« ムービーデジカメ | トップページ | N'EX vs 京成スカイライナー »

2010年2月 8日 (月)

京浜急行電鉄

Img_1736
800系

自分が一番利用している地元の京浜急行電鉄、通称「京急」です。電車に乗る事はあっても、写真を撮る事は今まであまりなかったです。もっとも電車や列車そのものを意識して撮るようになったのが最近ですからね・・・。

Img_1751
1500系

京急といえば「赤い電車」と思い浮かぶほど「赤」がトレードマークの電鉄です。お年寄りの中には「湘南電車」と未だにおっしゃる人がいるようです。戦後間もない頃の鉄道名らしいのですが。

Img_1742
新1000系

一枚目は「普通」でしたが、こちらは「快速特急」です。静止しているように見えますが、猛スピードで迫り来るところをカメラの動態予測モードによるオートフォーカスがきっちりピントを合わせ続けてくれます。カメラの性能には驚かされますね。

Img_1772
2100系

「京急ブルースカイトレイン」と呼ばれる車両で、たまに見るとブルーが鮮やかです。

京急は東京「品川」から神奈川県・三浦半島「三崎口」までの路線ですが、都営線、京成線、北総線との相互乗り入れをしていますので、京急で成田空港まで行く事が出来るのです。便利になったものです。

という事で、私にとっては子供の頃から一番身近な鉄道が京急なのです。

Canon EOS 7D + EF 50mm/F1.8 II

« ムービーデジカメ | トップページ | N'EX vs 京成スカイライナー »

コメント

湘南電鉄は黄金町~浦賀・逗子間を開業した時の名です。現在の東急、小田急、京王、相鉄との戦時統合を経て戦後に分離独立する時に京浜急行電鉄となりました。富岡、田浦、大津、久里浜、逗子は湘南……でしたし、北久里浜も湘南井田でしたが蒲田、川崎、鶴見、新子安は京浜……でした。やがて湘南が京浜と統一され、更に略称を京急とした後に京急となりました。昔はニュース報道でも他社が略称でなされる中、京急だけは京浜急行と呼ばれ、私はその独特さが好きでした。尚、湘南……の頃は京浜東北線もまだ省線との呼び名でした。

おはようございます。
京浜急行は、横浜も海よりの地域で育ったわたしにとっても、大変身近な電車でした。こうして改めて赤い車両を見せていただくと、なんとなく懐かしいです^^
ブルーの車両もあるのですね。

おはようございます。
京浜急行、懐かしいです。
横須賀に住んでいたとき、最寄の駅が横須賀中央駅だったもんで。
車両の色は同じでも、型はだいぶ変わっちゃったみたいですね。同じように待ちの様子も変わったんでしょうね。

あづまもぐらさん、はじめまして。よ
詳しいコメント、ありがとうございます。
当初の湘南電鉄は黄金町~浦賀・逗子間での路線だったのですか。
駅名、JRと重なるところでは(川崎、蒲田等)京浜を名乗っておりましたですね。京浜川崎、京浜蒲田と。今はおっしゃるように京急川崎、京急蒲田ですが、この方は馴染みやすいような気が致します。
湘南電車・・・確か東海道線も小田原止まりを湘南電車と言っていたような気がするのですが・・・。

koukoさん、おはようございます。
横浜も海寄りで育った人にとって京急は一番身近な鉄道ですよね。私は物心付いた時からずっと京急沿線に住んでいますので、親近感が強いです。
ブルーは二本しかないので、見られるとラッキーですよ。

Kenclipさん、おはようございます。
横須賀中央が最寄り駅でしたら京急は何度も乗られていらっしゃいますね。
塗装の基本は変わりませんが、車両は随分変わりましたです。

こんにちは。
京急は上京した時の大事な足です。
青いのも走ってるんですね。

新幹線の車窓から眺められますか。
京急には乗車したことありませんが1000系の車両どこかで見た記憶がありどこかと考えていますと、清盛ゆかりの兵庫津の撮影の際、神戸川崎重工業の車両工場に立ち寄った画像の中にありました。車庫の中で前頭部のみ撮影していましたが真っ赤で1000という数字に印象が深かったのでしょうか。山形新幹線やJR東日本の通勤電車も製造しています。
撮り鉄楽しみにしています。

