« 成田・さくらの丘公園 | トップページ | ハッセル熱、再燃! »

2010年2月16日 (火)

松竹映画「おとうと」/山田洋次監督作品

Ototo

松竹映画「おとうと」 山田洋次監督作品

出演 : 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、加藤治子、笹野高史、森本レオ、小林稔侍、石田ゆり子 他
脚本 : 山田洋次、平松恵美子
音楽 : 冨田勲
監督 : 山田洋次

現在、劇場公開中の山田洋次監督の最新作品、「おとうと」を観て来ました。そして今回も大変な感動を受けて劇場を後にしました。山田さんにとって「十五才、学校 IV」以来、10年振りの現代劇で、山田作品四本目となる吉永小百合さんの主演。吉永さんの弟役が笑福亭鶴瓶さんで、山田作品に欠かせない名脇役の笹野高史さん、その他にも個性豊かな役者さんが脇を固めています。

早くに夫を亡くし、薬局を営みながら最愛の我が子、小春(蒼井優さん)を女手ひとつで育てて来た吟子(吉永小百合さん)には行き方知れずの弟がいる。ところがその弟、鉄郎(笑福亭鶴瓶さん)が小春の結婚披露宴に突如として訪れて来る。酒癖の悪い鉄郎に酒は飲まないように釘を刺すものの、吟子が目を放した隙に吟子のシャンパンを飲んでしまい、とうとう自分で制御が利かなくなるほど酒を飲み続け、せっかくの披露宴を台無しにしてしまうところから物語りは始まる。

或る夏の暑い日、鉄郎にお金を貸していたという女が吟子のところへやって来て、幾らかでも返済してくれないかと吟子に迫り、ショックを受けた吟子は店舗改装資金として貯めておいた金で返済する。その後、数ヶ月振りにやって来た鉄郎は姪っ子の小春から罵声を浴びせられ、さらに吟子からもキツく叱られた事からふて腐れて出て行ってしまい、またまた行き方知れずとなってしまうのである。

しかし・・・その後大変な事になっている鉄郎の行方を大阪の警察からの電話で知った吟子は・・・。

今回も山田さんは「家族」をテーマにしていますが、今回は或る意味壮絶な家族愛を描いており、特に家族の「絆」について考えさせられます。また山田さんは世間一般から外れた(一般人の中に入れない)男を主役に据える事が多いですが、「おとうと」では鉄郎がそういった人物にあたるわけです。

姉、吟子の下へ来ては騒動を引き起こすところは寅さんが妹、さくらさんのところへ帰って来て騒動を引き起こすのと同じような設定ですが、吉永小百合さんの演技は素晴らしいですね。人に迷惑を掛けるどうしようもない弟を、時には優しく、時にはキツく叱ったり、愛情のこもった姉を見事に演じています。感情表現が実に上手いです。

私は格別吉永小百合さんのファンというわけではないのですが、映画を観終わってから、「あぁ・・・、この役は吉永小百合さん以外考えられないなぁ・・・」という感想を持ちました。多分、山田さんも最初から吉永さんを想定して書いた脚本なのでしょうね。

姉と弟の深い兄弟愛と絆、山田さんらしいタッチで全編を描いているのですが、今回もラストシーンが最高に良かったですぅ・・・。山田さんらしい演出で、いつものように「あぁ、観て良かった・・・」という深い感銘を受けて映画を観終わりました。

そうそう、加藤治子さんが認知症の症状が出て来た吉永さんの義母役をベテランらしく実に上手く演じているのですが、ラストの言葉が・・・う~ん・・・、

是非、ご覧になって下さい。

※ 名作「幸せの黄色いハンカチ」がデジタルリマスター版となって四月にリバイバル公開されます。さらにハリウッドでそのリメイク版が製作され、六月に「イエロー・ハンカチーフ」として公開されるそうです。最近のハリウッド、日本映画のリメイク版を良く作りますが、ハリウッドもネタ不足なんですね。

« 成田・さくらの丘公園 | トップページ | ハッセル熱、再燃! »

コメント

おはようございます。
そこまで書いて・・・、先が見たくなってしまいますね~。KONDOHさんは、うまい広報マンです^^
「幸せの黄色いハンカチ」は、何度見てもよいですよね。舞台が北海道ですし。米国版のリメークもちょっと見てみたい気がしています。

koukoさん、おはようございます。
山田作品はすべてご覧頂きたいです。アクション映画も好きですが、観終わった後には何も残りません。しかし山田作品は必ず何かを得る事が出来ますから。
「ハンカチ」のアメリカ版、予告編を観ました。全編観ませんと何とも言えませんが、多分・・・観るでしょう。(^^)

こんばんは。
うまいなあ〜 KONDOHさんは・・・
観たくさせてしまう!

こんにちは。
「おとうと」は是非見に行きたいと思っています。
ハリウッドも派手な映画ばかり作っているから、じんわり来るような映画が思い浮かばないのでは。

ramble-leicaさん、こんばんは。
いえいえ、ホントに良い映画ですよ。
そうそう、大阪新世界が出て来るんです。もちろん通天閣も・・・。

ビワさん、こんばんは。
是非、ご覧下さい。
そうですねぇ・・・、ハリウッドはしばらく・・・と言うより大分長い間、派手なアクションとSF映画に終始していましたからねぇ・・・。

こんばんは。
『おとうと』は先日、観てきました。吉永さん、鶴瓶さんの素の縁起が素晴らしく、感動させてもらいました。
この映画は先日紹介していただいた『なつかしい風来坊』を観た後で観に行こうと決めてました。
KONDOHさんは山田監督の伝道師ですね。(笑)

Kenclipさん、こんばんは。
「おとうと」、ご覧になられてましたか。吉永さん、鶴瓶さん、良かったですねぇ・・・。
「なつかしい風来坊」までご覧頂きまして、ありがとうございます。ブログでご紹介した甲斐がありました。
山田さんの作品は毎回得るものがあるので、ブログで紹介したくなってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田・さくらの丘公園 | トップページ | ハッセル熱、再燃! »