« ドクターイエロー | トップページ | 中判デジタル・・・ »

2010年3月11日 (木)

蛍石(フローライト)

Img_2857

蛍石(フローライト)、キヤノン製EFレンズに使われているものの原石です。見た目、何だかわけの分からないこの石がレンズとして生まれ変わると、色収差の補正に大変効果があるとの事。随分前から自宅にあるのですが、どういう経路で頂いたのかすっかり忘れております。(笑)

キヤノンさんの説明によると、自社で蛍石の人工結晶生成技術開発を行い、人工結晶による蛍石レンズの実用化に成功、最初に使われたのが1969年、FL-F300mm/F5.6という望遠レンズが世界最初の写真用レンズになったとの事です。その後、FDレンズやEFレンズの高級タイプに使われているのはご存じの通り。

私の持っているレンズでこの蛍石が使われているのはEF 70-200mm/F4L IS USMの一本だけ。嘗てEF 300mm/F2.8L USMを持っていた事もありまして、このレンズも蛍石を使っていたはずです。さすがキヤノンさんご自慢のレンズだけあって、描写に文句はありませんでした。

間もなく発売されるNEW EF 70-200mm/F2.8L IS USM II にも蛍石が使われているようで、現行品よりは設計も大幅に変わっているようですから描写性能もかなり良くなっているものと思います。現行品の基本設計はもう15年くらい前のものですからね。私は今持っているF4のタイプで充分ですが。

Img_2096
エア・タヒチ・ヌイ A340-300(F-OJTN) 成田空港にて

そのF4タイプで撮影した写真です。南国の楽園タヒチ、行ってみたいですねぇ・・・。

Canon EOS 7D + EF 70-200mm/F4L IS USM

« ドクターイエロー | トップページ | 中判デジタル・・・ »

コメント

おはようございます。
この石をお持ちなのですか! キヤノンのカメラやレンズを使ったことはありませんが、ブログなどで優秀な望遠レンズのことはよく目にします。この石からできているのですね。KONDOHさんのところには、なにやらいろいろ珍しいものがありそうですね^^

koukoさん、おはようございます。
蛍石を一眼レフ用レンズに使っているメーカーは今のところキヤノンさんだけのようですが、他社もEDレンズなどで色収差補正をしていますし、ニッコールの望遠レンズも優秀です。
私のところにいろいろなもの・・・ですか? いえ、清楚にひっそりと暮らしていますから、外には何も。(笑)

おはようございます!
フローライト、魅惑的ですよね。
うちにあるフローライトといえば、望遠鏡の「タカハシ製作所」のFL-102と、小さな原石だけですが、人工結晶の技術はキャノンが世界に先駆けて、ですよね。自然のものは「水滴に弱い」(水で溶ける分子構造)ので、第一面に持ってくるのは大変だと聞きました。もっとも、コーティングが発達したのでもう大丈夫だと思いますが。

こんばんは。
蛍石(フローライト)のモニュメント?魅力的ですね!

NEW EF 70-200mm/F2.8L IS USM II のMTF値を見たらすごく優秀そうなレンズですね。次期1DsmkⅣの高画素への対応レンズでしょうか。
15年くらい前設計のEF70-200mm/F2.8L を10数年使っていますが自分には充分な性能です。自分では珍しく新品で買ったレンズで・・・。

こんばんは。
このところ、キャノンレンズ、しらずにふえて5本になってしまいました。が、しかし使いきっておりません・・・

ろだごんさん、こんばんは。
望遠鏡にも使われているそうですね。
おっしゃるように人工結晶はキヤノンが世界に誇る技術だそうで、カタログ等で宣伝するだけの事はあるのでしょう。
そうですか、自然のものは水に弱いのですか・・・、知りませんでした。

harasawaさん、こんばんは。
多分、NEW 70-200/F2.8Lは満を持して・・・という感じなのでしょうね。MTF値で見ると優秀ですか。やはり高画素への対応なんでしょうね。
harasawaさんは初代の70-200/F2.8Lをお使いですか。10数年お使いですと愛着もかなりのものと推測致します。
実は私にとって初めてのキヤノン白レンズはこの初代70-200/F2.8Lなんです。この姿デザインに憧れまして、私も奮発して新品を購入しました。ただ或る理由から手放してしまいましたので、このレンズをデジタルで使った経験がないのです。5D2や1Ds3をお使いの方からはいろいろおっしゃる方も出ているようで、時期的にもモデルチェンジがあって不思議はないでしょうね。
しかし私には高過ぎて手が出ません、残念ながら。(;_;)

ramble-leicaさん、こんばんは。
おお、キヤノンレンズが増えておりますか。
ramble-leicaさんはライカ中心ですから、なかなかキヤノンまで・・・という感じでしょうか。

エアー・タヒチ・ヌイ、7月のイースター島皆既日食ツアーにタヒチ直行便が飛びます。
タヒチからまた5時間の飛行でイースター島、日食観測、たしか日帰りでまらパペーテへ。
あとの3日ぐらいはタヒチでフリー、朝食のみとかで、どうするんでしょうか(笑)。
阪急航空、目下キャンセル待ち受付中です。
いえ、ぼくは参加の予定はありませんが。

こんにちは。
凄いものをお持ちなんですね。しかもキヤノンの名前入り。キヤノンは半導体の露光装置で蛍石のレンズを使うから得意なんでしょうね。
タヒチ、いいですね。暖かい上に花粉が飛んでいない。(笑)

kurakameさん、こんばんは。
タヒチへ皆既日食ツアーですかぁ・・・。いいでしょうねぇ・・・。
しかし私みたいに会社勤めの人間は仮に資金が有ったとしても(私はないですが)、休みが取れないですねぇ・・・。
私、有給休暇が40日有るのですが、この一年一度も取っていないです。これが私の勤務先の現状です。(笑)

ビワさん、こんばんは。
自分でもどういう経緯で頂いたのか全然思い出せないんです。もう、大分経っていますし・・・。
タヒチ、花粉がないですか。最高ですね。(笑)
今日も眼が猛烈に痒いです。

昨日お尋ねしましたが
キャノンレンズでとうせき?を使用したレンズの
写真は見分けがつくのでしょうか???
私、初心者ですので、ぜひご指導お願いします

銀色の猫さん、こんばんは。
昨日のご質問は2月27日付け「オリンピックの事」の記事にコメントされていらっしゃいましたので、そこにコメントを返させて頂いております。

ですが、同じ文面をこちらにも掲載しておきますね。

蛍石の事でしょうか?
多分、分からないと思います。(^^;
こういう事は使っていないレンズと一緒に寸分違わぬデータで撮影し、大判にプリントしたものを子細に見比べて初めて分かる事ではないでしょうか。
ただ高画素のデジタルカメラで撮影すると、色収差の強いレンズはA4サイズくらいのプリントでもハッキリ分かります。
しかし撮影された写真そのものの価値まで低くなるわけではないですから、あまり気にする必要はないと思います。
使い捨てカメラで傑作を撮られる方だって沢山いらっしゃるわけですから。

ちなみに蛍石は普通に「ほたるいし」と読みます。

初心者の私にご親切に、丁寧なコメント、ご指導頂き
有り難うございます。今後ともご指導宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドクターイエロー | トップページ | 中判デジタル・・・ »