こんばんは。
京急は、職場が銀座界隈だった頃はよく使いました。横浜や横須賀中央などに行くときに浅草都営線の東銀座や宝町から乗ることが多かったです。

でも、京急は街中を結構スピードを出して走るので一番前に乗るとちょっと恐かったですね。

東海道線の近距離路線を湘南電車とよんでいたのではないでしょうか。私の実家の最寄りの駅もありました。少なくとも地元の人間はそのように認識していました。

昔の松竹映画では、横須賀線や湘南電車は欠かせない道具でしたね。
「なつかしい風来坊」に出てくる電車は湘南電車でしたね。

kuwaharaさん、こんばんは。
上京した時に京急を使われていたのですか。羽田空港から都心へ・・・でしょうか。
青いのは2編成しか走っておりませんので、当たれば運が良いです。時間を調べて行けば別ですが。

こんにちは。
多摩地区に住んでいる僕にはあまりなじみはないですが、一回だけ羽田に行くのに乗ったことがあります。南武線で川崎乗り換えでしたが、たまたまその日は中央線が遅れていたらしくて、ラッキーでした。
一番最初の写真の車両、ちょっとレトロな感じですね。

TOKIWAIさん、こんばんは。
多分・・・新幹線からは見る事が出来ないのではないかと思います。大分離れたところを走っておりますので。もし見られるとしたら多摩川を渡る時でしょうか。それもどうでしょう・・・?
京急の1000系、神戸でご覧になっているのですか。随分遠くで製造しているのですね。
先日、テレビのドキュメンタリーで日比谷線の車両を山口県だったか広島県だったかで製造しており、その車両を都内まで運んで来る様子をカメラが追っていました。
運んで来ると申しましてレールの上を走って来るのですが、途中の休憩を含めても到着時間を守らなくてはいけないので、運転士にしてみれば結構大変なようです。
関ヶ原で大雪に遭って予定時間が遅れ、その遅れを取り戻しながらも予定通り都内の駅に到着しました。
京急の車両ですが、こちらの東急車両で製造した車両を深夜に国道16号線を使って運ぶ時があるのですが、一度後ろに付いてしまって参りました。
何しろ片側一車線の国道を時速20kmで走行ですから、深夜とはいえ後ろは大渋滞になります。

yymoonさん、こんばんは。
私もこちらから東銀座まで乗った事が何度もあります。浅草に行く時も京急でそのまま行けますので、便利です。
おっしゃるように京急は・・・特に快速特急はかなりのスピードで走りますね。それと走行中、揺れる電車として有名です。子供の頃、友達同士で京急に乗るとちょっとした張り合いをやっていました。
車両の真ん中にお互いに吊革などに一切掴まらず、どちらが長くふらつかないで立っていられるか・・・というお遊びです。揺れて一歩でも足が動いた方が負けです。この遊び、実は私は一度も負けた事がないのです。子供の頃から案外平衡感覚が良かったようです。(笑)
近距離の東海道線、やはり湘南電車と呼んでいましたよね。松竹映画は大船に撮影所があったせいか、東海道線や横須賀線が良く使われていましたね。

ビワさん、こんばんは。
多摩地区にお住まいではそうそう利用する機会はないですよね。横浜住まいでも海側に住んでいませんと使う機会のない電車ですから。
一枚目の800系は今使われている車両の中では一番古いようです。多分、いずれは消えて行くのではないかと思います。

 1枚目の普通、いいですね。
 古い人間には、古い車体があっているようです。

pyosidaさん、こんばんは。
どこの鉄道もモダンな車両に入れ替わっておりますので、こういう古いタイプは少なくなっているようです。

山口県に日立の工場があり、そこで車両を製造しています。海に面しているので、船で運ぶこともできるようです。仕事で行ったことがあり、広い工場内を案内してもらいました。

ビワさん、こんばんは。
山口県でしたか。しかし遠くで製造しているのですね。
そのテレビドキュメンタリー、なかなか面白かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ムービーデジカメ | トップページ | N'EX vs 京成スカイライナー »