« 京浜東北線 | トップページ | オリンピックの事 »

2010年2月26日 (金)

花粉症が・・・

Ume

いよいよ毎年恒例(;_;)、花粉症の症状が出て来ました。現在目が猛烈に痒いです。鼻水、くしゃみもそろそろ出始めました。春は待ち遠しいのですが、毎年この時期は一年でも嫌な季節なんですよねぇ・・・。

毎年この季節になると通院していた耳鼻科医院が昨年いっぱいで閉院してしまったのです。先生とも長いお付き合い(笑)で、毎年訪れると、「KONDOHさん、いよいよ(花粉症が)来ましたか」と言って迎えてくれるのですが、ここ数年はこの医院に一、二回行くだけで後は快適に過ごせるようになるので、閉院したのは大変残念です。正月に年賀状代わりの挨拶状が届きましてがっくりです。

休日、撮影に出たいし花粉は吸いたくないし・・・、憂鬱。(笑)

« 京浜東北線 | トップページ | オリンピックの事 »

コメント

おはようございます。
花粉症のかたは、このシーズン大変ですね。幸い私は今のところ患ってはいないようなのですが、突然発症すると人から聞きましたので、油断大敵ですね。昨日は、すっかり春の陽気でしたが、今週末は大荒れのお天気のようで、残念です(;.;)

 KONDOHさん、春の陽気になると、花粉症の人は陽気ではなくなります。(笑)

 毎年言っていますが、最近なる人は別として、最近は熊みたいな人でもかかるそうです。(笑)
 20数年前ですが、花粉症になる人のデーターを取ったら、摩訶不思議。結果は、美男美女に多かったとのことです。

 ・・・。私は思わず合図地を打ちました。
 そして、こう思ったのです。花粉症キャリア27年・・・、なんだ、そうだったのか。ならば、仕方ないなぁ。

 KONDOHさん、美男美女ということですので、これも仕方がないですね。(笑)

koukoさん、おはようございます。
花粉症を患うようになってから何年経ったか。毎年春一番が吹く頃から始まります。困ったものです。
今日から日曜日にかけて雨が続くようですね。私はいつも通り仕事ですが、週間予報では休みの火曜日も悪くなりそうで。雨が多くなるのは春の兆しですから、我慢ですね。一雨毎に暖かくなるとも言いますし。

pyosidaさん、おはようございます。
花粉症は美男美女が罹るのですか。う~む・・・、私は例外ですね。(笑)
でも年々患者が増えているそうですから、環境の変化も関係あるのでしょうね。都会は空気も汚れる一方ですし。

KONDOHさん。大丈夫ですか?
東北は、花巻によいお医者さんがいて、不思議な注射1本でワンシーズンOKなんだそうです。知り合いの人がずーっと通っていて、今年は家人も連れて行こうかと思っています。
ただ、アンプルに表示されている文字は日本のものではないそうです・・・保険はききますので大丈夫でしょう。
お大事にしてください!

自分もスギ花粉症です。
梅や桜の撮影はマスクを掛けていますが・・・やっぱり辛いですね。
風景写真の仲間にはけっこうスギ花粉症の人がいます。屋外で花粉を浴びちゃうからかなぁ・・・。

花粉症に良い薬があるのですね!知りませんでした。ステロイド注射が花粉症に効くと聞いたことがありますが、知合いの医者に聞いたら「花粉症で使っちゃダメだ!」って言ってましたね。

ろだごんさん、こんばんは。
もう毎年の事なんですが、花粉症の辛さはなった人でなければ分からないと良く言われます。そうかもしれませんですねぇ・・・。
花巻は遠いですから無理ですが、酷くなるようでしたらどこかの医院に行って来ます。
ありがとうございます。

harasawaさん、こんばんは。
harasawaさんも花粉症でしたか。この時期、外で撮影するのは辛いですね。
昨年までお世話になっていた医院では注射をされた事は一度もないのです。医院でネブライザーと言ってましたが、薬を蒸気にして鼻孔に入れておりました。それと飲み薬でした。一週間分も頂くと大体これで大丈夫になったものです。
後は目薬も頂いてましたが。
今後の状況を見て今年はどうするか考えます。

こんばんは。
お医者さんが閉院されたとのこと、残念ですね。
私も、子供の頃から家族そろってお世話になって
いたお医者さんが一昨年引退され、今もって、かかり
つけのお医者さんが決まらない状態です。
幸い、野蛮なため、花粉症は発症していないの
で助かってますが・・。

kv492さん、こんばんは。
私を診てくれていた先生は女医さんで、まだまだ引退されるお歳とも思えなかったのですが、仕方ないです。やたらめったら薬を出さないのも好感を持っていたのですけど。
この時期だけは花粉症とは縁のない方々がホント羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜東北線 | トップページ | オリンピックの事 »