« 京浜急行再び | トップページ | 羽田空港大百科 AtoZ »

2010年2月21日 (日)

音楽CD四方山話

P1010256
フルトヴェングラー・メモリアル・エディション(TAHRA)

上のCD BOX、TAHRAというレーベルから発売(オーソライズ盤)された、ドイツ往年の名指揮者、ウィルヘルム・フルトヴェングラー(1954年没)の戦中、戦後のライブ、放送録音を集めたCD 40枚組みという大物BOXです。40枚組みでお幾らだと思いますか?

某外資系CDショップで31,840円(税込み)でした。一枚あたり796円ですよ! 昔、正規ルートを経ていない海賊盤(主にイタリア系)が沢山横行していた録音が、正規ルートで基本的には放送局等のオリジナルテープからのCDが一枚796円。CDも安くなりましたねぇ・・・。まぁ、クラシックに限りですが。

そのイタリア系の海賊盤をソースにしたCD(それでも日本のキングレコードからの発売!)と上記正規盤とで鳴き合わせをしてみたのですが、その音質の違いに愕然! もちろん正規盤の方が圧倒的に音が良いです。

しかし自分が生まれる前の演奏家の音源を聴く事が出来るなんて、ホント有難い事です。

P1010261

これもドイツ往年の名指揮者、カール・シューリヒトがシュツットガルト放送交響楽団を指揮した放送用の録音テープからのCD 20枚組みで、DVDが一枚特典として入っております。こちらはもっと激安で、4,990円です。一枚あたり約250円ですよぉ~・・・。こんな価格で販売して利益が上がるのかなぁ・・・と、心配してしまいます。(笑)

音の方も録音は古いながら、放送局のオリジナルテープからのCDですから、聴き難いという事はなく、しっかりとした音質です。ここ数年のクラシック、BOXものはとにかく安くなりました。ヨーロッパメジャーも例外ではなく、独グラモフォン、蘭フィリップス、英デッカ、英EMIも狂喜するような価格で輸入されています。良き時代ですねぇ・・・(^^)

以上二組のBOXは今年に入ってから購入したものですが、CDが安くなったお陰で枚数だけは増えるばかり。置き場所に困ります。(笑)

P1010262

もっとビックリしたのがこの↑CD BOX。ワーグナーの大作「楽劇/ニーベルンクの指輪 全曲」のCD 14枚組み。これはオペラですから歌手、合唱団も加わる大変経費の掛かる録音ですが、CD 14枚組みでなんとなんと・・・1,670円!

16,700円ではなくて、たったの1,670円です。一枚あたり119円。これが売られていた時のショップのキャッチコピーは確か「世界最安の指輪、1,670円!」だったと思います。ドイツの歌劇場での録音で、音も最新録音だけにきちんとしたものです。指揮者、歌手とも日本ではほとんど無名の人たちばかりですが、それでも1,670円ですからねぇ・・・(笑)

880j
MARANTZ CD880J(1988年発売)

一昨日、長年使って来たCDプレイヤーが故障したとこちらに書きましたが、そのCDプレイヤーが上の写真です。調べてみたら1988年の発売でした。私は発売直後に購入しましたから、およそ22年も使っていたのですねぇ・・・、自分でも驚きました。確か定価90,000円だったと思います。

自分にとって通算2台目のプレイヤーで、これの前はソニー製を使っていましたが、私のは見事「ソニータイマー」が働きまして、一年経ったら故障しました。(笑)
で、買い換えたのが上記マランツ。ベルギー生産のもので、22年故障もなく良く動いていたものです。国産マランツは良く故障しますが、ベルギー製だったからこれだけ持ったのでしょうか?(笑)

実はCD880Jを数年使った後、オーディオ専業メーカー L社の定価35万円もする高級CDプレイヤーを購入した事があります。オーディオ雑誌で某評論家が絶賛していたので、自分でも高級機を使いたくなって思い切って購入してみたのですが、これが35万円の音? という大変な期待ハズレ。エージングに時間を掛けたら変わるかもしれないとCDを回しっ放しで一ヶ月、音は全然変わらず・・・。結局9万円のCD880Jを残して35万円の方は売却した経緯があります。

ちなみにその評論家、現在も雑誌でテストリポートなどを書いておりますが、どの製品でもすべて絶賛しておりますから、まったく当てに出来ない評論家です。(-_-;)

このCD880Jは一頃良く言われたデジタル臭さがなく、アナログレコードを聴くような安心感があります。しかし22年も使っていたとは・・・。ところで昨日、もう一度CDを入れてみたら、まったく正常に音は鳴っていました。う~む・・・?

007

↑昨日WOWOWさんから届いた三月のプログラムです。表紙中央に『史上初!「007」シリーズ全22作品一挙放送』 とあります。すべてフルハイビジョン放送です。ブルーレイで未だ発売されていない作品がありますので、楽しみにしたいと思います。特に「女王陛下の007」かな。

« 京浜急行再び | トップページ | 羽田空港大百科 AtoZ »

コメント

おはようございます。
1枚千円しない、それも 14枚組みで1,670円というのには驚きましたが、40枚組、20枚組というBOXをたくさんお持ちのKONDOHさんにも驚きました^^
007シリーズ一挙放送には、ひかれますね。これは録画かな~。
でも、最近録画したものを見ている時間がなくて^^; 一日が48時間くらい欲しいです。

koukoさん、おはようございます。
ひとりのアーティストの演奏をまとめて所有、聴くにはBOXモノは便利です。おまけに単品より圧倒的に持ち出しが少ないのは私のようなビンボー人には大変助かります。
007一挙放送、私もブルーレイで発売されていないものは録画保存ですが、koukoさんと同じく他の作品で録画しておきながら未だ観ていない作品がありますので、私も同じく一日48時間欲しいです。

おはようございます。初めまして。
普段から貴兄のブログは定期的に読ませて頂いて
おります。小生はM9とかハッセル+デジタルバック
で趣味の写真を撮っております。
今日初めて書かせて頂くのは、1,670円のCDの
話しです。このCDは1994年に小生が所属する
歌劇場で録音されたもので、勿論小生も一緒に
第二バイオリン主席として演奏しております。
我が家にも他の指輪の録音が有りますが、
バイロイトとか他のものと聞き比べても遜色無いのではないかと思っております。当地の劇場は東との
国境が無くなって以来、他の旧西ドイツの無名
歌劇場も含め、非常にクオリティーが上がって来ております。
又、当劇場では以前大野和士氏が総監督をしておりました。安売りの件は知っておりましたが、この
価格とは、と驚いております。
何れにしても、ドイツにはまだまだ日本では無名
ですが、良い演奏をしているオーケストラや歌劇場
がありますので、どこかでそのようなCDを見つけられたら、是非ご一聴下さい。何かお聞きになりたいことでも有れば、ご遠慮なくメールをどうぞ。

KONDOHさん こんにちは~!

クラシックのCD BOXは、こんなにお安くなっているのですね。
びっくりしました!
CD14枚組でそのお値段。 なんだか、申し訳ないくらいの
安価ですね。。。

こんにちは。
ちゃんとしたCDでも安いのがあるんですね。薄いCDもBOX単位で集まると、相当かさばるんじゃないですか。これにDVDとかBDとかもあったら、大変そうです。
22年もののCDプレーヤーですか。メカ部分はもちろん、コンデンサーとかもかなり良いものを使っているんでしょうね。

お名前がありませんが、拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
ハッセルにデジタルバックをお使いですか・・・、実に羨ましいです。欲しいですが、到底手が出ませんです。
さて、世界最廉価の指輪全曲盤、このオーケストラで第二ヴァイオリン主席として弾いておられた方からコメントを頂くとは、夢にも思いませんでした。
しかし幾ら廉価とは申しましても、2000円しないのですから一体どういうルートなのか摩訶不思議です。
ドイツは当然ながら音楽に関しては日本とは地盤が違いますから、日本では無名でも優れたオーケストラ、ソリストが沢山存在するものと思います。
日本で発売されるCDもごくごく一部なのではないかと・・・。
貴重なコメント、改めてお礼を申し上げます。

マリアさん、こんばんは。
そうなのですよ~・・・、円高のお陰もあるとは思いますが、クラシックのCDは少し前の録音ですとかなり廉価に購入出来る時代になりました。
京都の梅情報、どうもありがとうございました。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃるように安いから・・・といって買っていると、あっという間にキャビネットに入り切らなくなってしまいます。
CDプレイヤー、若き日に買ったものを未だに使っていたのですから、お恥ずかしいです。
自分でも22年は調べてみて驚きました、10年以上経っているのは分かっていましたが。それだけ良いパーツを使っていた製品だったのですね。

こんばんは
指輪の廉価版コメントに早速コメント頂き、ありがとう
ございました。インターネット上に名前を出したくない
ので、無名で失礼致しました。小生の場合、調べれば簡単に判ってしまいますので.....
メールに明記されている名前通りです。
ハッセルのデジタルバックは16MPの方ですが、
小生には十分以上です。503CXで使用しています。劇場にはバレーダンサーとか歌手とかいますので、モデルには事欠きません。舞台とか練習室とか
スタジオ代わりになるスペースがありますので、
恵まれているかと思います。
こんな小さな町でも数十億の予算で700人以上の人員、100人の団員のオーケストラを抱えているの
ですから、ドイツの文化に対する考え方は、日本の
政治家にも見習ってもらいたいと思います。ま、無理とは思いますが。これからちょくちょくお邪魔させて頂くかも知れません。遠くドイツからですが、一昔前から考えると便利な時代に成ったものです。

お礼のメールを出させて頂きました。
16MPで充分だと思います。日本ではハッセルのデジタルバックは天国的お値段で、私には手が出せませんです。
しかし劇場内でダンサーや歌手の方々を撮影出来るのですか・・・、これまた羨ましいです。
日本の政治家、音楽を愛するには程遠い人たちで形成されておりますから、ドイツのような環境になるのは絶対ない事と諦めております。国民の血税を自分たちの利益のために使う事しか考えていない人がほとんどですから。悲しいですね。

こんばんは。

シューリヒトのシュツットガルト放送交響楽団盤がずいぶん安くなっていたのですね。この前ショップで見かけたような気がしますが、このシリーズにはちょっと興味がなくパスしてしまったようです。この値段ならシューリヒトファンの私としてはとしては再考しなければと思っております。

指環の安売りCDも見た記憶があります。聞く時間がとれそうもないのでこれもパスしました、
最近、バレンボイムの指環がDVDで安く(6090円)出ていましたので、こちらは買いました。来日公演で全曲聴いたことのあるベルリン歌劇場のものであると思いこんで買ったのですが、後でよく見たらバイロイト盤でした。演出は同じクプファーですが。

yymoonさん、こんばんは。
このシューリヒト盤、シリーズ発売当初に2枚購入してみたのですが、次々出て来るので食傷してしまい、買うのを止めてしまいました。それがまとめてこのお値段ですから、急遽買う事にしました。ダブった2枚は処分です。
バレンボイムの指輪DVD、ありましたですね。何しろ指輪は聴き通すのに時間が掛かりますから・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行再び | トップページ | 羽田空港大百科 AtoZ »