« B787、待望の初飛行! | トップページ | 第九交響曲 »

2009年12月18日 (金)

マイクロドライヴ

Md

デジタル一眼レフに使われるメディア、入門機から中級機は現在SD(SDHC)カードが主流ですが、ハイアマからプロ機になると未だ主流はコンパクトフラッシュ。実は私、そのコンパクトフラッシュタイプについては今もマイクロドライヴを使っています。

写真は大分前に購入したCFケースなんですが、ご覧のように4GBのマイクロドライヴが2枚と、1GBのマイクロドライヴが1枚入っています。今となっては転送速度もそう速くはありませんし、なんと言ってもハードディスクですからいつ壊れても不思議はないのですが、捨てるわけにはいかず、愛用しております。

Md_01

このマイクロドライヴを最初に使ったのは確かニコン D1Xでした。IBM 1GBのもので、ヨドバシさん価格で3万7千円くらいしたのではないかと。以後、EOS 5D、5D Mark II、ニコン D3など、すべてマイクロドライヴを中心に使って来ました。

Md_02

今回入手したEOS 7Dにも当然このマイクロドライヴを使うわけですが、或る意味いつ壊れるか分からないハードディスク、少なからず冷や冷やしながら使っているわけです。それなら安全性の高い高速なコンパクトフラッシュを買えば良いではないか、と言われてしまいそうですね。(笑)

2枚の写真はニコン D2Hに入れてガンガン使っていた頃に撮影したものです。懐かしい・・・。

« B787、待望の初飛行! | トップページ | 第九交響曲 »

コメント

おはようございます。
コンパクトフラッシュは、ニコンのコンデジの頃に使っていましたが、いまはすっかりSDです。小さくて便利ですが、心許ない感じではあります^^ 最後のお写真は、すてきですね。飛行機がふわっ~っと浮いている感じがわかります。見ている分には、すてきだな~と思うのですが^^;

koukoさん、おはようございます。
そうでしたねぇ・・・、私のCOOLPIX 990にも64MBのCFを入れて使っていました。64MBでも当時は大容量だったのですが。
最後は大阪伊丹空港ですが、この頃はよく伊丹に通っていました。月に2回行ってた事もありますから。(笑)

おはようございます。
ああ〜完全にSDになりましたね!
最後の写真、いいアングルですね。

ramble-leicaさん、こんばんは。
私もSDは最新のカードを数枚持っているのですが、CF関係はご覧の通りの古いものです。最新のを買い足しするかどうかは来週の撮影次第です。

こんばんは。
私のデジタル一眼の時はD200で止まってしまっており、その中に装填されているのは件のマイクロドライブであります。(さすがにCFもありますが…)

Kenclipさん、こんばんは。
おお、お仲間がいらっしゃって嬉しいです。
4GBのMDは価格のわりに大容量という事で、出た当初は実にコストパフォーマンスの高いものでした。
一時ネットで話題になった、某社のミュージックプレイヤー内蔵のモノを取り出して使うと、単体で4GBを買うより遥かに安く済んだのです。私の2枚はそれです。(笑)

こんにちは。
今もマイクロドライブをお使いですか。製品寿命というものがありますからね。気をつけて使ってください。衝撃に弱いというのは有名ですが、温度や湿度とか、とにかく環境の影響を受けやすいですから。
コンパクトフラッシュ、一番容量が少ないものでも2GBですね。しかもSDカードより割高。大容量化もいいですが、小容量タイプはSDカードと同程度の値段にして欲しいです。ニーズが無いのでしょうかね。

ビワさん、こんばんは。
はい、いつか寿命が来るだろうと思い、冷や冷やしながら使っています。時々パソコンに転送出来ないファイルが出て来たりしていますので、そろそろ危ないかな・・・と思っています。
しかしいずれはSDHCカードに統一されて行くような気がするのですが、どうなのでしょうね。プロ機もCFとSDの2枚差しが出来る機種が出ていますし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« B787、待望の初飛行! | トップページ | 第九交響曲 »