« 東京・新宿駅南口 | トップページ | 京浜急行再び »

2010年2月19日 (金)

和製ハッセル?

P1010244
BRONICA S2

ハッセルブラッドを模したカメラで有名な国産カメラと言えばブロニカですね。新品時の売価、例えばこのS2が販売されていた当時、定価が幾らだったのか知りませんが、かなり高価なカメラだったのではないかと思います。

私がこのカメラを入手(もちろん中古)してから3、4年経ちますが、故障もなく動いてくれています。入手価格はコンパクトデジカメより安いのですから有難いです。私が某ショップで見つけた時、店員さんがメンテしたばかりだから安心してお買い求め頂けますよ、と言ってプライス表に付いていた修理伝票を見せてくれたのですが、その某修理業者の伝票には「モルト張替え、シャッター調整、ピント調整」とあり、ファインダーはピカピカ、レンズは傷もなく綺麗、もう即買いでした。(笑)

P1010248

オーバーホールしたのと同じような状態でコンパクトデジカメより安いのですから、往年の名機も可哀想なものです。標準レンズはニッコールの75mmレンズ、これがまた良く写るのですよね・・・。ハッセルのプラナー 80mmにも負けません、と言ったら言い過ぎでしょうか。

で、このカメラはご存知のようにレンズシャッター機ではなくフォーカルプレーン機で、シャッター音の大きい事で有名。ミラーショックもそれなりに大きいですが、想像されるほどブレないのです。大きな音はミラーが戻る時の音で、その時にはもうシャッターが閉じていますから。

ただハッセルブラッドより重いですねぇ。まさに金属の塊という感じです。しかしそれだけしっかりと作ってあるという事なのでしょう。物量投入の時代の良き産物としてこれからも愛用して行きたいと思ってます。

75mm_01

ZENZA BRONICA S2 + NIKKOR-P 75mm/F2.8, FUJI RVP 100

« 東京・新宿駅南口 | トップページ | 京浜急行再び »

コメント

おはようございます。
最後の木のお写真、いいですね。これどこですか?
真四角写真を撮りたいと思っていたので、まずはこのブロニカをと思っていましたが、中古カメラ屋さんで持たせてもらって、即「無理!」と思いました。私がお散歩荷物には重すぎました^^;
でも、この75mmのニッコール、よい写りですね~。

koukoさん、おはようございます。
最後の写真は新宿御苑です。私がこういった写真を掲載したら、御苑と思って頂いて良いと思います。(^^)
ブロニカ、重いですよねぇ・・・。女性がお散歩のお供にするには気力も必要としそうです。
ニッコール、なかなかだと思います。

おはようございます!
ブロニカ、懐かしいですねぇ。昔々、SLを撮っていた頃、学校の先輩がブロニカのC2だったと思うのですが、使ってました。いつも羨望の眼差しで見ておりました。貧乏学生だった私はアルバイトで何とか稼いで、ようやく手にできたのはキャノンFTbでした。本当はニコンFが欲しかったのですが、高嶺の花でした。ブロニカもS2は高かったと思います。

こんにちは!私も昔使ってました。ミラー(シャッター?)ショックが大きくて、常に三脚持って撮ってました。
「ぜんざぶろう」さんが設計したからゼンザ・ブロニカという話を聞いたのですが、本当なんでしょうか?(ブリジストンみたいですね)
ニコンって、いろんなメーカーにレンズ供給しているんですね。マキナとか、ブロニカとか。ニコン自体は中判~大判を自社で、と言う考えはなかったんでしょうか?

このニッコールは、コントラストが高いですね〜

こんばんは。
学生時代にブロニカC2を約1年間使って・・・ニコマートに替え買えた思い出があります。シャッターショックの凄さは印象的でした。
中古カメラ屋さんで安いS2なんか見ると買いたくなっちゃいますね!交換レンズも安いし。
KONDOHさんにはぜひブロニカ用ツアイスを使って頂きたいです。

こんにちは。
フォーカルプレーン時代のブロニカは作りが凝っていますよね。ショックが大きいのはクイックリターンだからでしょうか。
写真の木は枝振りが凄いですね。枝が天を埋め尽くそうかという勢いです。

tamuraさん、こんばんは。
先輩がブロニカでSLを撮っていたのですかぁ・・・。しかしtamuraさんが羨望の眼差しという事は、やはりそれなりに高級機だったわけですね。
ニコン Fも一眼レフの最高峰だったわけですから、一般的にはこれもまたなかなか・・・でしたでしょうね。
でも、今はD3sを・・・。

ろだごんさん、こんばんは。
おお、お使いだったのですね。
「ぜんざぶろう」さんだから「ゼンザ ブロニカ」は本当らしいです。
ニコン自身は大判レンズまで作っていたのに、自社ではとうとう中判、大判カメラは出しませんでしたねぇ・・・不思議です。

スカルピアさん、こんばんは。
まぁ、ニッコールですから・・・・(^^)
ですが使ったフィルムがベルビアですし、実はレタッチでトーンカーブを少しいじってコントラストをほんの少し上げております。

harasawaさん、こんばんは。
ブロニカをお使いだったのですか。
おっしゃるようにシャッターショックはかなりのものですね。でも、写真を撮っている、という実感が涌きます。(笑)
確かに交換レンズは安いのですが、標準75mmだけで我慢しようと思っています。広角も入手する機会があったのですが、見送って来ました。
ブロニカ用ツァイスなんて存在するのですか?

ビワさん、こんばんは。
ミラーショック、シャッターを切った瞬間はレンズの下に滑り込むような仕組みなのですが、戻る時にバネ仕掛けのように一気に戻るため、大きな音がするのではないかと思います。
葉がすべて落ちている冬のイメージが写真から感じて頂けたでしょうか。私もこの枝振りに惹かれて撮影しております。

 高校生の時に、プリズムファインダーとともに購入しました。
 事情があり、高校生の時にカメラ店に処分しましたが、55000円でした。
 
 当時、信州の民宿が3食おやつ付き(学生価格)で、1泊1100円か1300円でした。1100円だと50日宿泊できる価格でした。

 やはり高額でしたね。

pyosidaさん、こんばんは。
プリズムファインダーも出ていたのですか。あまり調べておりませんでしたので、知りませんでした。
しかしもったいなかったですねぇ・・・。
信州の民宿が1泊1100円ですかぁ・・・、安い!
その時代に55000円はやはり高級機ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・新宿駅南口 | トップページ | 京浜急行再び »