« 成田エクスプレス | トップページ | 冬の牡丹 »

2010年1月14日 (木)

Macよ!Blu-rayを!

Imac

今日は個人的願望を・・・。私がアップル社に切に望んでいるのはBlu-rayを早くサポートして頂きたいという事です。

一昨年、Blu-rayに対抗して自社開発のHD-DVDで孤軍奮闘していた東芝さんがHD-DVDから撤退を表明し、次世代光ディスクはBlu-rayに統一された事はご存じの通り。その東芝さんも昨年夏だったか、とうとうBlu-ray傘下に参入し、秋冬モデルのパソコンからBlu-rayドライヴを搭載し、さらにはつい先日、Blu-rayレコーダーを近い将来発売する事を表明しました。

かつてHD-DVD傘下に入っていたユニバーサル映画も現在はBlu-rayで映画ソフトを発売しており、メジャーで未だBlu-ray傘下に参入していないのはアップル社くらいになっているのです。来年7月のアナログ放送終了を前にして液晶、或いはプラズマのハイビジョンテレビも右肩上がりで売れているという。当然の事ながらBlu-rayレコーダーの方は右肩下がりに価格が落ちて来て、これまた飛ぶように売れているようです。

Win機の方は売価が10万そこそこでBlu-rayドライヴが搭載されているというのに、愛するMacはハイエンド機ですら未だDVDドライヴなんて・・・。かつて単体のBlu-rayドライヴは10万円以上していましたが、現在は2万円そこそこで売られているのですよ。もう、時代はDVDからBlu-rayに世代交代していると言っても過言ではないと思います。

ご存じのように私は最近ハイビジョン動画もスチル写真と同じように積極的に撮影しているのですが、Macで編集してもDVDでしかディスクに焼けないとなればMacで編集する意味がないわけです。で、やむなく現在はBlu-rayドライヴを内蔵したノートパソコンで編集するようにしています。

P1010212

Adobe Premiere Elements 8.0とAdobe Photoshop Elements 8.0をセットしたパッケージを買って来ましてインストールしてあります。動画編集ソフト、Premiereはプロ版でなくともこのElementsで私が必要とする機能は充分積んでいますので、これで満足しております。このノートで編集し、Blu-rayに焼いております。

本来ならデスクトップタイプのスペックの方が編集に向いているのですが、私の部屋には置くスペースがないのでノートにしております。このノートはグラフィックに専用のATI RADEONのチップ(ビデオメモリ 512MB)を積んでいるのと、このチップがハイビジョン動画支援機能をサポートしているので、ノートとは言いながらそれほどストレスなくハイビジョン動画を編集出来るのが有り難いです。

しかしながらMacがBlu-rayをサポートしていたならわざわざWin機をまた導入する必要はなかったのです。業務でMacを使っている方々もBlu-rayをそろそろ必要としている事と思います。アップル社よ、早いところBlu-rayをサポートして下さいませ。次期 iMacがBlu-ray搭載で発売されたら早速買い換えますよ!

« 成田エクスプレス | トップページ | 冬の牡丹 »

コメント

おはようございます。
ノートPCの画面に映ってるのが、動画編集の様子ですね。すごいな~。お仕事みたいですね^^
Macは、ずっと以前仕事で使っていましたが、いまではWindowsでないと仕事にならない状況です。個人的にはいいなあと思うのですが、Blu-ray問題もさることながら、お値段が・・・^^;

koukoさん、おはようございます。
ビデオ編集と申しましても、そう凝った事はやっていないので、どなたも出来る事であります。
一般の会社でMacを使っているのは出版社関係でしょうか。
Macのお値段ですが、今は随分安くなっていますよ。iMacですと11万円くらいで高性能なモデルが買える時代になりましたから。

KONDOHさん、こんにちは。
私のMac ProはBlue-rayドライブをセカンドベイに搭載しています。今のところBlue-rayソフトを再生するソフトがMacではありません。でもBlue-ray自体は焼けます。Toast Titanium 10で可能です。私もバックアップ用に焼いたことがあります。あとFinal Cut Proは最新版でBlue-ray対応しています。まだ焼いたことはありませんがメニューがあります。アップルがBlue-rayになかなか踏み切れないのはライセンスがらみの件があるとの話をアップルストアで聞きました。でもそのうちBlue-rayソフトが出るのは時間の問題だと思います。
それから26日にアップルからタブレットタイプの新製品が出るとの情報があります。お楽しみに。

Kazuさん、こんばんは。
Toast Titanium 10でBlu-rayが焼ける事は知っておりました。これを使うために改めてドライブとソフトを買わなければいけない・・・という事で二の足を踏んでいるわけなんです。
かつてWinだけを使っていた際は外付けや内蔵ドライブを新型が出る度買い換えておりました。しかし結局それが後で無駄になっていましたので、Macでは手を出しておりません。アップルが正式にサポートし、内蔵されるのをじっと待ちます。(^^;

こんにちは。
Macでも雪豹ならBDにデータを直接書き込めるらしいですが、相変わらず映像の再生ができないのが致命傷なんですよね。そろそろiMacやMacBookProあたりは内臓してもいいのではと思います。ひょっとして、Intelの新CPU(Core i5/i3)&新チップセットへの対応と同時に行うとか。Windows用なら薄型の外付けドライブがバッファローやIOデータから出ているので、物理的には問題ないと思うのですがね。

ビワさん、こんばんは。
やはり映像の再生が出来ないと・・・。次期 iMacに期待しているのですが、どうでしょうかねぇ・・・?
ドライブ自体はもうコストがどうのこうの・・・という事はないですから、やはりソフトウェア的なものでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田エクスプレス | トップページ | 冬の牡丹 »