« 和製ハッセル? | トップページ | 音楽CD四方山話 »

2010年2月20日 (土)

京浜急行再び

Cfe80_07
京浜急行、黄金町駅ホームより

先日、鉄道写真を撮るために線路敷地内に入って電車を止めてしまった輩の事がニュースになっていましたが、とんでもない事ですねぇ・・・。神社仏閣でも禁止されたところに入って写真を撮る人間、こういった非常識な人間がいるから三脚禁止、撮影禁止になったりするわけで、ルールを守って撮影している人たちにとっては大きな迷惑を被っているのですから、困ったものです。

Cfe80_06
黄金町駅ホーム

修理から戻って来たハッセルブラッド 503CWを早速使ってみました。今にも雨か雪が降って来そうな寒い日で、手袋が欲しかったです。(笑)

黄金町駅とお隣南太田駅は線路がほぼ直線という事もあって、お互いの駅がホームから見えるのですよ。

Cfe80_10
日ノ出町駅ホーム

鉄道写真に少しずつ興味を惹かれて来ましたが、先ずは地元の京浜急行を、順に各駅で撮影、さらには駅沿線を撮影してみようかと思ってます。

Cfe80_01
井土ヶ谷駅

単なる記録の意味での撮影ですが、今まであまり真剣に撮影していませんでしたので、良い機会かな・・・と。

Cfe80_02
井土ヶ谷駅ホーム

久しぶりにプラナーのCFEでモノクロを使ってみたのですが、どんよりとした曇天の天候でも、ややハイコントラストですね。レタッチで少し調整してみたのですが。昨日、スカルピアさんからブロニカのニッコールがハイコントラストとコメントがありましたが、このCFEは間違いなくハイコントラスト。カラー向きだと思います。

1955年製のSWAでモノクロ撮影した後だけに、コントラストの違いに唖然としました。まぁ、CFEは現行品ですから当然と言えば当然なのですが。やはりモノクロはノンTのCタイプの方が柔らかくて好みです。でも、フィルムの使い分けで楽しめるのだから、いずれも手放せません。

関係ない話しですが、長年使って来たマランツのCDプレイヤーが故障してしまった・・・。ステレオ盤がモノラル盤のように聴こえるし、ピックアップが外周に行く(CDは内周から外周に向かって再生)にしたがってノイズが乗って来るし・・・。交換次期なのですね。しかし予算はなし。(;_;)

HASSELBLAD 503CW + Planar T* CFE 80mm/F2.8, Kodak 400TX

« 和製ハッセル? | トップページ | 音楽CD四方山話 »

コメント

オーディオがらみで高校の同級生から聴いた話です。
彼曰く、CDトランスポートは必要ない。PCからWAV
ファイルで再生するのが良いとの事です。Win7の64bitが音質良好との事。私も十分確認してないですが,確かにCDで回すより、PCから直接情報を取り出すのが理に適っているかと思います。

おはようございます。
ひとつの路線の駅を丁寧に撮っていかれるのですね。いいですね。このところ、駅も老朽化のせいか改修が多くて、趣のある駅舎やホームがなくなってきていますから。私もどこかの駅を通るときには、1枚撮っておくことにしましょう。
寒さのせいで、お散歩にあまりハッセルを持ち歩いていません^^; どうしても軽くて首から簡単に下げて歩けるカメラになってしまいます。KONDOHさんを見習わなければ^^

スカルピアさん、おはようございます。
最近雑誌の特集でも取り上げられておりますね。
記事を読んでみると、取り込んだ後、そこからデジタル出力でD/Aコンバーターに接続、今度はパワーアンプへと・・・。
パソコンを使わずにWAVファイルに変換するものまで発売されていますが、それなりの高級機ですねぇ・・・。LINNなどは結構なお値段です。

koukoさん、おはようございます。
京急もエレベーターの設置で工事を行っている駅があります。どこの路線も少しずつモダンな駅舎に変貌しつつあるようです。そういう意味からも記録写真も案外貴重かもしれません。
このところ寒いですからお散歩写真も勇気が必要ですね。でも、来週からまた暖かさが来るようですから、またハッセルをお使いになって下さい。

こんにちは。
KONDOHさんにとって、京浜急行は身近な存在であると同時に、無くてはならない「こころ」の鉄道のようですね。
基本的に身近な鉄道を長く根気よく追い続けるのが一番楽しいです。
無くなるから、珍しいからといって自動車で日本中駆け巡り追い続けるが、肝心の列車には乗らずという自称・鉄道ファンは結構多いです。また、鉄道雑誌にもファンのマナーを喧伝するにも関わらず、堂々と撮影禁止の場所で撮影されたものや、撮影地で乱暴狼藉を働いた者の写真が、コンテストや雑誌に採用されているケースが過去に有りました。

