« 京浜急行「弘明寺駅」 | トップページ | 標準レンズとは? »

2010年3月 7日 (日)

横浜・弘明寺観音

C80_55
横浜市南区、弘明寺

昨日ご紹介した京急線「弘明寺駅」、読み方は「ぐみょうじ」と読みます。「こうめいじ」とか「こうみょうじ」なんてお読みになった方もいらっしゃるかもしれませんね。普通は「ぐみょうじ」とは読めないと思います。一葉さんから詳しいコメントを頂きました、ありがとうございます。

C80_54

大晦日に百八つ鳴らされる鐘楼です。弘明寺駅を撮影した後、自然と弘明寺観音(地元の通称名)に向かいました。場所的にもホント駅前なのです。

C80_58

お正月には初詣客でそれなりに混雑するところですが、私はというと三が日に来た事が過去一度もありません。実は私には変なジンクスがありまして、三が日に初詣をすると、その年、必ず嫌な事、悲しい出来事が身に降り掛かって来るのです。なので、あまり初詣は行かないのです。(笑)

C80_51

さて、弘明寺ですが、横浜市内最古の寺院で、本尊の十一面観音像は国の重要文化財にも指定されています。本尊の撮影は禁止なので、残念ながらご紹介する事が出来ません。

C80_57

昨日、一葉さんからのコメントにあるように、鎌倉時代には「求明寺」と書いて「ぐみょうじ」と呼んでいたそうな。

そうそう、弘明寺商店街では地元で「38(さんぱち)」と呼ばれる縁日も開催されるんですよ。3と8の付く日に開催されるから「さんぱち」と呼ぶわけです。

C80_52

なかなか面白い事を書いてある絵馬もありました。地元に根付いている弘明寺観音。私も久しぶりに訪れました。一応、お賽銭を入れてお参りもしたのですが、時期的に初詣にはなりませんよね、きっと。(笑)

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8, Kodak 400TX

« 京浜急行「弘明寺駅」 | トップページ | 標準レンズとは? »

コメント

おはようございます。
弘明寺ですか。懐かしいですね。駅は知っているのですが。観音様は行ったことがありません。
この夏には行ってみようかと思っています。
娘を縁日に連れて行ってやったら喜びそうです。
今日は当地ドイツは降雪で、早速503CXに
デジタルバックを持って撮影に行って来ました。
レンズはC100mmF3.5です。
デジタルですと4X4に成ってしまうので、100mm
では苦しいところも有りました。
ではでは。

おはようございます。
弘明寺さん、立派ですね。こんなに大きなお寺だとは知りませんでした。これは一度行ってみたいですね。横浜育ちですが、あまり京浜急行には縁がなかったので、KONDOHさんの京急沿線のお写真は、とても新鮮です。私も京浜急行各駅停車の旅をしてみたくなりました^^

ハマさん、おはようございます。
弘明寺観音は駅を下りて直ぐのところにあります。夏に帰国されたら、お嬢様を連れていらしてみて下さい。商店街は弘明寺観音の下になりますから、縁日も楽しめると思います。
ドイツは雪ですか。当地横浜も今年は雪を見る機会がありました。
ハッセルにデジタルバック、4x4との事ですが、丁度35ミリフルサイズに対し画角が1.5倍になるAPS-Cみたいなものですね。でも、楽しめそうでホントに羨ましいです。

koukoさん、おはようございます。
地元では有名な弘明寺観音ですが、横浜でもちょっと西部に住んでいると行く機会はないと思います。
今度、京急線に乗る事がありましたら、下車して拝むのも良いかもしれません。
京急線、まだまだ続けますよ。

こんにちは。
難読ですね。てっきり「こうめいじ」だと思っていました。求を「ぐ」とか「く」とか読むことはあっても、弘を「ぐ」と読むのは珍しい気がします。
お寺は高台にあるようですね。眺めは良いのでしょうか。

ビワさん、こんばんは。
そうですよねぇ・・・、普通は「ぐみょうじ」って読みませんよね。
私は子供の頃からそう呼んでいるのでブログにふりがなを付けておく事に気が付きませんでした。自分の中では当たり前の事が、世間一般には当たり前でない事の場合もあるという良い勉強になりました。
階段があるので眺めが良いように思われるかもしれませんが、坂の途中という事と、商店、住宅に囲まれていますので、眺望はまったく・・・という感じで、期待しないで下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜急行「弘明寺駅」 | トップページ | 標準レンズとは? »