« 松竹映画「おとうと」/山田洋次監督作品 | トップページ | 東京・新宿駅南口 »

2010年2月17日 (水)

ハッセル熱、再燃!

C80_12
500C + Planar C 80mm/F2.8, Kodak PORTRA 160VC

近頃、ハッセル熱がまた急上昇しております。ハッセル熱と申しましても、またハッセルの機材を購入したくなったわけではありません。ボディも揃っているし、レンズも一応50mmから250mmまで有りますので、撮影に困る事はありません。80mmなんか3本も有るし。要するにただ単にハッセルで撮影する事が楽しくて仕方がない、それだけなんです。

500
左 500C、右 503CW

修理に出していた503CWが三週間振りに帰って来ました。500系ボディ初代の500Cと並べてみましたが、ミラーの大きさの違いが分かります。503CW以前のボディで150mm以上の望遠レンズを使うとミラー切れが起きてファインダーの上部がケラレますが、503CWではそれがないので、150mm以上を使う時には503CWを使っています。

こうして並べてみるとボディ上部左右のR(アール)に違いが見て取れますね。503CWの方がより四角に近いです。それとマウント部分の作りにも若干の違いが見られます。しかし中身(ギアの質とか)の方は多分、500Cの方が良いのではないかと思ってます。

私の500Cは数年前、ニューヨークのショップで非常に安く購入出来たのですが、そのまま角田さん(VH-PICTURES)のところでオーバーホールをお願いし、現在も非常に滑らかに作動しております。で、その500Cを使う時に装着するレンズはいつもこれ・・・、

C80

Planar C 80mmレンズです。ツァイスご自慢のT*(ティースター)コーティングが登場する前のモノコートレンズ。しかしカラーで使ってもまったく不満はありません。それよりこの総金属製、クロームの輝きに惚れております。このレンズも以前、角田さんにシャッター調整をして頂きました。

C801

このレンズが登場する前、一部ハッセルユーザーに人気の高い、俗に6枚玉と言われるレンズ構成の違うPlanarが存在するのですが、私は購入した事はもちろん、使った事もありません。本数が少ない事から中古市場ではプレミア価格になっているようです。

しかし今使っているPlanarにまったく不満はありませんので、このレンズを使い続けます。前述したようにカラーポジでも良い発色をするのですが、モノクロがまた良いんですよねぇ・・・。フィルム撮影、しばらくはまたハッセルで楽しみたいと思います。

« 松竹映画「おとうと」/山田洋次監督作品 | トップページ | 東京・新宿駅南口 »

コメント

KONDOHさんのレンズは綺麗ですね。私のはPlanar C 80mm T*ですが中古で安かったのでキズが目立ちます。また6枚玉は噂に聞きますが未体験です。T*ありとなし、いろいろと話は聞きますが両方持っている人がいてどちらがいいかと聞くとどちらもいいんだ、だから両方持っている(笑)そういう笑い話を聞きます。私はCレンズの方が柔らかくて特にモノクロあたりでいいのではないかと思い購入しました。最近はそちらの方向にいっています。

T✴でもなんでもあまり変わらないような…どれも逆光に弱いけど順光で撮ればメチャ良く撮れる。私の六枚玉なんてバル切れやらレンズのシミやらオンパレードですが写りは全く問題ないです。ハッセルは偉大で永遠だと思う今日この頃です。みんなデジタルを買う前にハッセルのファインダーを覗くべきですね。

おはようございます。
朝からうっとりレンズを眺めてしまいました^^
私もこのT*のないシルバーですが、こんなにキレイではないなぁ。でも、もし次に広角や望遠のレンズを購入するとしても、やはりシルバーがいいですねぇ。まずは格好から入るたちなので^^;
今年はハッセル熱が高まっていらっしゃるようで、楽しみです♪

Kazuさん、おはようございます。
私のレンズはボディと同じく米国帰りでして、来た時にはスローが粘っていたので、調整に出しました。おっしゃるようにレンズ、外装とも綺麗なので、大事に使っております。良いレンズですよねぇ・・・。
T*とモノコート、一般に言われるほど差はないと思いますよ。自分で使ってみてそう感じています。

