« 松竹映画「なつかしい風来坊」 | トップページ | 春よ来い! »

2010年1月31日 (日)

大口径の魅力

P110mm_65
Planar T* FE 110mm/F2

昨晩もBSフジで放送された「全国百線鉄道の旅、近鉄線」という一時間番組を見てしまった。奈良で自分も乗車した事のある電車が登場したりして、なかなか面白かったです。いろいろな電車を見ていると自分も乗りたくなりますねぇ・・・。

さて、今日の話題は大口径、所謂開放値の明るいレンズの事を。35ミリ判で大口径と言うならF1.4以上の明るいレンズと言って良いでしょうか。中でも標準50mmのF1.4がもっとも普及している大口径レンズでしょうね。次が35mmや85mm辺りのF1.4になるでしょうか。

しかし中判用レンズでF1.4を求めたら大変な大きさのレンズになってしまいまから、中判ではF2.8でも大口径の範疇に入るでしょう。ところがハッセルやローライフレックス(一眼レフタイプ)のフォーカルプレーン用にはカールツァイスのPlanarに110mm/F2という明るいレンズがありますね。大きく重いですが、私も大変気に入っているレンズです。

Fe_50_1
Distagon T* FE 50mm/F2.8

そして広角50mmにもF2.8という大口径があるのですが、このレンズはとにかく巨大です。巨大過ぎて私も持ち出すには結構勇気が必要で、このレンズを持ち出す時は他のレンズはお留守番です。車移動でしたら問題ありませんが、お散歩写真に向いた大きさではないですから。

ですが大口径は開放付近で大きなボケを楽しめますし、一絞りでも明るいという事は日が落ちて来てから一段速いシャッターが切れるという大きなメリットがあります。明るいレンズが好きだ、と言うなら重さなんて気にするな、ですね。(笑)

二枚とも撮影ボディはHASSELBLAD 203FEです。

« 松竹映画「なつかしい風来坊」 | トップページ | 春よ来い! »

コメント

Planar T* FE 110mm f2このレンズの噂はよく聞いています。503CWにはつかないのですがこのレンズで撮りたいためにボディを調達なんて話を聞きます。私はPlanar CF 110mm f3.5あたりを家族のポートレート用などに手に入れようか迷っています。今はPlanar C 80mm f2.8で十分なのですがそろそろレンズ沼の誘いが・・・。

おはようございます。
目の毒ですね~^^; 50mmのディスタゴンは、一番ほしいレンズです。一枚めはボケ具合も、色も柔らかくてすてきな雰囲気ですね。ハッセルのお写真を見せていただくのは、とてもうれしいです。

Kazuさん、おはようございます。
フォーカルプレーンはレンズシャッターの制約がないので、一段明るいレンズが用意されています。その分大きく重くなるのですが、どれも秀逸です。
f3.5ですと先日品川駅で使った100mmだと思うのですが、これも良いレンズです。是非、ご入手下さい。

koukoさん、おはようございます。
500系用の50mmはf4になりますので持ち運びにも苦にならないと思います。50mm/f4も多くのユーザーから親しまれている銘レンズですから、いつかご入手下さい。
ハッセルはどれも皆良いレンズばかりなので、切りがないですけど。(^^;

こんにちは。
自分もPlanar 110mm/F2はお気に入りで、KONDOHさんのより古いF110mm/F2です。
ポートレートで有名なレンズですが、F2開放で夜景を撮っても、F16で風景を撮っても優秀なレンズです。
FE 50mm/F2.8以外のFレンズはほぼ揃っているのでこのレンズも欲しいのですが・・・その前に使ってやらねば。

こんにちは。
鉄道がメインの被写体だったとき、光量が少ない時間帯に高速シャッターを切りたい、あるいは何とか写って欲しい夜明けや黄昏時となると、重さや価格を考慮しても、どうしても大口径レンズを選んでしまいました。
ハッセルなら絶対、明るいレンズのある200系統だ!と考えておりましたが、高価過ぎて諦めました。
ライカS2も、その内F2クラスのレンズを揃えるのでしょうか?

私も広角が好きで撮影しますが広角は捕まえにくいですね。
2枚目のDistagon 50mm/F2.8の画像はさらに接近すると歪みが目立ちますが6×6cm判での踏切の雰囲気があり面白いですね。

harasawaさん、こんばんは。
110mm/F2はホントに素晴らしい性能だと思います。私の場合はこれを使いたいからF系に逝ったと言っても過言ではないです。
FE50mmはとてつもない大きさですから、購入には躊躇してしまいますね。harasawaさんはズームをお持ちですから、それほどFE50mmの必要性はないかと思うのですが・・・。

鯖猫さん、こんばんは。
やはり屋外の撮影で光量が乏しくなると大口径レンズが必要となりますよね。最近のデジタルは高感度にも強いですから、明るいレンズを使うと手持ちで結構行けるので便利になりました。
ハッセルのF系、中古市場でもモノが少ないですし・・・、おまけに高いですから、やはり普通は500系ですね。
ライカS2、どうですかねぇ・・・?

TOKIWAIさん、こんばんは。
広角レンズは使いこなすと面白いのですが、逆に難しいレンズでもあります。
真四角の広角は不思議な雰囲気になりますので、面白いです。

こんにちは。
中判だと、さすがのツァイスでもF2が限界のようですね。それでもF4くらいが当たり前の世界ですから、F2.8くらいでも十分明るいと言えますね。
カラーの作品、大口径中判写真の醍醐味がたっぷり味わえますね。
50mmF2.8をネットで調べたら、35mm版の21mmF2.8を大きくしたような感じですね。フィルター径って93mmもあるんですか。まるで大砲ですね。

ビワさん、
中判のF2はもう完全に大口径と言って良いと思います。おっしゃるようにF4でもまぁまぁの世界ですものね。
110mmはボケも綺麗なので、手放せないレンズです。
50mm/F2.8はおっしゃるようにヤシコン 21mm/F2.8を巨大にしたスタイルです。はい、フィルター径93mmです。(笑)
このレンズを装着して撮影している時、「テレビの撮影ですか?」って、2回尋ねられた事があります。(^^;
ウエストレベルで撮影していると業務用のビデオカメラに見えるのでしょうね。

ハッセルの大口径、いいですねぇ・・。大口径じゃなくてもハッセルはあこがれちゃいますが・・(笑)。なかなか中判カメラまで手が出せないままデジタル時代が到来してしまって、チャンスを逃した感があるのですが、やはり中判独特の使い心地というか、気合の入り方というか、写りの素晴らしさ以外にも中判を使う満足感ってあるのかも、などと最近思っています(おっと危ない・・)。

うっちーさん、こんばんは。
中判、良いですよ~・・・。上がったフィルムを見ると撮影した実感が湧きます。35ミリでスピーディに撮影するのもある種醍醐味かもしれませんが、中判でじっくり撮影するのもまた醍醐味のひとつだと思います。
特にハッセルはバコッ!という音の後にフィルムを巻き上げていると、如何にもカメラで撮影しているという感触を得る事が出来ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松竹映画「なつかしい風来坊」 | トップページ | 春よ来い! »