ところで、トライXを使用とは渋いですね。自分は、最近TMAXが多く、未現像の6本が冷蔵庫に眠っております。マイクロドールXの1ℓも買いましたので久しぶりに一気に現像します。リバーサルカラーはfujiが好みですが、モノクロは節操無くあれこれ使います。efkeというクロアチア製のフィルムも今後モノクロは先進資本主義国が多分製造しなくなるかも?という予想で試用してみましたが・・・。

モノクロのハッセル画像見応え十分ですね。身近な鉄道画像を撮影する人は少なく貴重な写真になると思います。こちらでは見られない視点ですね。
鉄道だけでなく撮影のマナーは老若男女を問わず見苦しい撮影をするモノたちが多いですね。そして必ずといっていいほど群れでいます。私はこのような場に出くわすと逃げることにしています。
特に鉄道マニアの画像は連写しそこに写りこんだ画像を見ることに期待しているのでルールを護って撮影する考えはないのでしょう。
地道でしっかり写真として存在感のあるそして見応えのある画像今後も楽しみにしています。

こんにちは。
PCの画面だと、多少コントラストの強い方がメリハリがあるように見えます。でも、プリントするなら柔らかい方がいいでしょうね。
古い車両はモノクロの方が雰囲気があるように感じます。

KONDOHさん、こんばんわ。
 「鉄ちゃん」の名称は、もともと軽蔑の意味合いが含まれているとのことです。
 進入禁止地帯にはいる、プレートなどを持ち帰る、接触すれすれでの撮影などの行きすぎた鉄道ファンの汚名のようです。

 ・・・。私はここ10年の写真を整理していますが、当時気負いもせずに撮ったところとか、単なる記念の所が今見るととても良いことが多いです。

 壊された建物、家族や自分の顔を振り返って、写真は意味深いですね。
 昨日、3ヶ月ぶりに京都に行きましたが、体力不足を痛感しました。今日、眼科へ行くこととなりました。花粉症の前兆かも知れません。

鯖猫さん、こんばんは。
物心付いた時からずっと京急線に近いところを転居、居住して来ましたから、もっとも愛着のある鉄道です。
鉄道ファンの中には撮り鉄だけで、乗らない人もいるわけですか。もったいないですね。私は飛行機も撮るだけでなく、乗らないと気が済みません。(笑)
鉄道も同じです、撮影したらその鉄道に乗りたいです。
マナーの悪い人には困りモノですね。自分で自分の首を絞めている事が分からないのでしょうかねぇ・・・。
以前モノクロを集中して撮っていた時にはTMAXがほとんどでして、現像液もTMAX専用を用意しておりました。しかし最近はモノクロの撮影率が少なくなって、TMAX現像液も期限切れになったりで、液を選ばないトライXを最近購入しております。
現像に関して詳しい知識もあまりないですし、現像そのものも結構アバウトにやっております。TMAXにマイクロドール、どんな感じでしょうか?
モノクロ、ヨドバシさんにも見慣れない銘柄がありますが、いつも無難にコダック、富士です。

TOKIWAIさん、こんばんは。
カラーで撮る方がリアルで良いのかもしれませんが、京急はモノクロで撮り続ける事にしました。時間が相当掛かると思いますが、品川~三崎口間、そこから派生している羽田空港線、逗子線、全駅撮影するつもりです。一年くらい掛かるかもしれませんが・・・。
写真撮影、いつ如何なる時もマナーは守りたいですね。線路内に入って電車、列車を止めるなんて言語道断です。

ビワさん、こんばんは。
そうですね、PCの画面で見て頂くときは多少コントラストを強調した方が見栄えが良いかもしれませんですね。
古い車両、モノクロの方が老朽化した部分を隠せたりします。(笑)

pyosidaさん、こんばんは。
「鉄ちゃん」って、軽蔑の意味も含まれていたのですか。進入禁止地帯に入るなんて、鉄道の場合は命も危ぶまれるわけですから、絶対してほしくないですね。
撮影していた時は何でもないように思われる写真も、後年時間が経ってから見るとまた違った感慨を抱くものですよね。そこが写真の良いところだと思います。
花粉症、私も症状が出て来ました。参りますねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 和製ハッセル? | トップページ | 音楽CD四方山話 »