼幅 : 79.8m
最大離陸重量 : 560,000kg
最大速度 : マッハ 0.89(約1,090km/h)
巡航速度 : マッハ 0.85(約1,041km/h)
巡航高度 : 13,100m
航続距離 : 15,200km
離陸滑走距離 : 3,000m前後
着陸滑走距離 : 2,100m

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月 6日 (日)

「龍馬伝」ジェット

L1001633
ANA B767-300 (JA8322)

以前、ちょこっとご紹介した全日空のラッピングジェット、「龍馬伝」です。歴史上でも坂本龍馬は人気がありますが、来年の大河ドラマはこの坂本龍馬に焦点を当てたドラマのようです。

L1001610

プッシュバックに入る直前、コックピットからキャプテンが手を振ってくれました。

L1001611

高知龍馬空港に向けてプッシュバック開始。

L1001613

PRの部分をアップで撮影。後ろには今降りて来たばかりのプロペラ機、ボンバルディアから乗客がタラップを降りて来て迎えのバスに乗るところです。

L1001620

グランドスタッフの皆さんに見送られてタキシングに入ります。この機体は「赤い羽根、共同募金」のマークが入っていますね。

L1001625

ここからタキシングコースに入って、海側Cコース34Rに向かいます。そしてテイクオフの瞬間が一枚目の写真です。
今日は妙に説明的な写真の連続になってしまいましたね。(笑)

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月 3日 (木)

京都・瑠璃光院

P971
京都市左京区、瑠璃光院

るりこういん・・・、名前からして京都奥山中にひっそりと佇んでいる雰囲気を感じませんか? 新緑の美しい春と、紅葉の時季だけ一般に特別公開しています。蓮華寺も山の中に佇む地味目のお寺でしたが、瑠璃光院も負けず劣らず、ひっそりとしたところでした。

P945

拝観者は女性が多かったですが、さもありなんという雰囲気を醸し出しています。

P955

書院二階からカメラを床に置いて撮影。

P960

紅葉をバックに記念撮影。

P987

臥龍(がりょう)の庭を望む。奥は茶庵「喜鶴亭」。三条実美公ゆかりの由緒ある茶室だそうです。

P10007

紅白の錦鯉とモミジ、なにかピッタリだと思いませんか?

最後にドジ話しを。蓮華寺から瑠璃光院へと歩いている最中、ベルトに吊るしている筈の携帯電話がない事に気付き、一瞬顔面蒼白に。携帯電話を入れている専用ケースはベルトに挿すタイプ。過去にも電車や車で座っているとベルトから外れてしまう事が何度もあり、今回は京都市内のバスか叡山電鉄の中で落としたに違いないと・・・。

tamuraさんや周りにいたオフ会参加の方が一様に心配をしてくれたのですが、仕方ないと諦めて歩き始めたら何やら後ろでポトリ。それはケースに入った携帯電話。何の事はない、ショルダーのカメラバッグに押されて体の横から後ろにズレていて、そのうちバッグに押されてベルトからポトリと落ちたのです。何とも冴えない顛末でした。(笑)

Panasonic DMC-GF1 + G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

2009年12月 2日 (水)

モヒカンジェット

L1001597
ANA B767-300 (JA602A) 川崎・浮島にて撮影

昨日12月1日から、全日空が期間限定の特別塗装機、モヒカンジェットをリバイバル就航させました。上手い具合に自分の休みと重なったので、早速撮影しに行って来ました。第1便はANA603便として羽田発、宮崎行きで、午前9時5分の出発。寝坊した為これには間に合わなかったので、宮崎からの折り返し便を川崎浮島で待ち構えたわけです。

L1001589

午後1時羽田着ANA608便がほぼ定刻通り木更津上空から東京湾を通過してRW34Lにアプローチして来たところです。

午前10時半頃からここでビデオ撮影とスチル撮影をしていたのですが、午前中は北からの強めの風で寒かったですねぇ・・・。昼過ぎくらいから風もややおさまり、やや楽になりました。その頃から一気にカメラマンが増えて来ましてビックリです。普段はひっそりとしたところなのに。

浮島でモヒカンジェットのアプローチを撮影後、今度は羽田空港の駐車場へ車を入れ、第2ターミナルへと向かったのです。今度は鹿児島行きで飛び立つモヒカンジェットを撮影する為で、実に忙しいですね。(笑)

L1001641

羽田の展望デッキもいつもより人が多かったですねぇ・・・。ほとんどの人がカメラを持っていましたから、やはりモヒカンジェットを撮りに来ていたのですね。前述したように浮島でも12時を過ぎた頃からぞろぞろカメラマンが増えましたから。

若い女性もちらほらおりまして、私の隣の女性はEOS 50Dに100-400のLレンズで撮影していました。喋る言葉がなんとなんと関西弁というより大阪弁!? モヒカンジェットの撮影のため大阪から来たのでしょうか?

L1001650

これまた定刻通り、鹿児島に向かってテイクオフの瞬間です。スローシャッターで流し撮りしようと思ったら最小絞りでも速いシャッターが切れてしまうので、諦めました。

L1001669

ちなみに全日空の説明によると、「ANAモヒカンジェットは1969年5月から20年間、日本の空を就航しました。高度経済成長期で宮崎、鹿児島への新婚旅行など、航空機での旅行が一般的となった時代。20年ぶりに復活するANAモヒカンジェットをご利用下さい」との事。

このモヒカンジェット、お馴染みのANAトリトンブルー機の中では異彩を放っておりますから、羽田にお越しの際は注意していればご覧になる事が出来るかもしれませんよ。

LEICA R9 + Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 + DMR

2009年12月 1日 (火)

京都・蓮華寺

P1000868
京都市左京区、蓮華寺

智積院を後にして、次なる目標は蓮華寺。1662年、この地に興したとありますから、小さいながらも歴史がありますね。

P1000897

なかなか落ち着けるところで、他の紅葉名所とはひと味違った良さがあります。

P1000855

モミジの間からニョキッと松が出ている光景にパチリと。

P1000902

ひなびた感じが南禅寺のようなところとはまた違った良さがあります。

P1000848

モミジとイチョウのコラボレーション。

P1000911

P1000921

なんて事はない写真ですが、モミジの影が映り込んだ様子に惹かれて撮影したものです。

しかし、ここから瑠璃光院辺りは実に底冷えのする陽気でした。洛北辺りは京都市内より結構気温が低いのですね。

Panasonic DMC-GF1 + G VARIO 14-45mm/f3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »