« 美瑛の雪景色 | トップページ | JR鶴見線「国道駅」 »

2010年2月 3日 (水)

JR鶴見線

C80_05
JR鶴見線、浜川崎駅

昨日の雪、横浜は思ったほどではなく、雪景色とまでは行きませんでした。もっともそんな事になったら交通は大混乱でしたけど。天気予報では日中は晴れるとの事で、それに期待してJR鶴見線の撮影に行って来ました。

C80_01

しかしどんよりと厚い雲に覆われたままで、時折パラパラと雨が降って来たりで、寒かったです。鶴見線に使われている車両、205系1100番とかいうのだそうですが、全然意味が分かりません。(^^;

C80_06

JR鶴見駅から鶴見線に乗り、乗った電車が「浜川崎行き」でしたので、先ずは「浜川崎駅」へ。そこから「武蔵白石駅」、「安善駅」へと来た方向へ徒歩で戻る事に。

C80_04
「武蔵白石駅」より

どうして鶴見、川崎周辺で駅名に「武蔵」と付くのでしょうねぇ・・・?

C80_11
「安善駅」前の踏切にて

フィルムがカマボコ状にカールしているので、写真の真ん中にピントが来ていません。スキャニングでストレスが溜まるとは・・・(^^;

自宅近く、30分仕上げのミニラボで現像処理をお願いしているのですが、そこの処理のせいではないですよねぇ・・・?

C80_10
「安善駅」

しかし鶴見線はローカル線を思わせるほどのんびりした路線です。利用する乗客のほとんどが周辺の会社、工場へ通勤する人のようで、日中は本数も少ないですし、乗客も少ないです。多分、朝夕の出勤、帰宅時間帯はそれなりに混んでいるのだと思います。

前の晩に降った雪が少し残っていますね。この後、安善駅からまた乗車し、「国道駅」で下車。 車窓から見た鶴見川、護岸工事が完成したら風情がなくなりましたねぇ・・・。周辺住民の安全を守る為だから仕方のない事ですが。

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8, Kodak PORTRA 160VC

« 美瑛の雪景色 | トップページ | JR鶴見線「国道駅」 »

コメント

 KONDOHさん、こんばんわ。
 タイトルがJR鶴見線なので当然なのですが・・・。

 写真は、どこからどう見てもKONDOHさんの本名そのものです。(笑)
 まさしくと言いますか、「鉄ちゃん」そのものです。

おはようございます。
わぁ~、鶴見線に行かれたのですね。私も一度行ったきりなので、また行きたいと思いつつ、まだ実現していません。雪の残る鶴見線なんて、なかなか撮れないですから、よいタイミングでしたね。すっかり鉄ちゃんのご様子、さて、次に撮られるのは、どんな鉄道でしょう^^

ご無沙汰でした。ハッセルで「撮り鉄」すばらしいです。
ところで、近頃ミニラボさんの現像、ときどきアレッと思うことがあって、気になっています。
処理の量が少なくなってる所為かと邪推したり(笑)。
新宿のBiやKiまで持っていくことにしています。

ハッセルですか。一度は使ってみたい憧れのカメラです・・・

pyosidaさん、おはようございます。
鉄っちゃんにもいろいろあるようですが、私の場合「撮り鉄」になるのでしょうか。(^^;
子供の頃、電車に乗る時は運転士さんの後ろに立って運転士さんの操作や景色を眺めていましたから、潜在的な鉄だったのかもしれませんねぇ・・・。

koukoさん、おはようございます。
鶴見線、のんびりしていて良いですね。
もう少し雪が残っていると良かったのですが、こればかりは自分でどうにも出来ませんので仕方ないです。
もう、鉄っちゃんを自称しましょうか?(笑)

kurakameさん、おはようございます。
最近、妙に鉄道に惹かれております。考えてみればもっとも身近な乗り物ですから、惹かれて当然なのかもしれません。
ミニラボでの現像ですが、デジタルプリントの依頼が圧倒的でフィルムは極端に少なくなっているようです。液の温度調整のため一日電源を入れているのですが、採算は取れないとおっしゃっています。
プロラボも店を閉鎖している時代ですから、あまり丁寧な現像は望めないかもしれませんね。

ramble-leicaさん、おはようございます。
昨年後半、持ち出す機会が少なかったので、今年は少し使おうと決めております。
中判でゆったりと撮影するのも良いものです。

Google Earthで見ますと大工場が現役で稼働していることが確認できました。働く人の足となっていることかぜよくわかりました。
6×6判ののんびりした鶴見線の撮り鉄、意外性があり面白いですし撮影がよく似合っていたのではないでしょうか。
関西では工場は撤退し緑地化され、このような風景ほとんど消滅し和田岬線のみが残っているのみです。
国道駅周辺楽しみにしています。

こんにちは。
鶴見線って、ちょっと前(ずいぶん前?)まで茶色い電車が走っていませんでした?尻手駅で見かけたことがあります。
駅名も独特ですよね。安善駅は人の名前からきているんですよね。
一度、天気の良い時に終点(?)の海芝浦駅に行ってみたなあと思っています。

TOKIWAIさん、こんばんは。
お調べ頂いたように周辺の工場へ通勤する人たちの足となっております。この辺一帯は京浜工業地帯ですから正直申しましてあまり空気の良いところではありません。
関西ではこういったところはなくなっているのですか・・・。しかしこちらの方も分かりませんですね、この不況ですから。

ビワさん、こんばんは。
そうなんです、私も鶴見線というと「あずき色」の電車を思い起こすのですが、現在は東海道線と同じ車両で随分モダンな感じに変貌致しました。
あずき色の電車は大阪に行くと阪急電車がそうでして、私は鶴見線や横浜線を思い出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛の雪景色 | トップページ | JR鶴見線「国道駅」 »