« 羽田空港大百科 AtoZ | トップページ | 500系のぞみ、乗りました! »

2010年2月23日 (火)

衝撃のキスデジ X4

X4

羊の皮を被った狼、という言葉がありますが、先日発表されたこのカメラほどその言葉に相応しいものはないと思うのですが、如何でしょう?

カメラの仕様をつぶさに調べれば調べるほど、中身はまるっきりEOS 7Dそのものです。撮像センサー、画像エンジン、測光機能、EOS 7D Liteと言った方が良いのでは、と思っちゃいます。ところが背面の液晶サイズは4:3から3:2に変更され、液晶いっぱいに撮影画像が確認出来、この点はX4の方が上回っているのです。ドット数も100万を超え、高精細ですね。

もう3インチで21万ドットでは粗く見えてしまいます。私の持っているデジカメではIXY 920 ISがそうなんですが、たまに使うと粗いなぁ・・・と感じるのですよね。パナソニック GF1は42万ドットですが、これでも充分高精細な絵を見る事が出来ますから。

7Dとの違いは外装とファインダー、シャッターユニットくらいではないでしょうか。これが入門機? と、誰もが思うのでは。キヤノンさんの戦略モデルとも言うべきカメラで、同クラスの中では一歩も二歩も先を行くデジイチではないでしょうか。

Kx4

メーカー側から見ればセンサーその他を共有化すればコストを抑えられるわけで、そういう意味では今回の製品化は価格暴落の激しいデジタルカメラに最適の方法かもしれません。しかし一方に入門機に1800万もの画素数が必要か、というご意見も出て来るでしょうね。

私が今まで使って来たデジ一眼の中では贔屓目も含めて一番画質が良いと思っているのは未だにライカ R9 DMRですが、国産ではキヤノン EOS 5D Mark II の繊細な画像が一番と感じています。しかし1800万画素のEOS 7Dを使ってみて、もうこれ以上の画素数は要らないのでは、と思ったのも事実です。そのセンサーをKiss X4が搭載して来ましたからねぇ・・・。

7Dの連写速度「8コマ/秒」を必要としないユーザーにしてみれば、Kiss X4で充分過ぎる性能だと思います。とは申しましてもKiss X4でも「3.7コマ/秒」ありますから、日常の撮影には何ら支障はない連写速度です。

飛行機撮影も鉄道撮影にも、これで充分でしょうねぇ・・・。

« 羽田空港大百科 AtoZ | トップページ | 500系のぞみ、乗りました! »

コメント

おはようございます。
この季節、続々と新製品が発表されますね。X4、とってもよさそうですね。Nikonユーザーでなかったら、ちょっと欲しいかもしれません。実はD40を購入するときにKiss X2(だったかな)とどちらにしようか、ずっと迷ったのです。フィルムはPENTAXを使っていましたから、どちらでもよかった訳です。そこでNikonを選んでしまったのは、神様の思し召しかな^^

D40が手元になくて(豚児がモデル撮影に使ってます)、デジイチをどうしようかと思ってる矢先にでてきたX4…1800万画素じゃjpgしか使わなくても処理に骨が折れそうですね。ニコンの対抗機待ちが得策かなと思ってます。1200万画素まででISO6400がD3同様に綺麗なD40みたいなカメラが欲しい!

koukoさん、おはようございます。
一度ニコンを選ぶと、交換レンズの事もありますから、以後はずっとニコンになってしまいますよね。
私みたいに両社を往ったり来たりしているのはただのアホですから。(^^;
しかしキヤノンさんはモデルチェンジの度に画素が増えてますね。それも最近は一年毎。

スカルピアさん、おはようございます。
これだけ画素数が増えて来ますと、パソコンの処理にも影響が出て来ますから、パソコンにもハイスペックが要求されてしまいます。
対抗するニコンはどうするのでしょうかねぇ・・・? 一般的には高画素、イコール高画質、と思われておりますから。

おはようございます。
しかし、凄い入門機が出てしまいましたね。
こんな凄いのが出てしまうと、フラッグシップや高級機の立場がますます希薄になっちゃいますね。

これだけ画素数が増えていくパソコン処理が難しいのではと思われます。高画素が高機能になると信じての開発でしょうか。車の部品をあちこち使い分け名称を変えて造るカメラの印象を受けました。
使い捨てカメラでなく使い捨てデジカメの時代になるのでしょうか、資源の無駄遣いであり無駄な技術開発では・・・。
カメラは人が使うことで撮影の楽しみが増えるはずですが。

Kenclipさん、こんばんは。
X4の仕様を見て感じた事、それは将来のデジイチは基本的に中身は一緒、カメラのメカニズムの違いで上級機、中級機と分かれて行くのでは・・・と感じました。
そうするとフィルム時代と同じになりますね。センサーを何種類も作るより、コスト的には有利なのではと。

TOKIWAIさん、こんばんは。
キャノン製はモデルチェンジの度に画素数が増えております。ニコン製は画素数を抑えて高感度特性を追求という方向へ行っているようですね。
こうなるとどちらが良いとかではなく、我々ユーザーが必要としている方を選べば良いのではと感じています。確かに画素が増えればパソコンもハイスペックを要求されますが、高画素を望んでいる人たちはその辺も考えているのだと思います。
私みたいにHDビデオまで手を出していると、パソコンのスペックはかなりのものが必要です。そういう面ではスチル写真なんか問題にならないくらいのスペックです。これからのデジタルはパソコンも一緒に考えなければならない時代になったのかもしれません。

 KONDOHさん、価格がこなれたら購入したいです。

 GF1にすべきか、迷うところです。

pyosidaさん、こんばんは。
X4とGF1、難しいところですね。
5Dをお持ちですからGF1でしょうか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田空港大百科 AtoZ | トップページ | 500系のぞみ、乗りました! »