スカルピアさん、おはようございます。
おっしゃる通り、私もT*とモノコートにあまり変わりを感じませんです。6枚玉は、そもそも状態の良いのが市場にありませんですね。それと私はレコードでもそうですが、プレミア価格というのを毛嫌いするところがありますので、6枚玉は入手する事がないと思います。もちろん一度使ってテストしてみたい、という気持ちはありますが。

>みんなデジタルを買う前にハッセルのファインダーを覗くべきですね。

御意。まさにその通りであります。

koukoさん、おはようございます。
koukoさんのレンズもノンTのレンズなのですね。
クロームレンズ、見た目も良いですねぇ・・・。

>まずは格好から入るたちなので^^

あははは・・・、同じ同じ、私も一緒ですよ!(^^)

おはようございます。
このようなブログ記事は、物欲(中古カメラショップ)に走りやすい私としては、目に毒です(笑)。
いましめて冷静に受け止めるようにしなければと思っております。

こんにちは。
うちの80mmも、モノコートのものですが、
KONDOHさんお持ちのものと比べるとだいぶよれよれです(^0^)。とはいえ、ハッセルの白レンズは、見た目も写りも素晴らしいですね。
早くDSLRでの動きもの撮り卒業して、ハッセル仙人になりたいものです。

おはようございます。ハッセルの7枚玉、6枚玉の両刀使いです。立て分けはモノクロは6枚玉、カラーは7枚玉(T*)。理由は使ってみて色の出方とトーンの出方で決めました。
6枚玉はより優しく、7枚玉+T*はコクのある色合いだったので、こうなりました。
エレメントの枚数もそうですが、作られた年代による差の方が大きいのかなと思います。
6枚玉の前のオーナーさんは7枚玉に切り替えたときに「変わりないなあ」という感想を(カラーで)持たれたそうです。
かくゆう私は、モノクロで使ってみて「え、こんなに違うの!」とびっくりした一人です。

今年はまだ1回もハッセルは使っていません。
からシャッターだけは切っているのですが、TT350/5.6のスローがおかしくなっちゃってます・・・(^^:)

Planar C 80mmレンズまさしくカメラレンズの品格と風格がありますね。撮影が楽しみになるレンズではとうなづけます。
最近ホームページ入力に追われています。そのとき思い出したのですがKONDOHさんのホームページに是非「ハッセルと鉄道」のコーナー是非設けて下さい。そして見る人をあっと言わせて下さい。
いかがでしょうか。

KONDOHさん、こんばんわ。
 ハッセル熱。このような熱の再発ならば、大歓迎ですね。

 私の方は、今年なって撮ったという感触は2回です。ここの所、以前撮った写真の整理に熱中しています。
 少し向きを変える必要があります。

 オヤジギャグで、申し訳ありませんが、
 ハッセルでハッスルしてください、。

yymoonさん、こんばんは。
是非、物欲の世界に入って下さいませ。(笑)
でも、yymoonさんもハッセルをお持ちでしたよね。たまには使ってあげて下さい。

kv492さん、こんばんは。
白レンズは良いですよね。
しかし随分昔からツァイスは素晴らしいレンズを設計生産していたのですから、ホント凄いメーカーです。

ろだごんさん、こんばんは。
モノクロとカラーで6枚玉と7枚玉を使い分けていらっしゃるのですか。
おっしゃるように時代の差は大きいでしょうね。私は6枚玉が無い代わりに、年代別で80mmを揃えておりますので、それで楽しんでおります。
しかしモノクロで6枚玉は差が出ますかぁ・・・。

kuwaharaさん、こんばんは。
テレテッサーのスローがおかしいですか。やはり使っていないとシャッターもダメになりがちですね。
また使って下さい。

TOKIWAIさん、こんばんは。
ハッセルは私のカメラ機材の中でも特に大切ですし、使って楽しいシステムです。
ハッセルでの鉄道撮影、実は昨日も地元の京急を撮影しました。記録の意味で・・・という事だったのですが、「ハッセルと鉄道」・・・面白そうですね、考えてみます。

pyosidaさん、こんばんは。
ここのところハッセルを楽しんでおりますので、またまたフィルムの買い置きを致しました。
以前の撮影分の整理ですか。私もまだまだ未整理のフィルムが大分残っています。整理が終わる前にまた撮影していますから、溜まる一方です。(笑)
ハッセルでハッスル。頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松竹映画「おとうと」/山田洋次監督作品 | トップページ | 東京・新宿駅南口 »