« 期限切れフィルム | トップページ | 東急世田谷線 »

2010年3月22日 (月)

思い出の商店街

50_24
横浜市南区、ドンドン商店街

今日も個人的郷愁から撮影した写真で恐縮です。小学生の頃に住んでいた家から程近い商店街を久しぶりに・・・ホント何年振りかで歩いてみました。これまでも車で通った事はあるのですが、歩いたのはいつ以来か自分でも記憶がありません。

50_26

ここのセブンイレブン、昔は酒屋さんだったのですが・・・。というより、その酒屋さんはクラスメートのSさんの家だったのですが、今はセブンイレブンで上はマンションですかぁ・・・。酒屋さんがコンビニエンスストアに変わる事は良くありますが、経営者は同じなのかなぁ・・・?

50_27

和菓子店、三吉野さんはまだお店がありました。店構えはすっかり変わっていましたが。子供の頃、ここで草餅などを買って食べたものです。「いちご姫」というのが美味しそうだったので、ピントはここに置いてます。(笑)

50_32

商店街のはずれにある市場、どうやらまだお店が集まっているようです。少し離れたところにあった市場は現在マンションが建っていました。時代の波ですねぇ・・・。卒業式があったのか、坂上の高校から親子連れが歩いて来ていました。

50_31

以前は午後三時から六時の間、路線バス以外、一般車は通行止めだったのですが、今はそれもなくなっています。買い物客が大分減ったからのようです。お店を閉めてしまったところも結構ありましたから、すっかり寂れてしまったようです。夕食等の買い物、ご近所のお母さん方は皆ここに来ていたのですけどねぇ・・・。

50_33

上のバス停の写真のところから左手、坂を上がった途中で撮影した写真です。

先日の弘明寺商店街はまだまだそれなりに買い物客が来ているようですが、ドンドン商店街は昔の面影はすでになく、ちょっぴり寂しい気持ちと懐かしい気持ちとが交錯して、複雑な気持ちでのお散歩写真でした。

NIKON F3 + Nikkor H-Auto 50mm/F2, FUJICOLOR 400

« 期限切れフィルム | トップページ | 東急世田谷線 »

コメント

思い出の地、KONDOHさんの心の中には、写真に写っていない多くの光景がよみがえったのではないでしょうか。
 また過去と現在のどちらにピントを合わせたらいいのか、現在なのに過去にピントが合うような不思議な経験をされたのではないでしょうか。

 ・・・。私の場合ですが、忘れたと思っていた、様々な人との出会いが浮かんできました。そして、その中には、昔の自分もいたのです。(笑)

 やはり原風景でしょうか。

おはようございます。
私も横浜の写真を撮り始めてから、自分の生まれ育った町へ行ってみました。商店街などは寂れていたのですが、中には建て替えられて建物は変わっても同じ屋号の店があったりしました。小学生の頃の自分に一気にもどった気がしました。寂しいような懐かしいような気分、ほんとに、そんな感じでした。

pyosidaさん、おはようございます。
人それぞれ思い出の地、というのはある事でしょう。特に子供の頃の記憶っていろいろと残っているもので、やはり懐かしさが込み上げて来ます。
それでも私の場合は横浜から動いていませんので、そう大袈裟な郷愁感ではないのですが、pyosidaさんの場合はかなりの距離を移動していらっしゃるようですから、またいろいろな思い出がある事と思います。

koukoさん、おはようございます。
koukoさんも生まれ育った町へ行かれて写真を撮られたのですか。テレビなどで紹介される商店街の中にはまだまだ賑わっているところがあちこちあるようですが、時代の流れ・・・大きなスーパーなどが出来て商店街が寂れてしまったところも結構あるのでしょうね。
ちょっとおセンチな気持ちになったお散歩でした。(笑)

おはようございます。

私も横浜の日吉に小学校1,2年生のころ住んでいました。楽しかった思い出ばかりか残っています。

その後一度近所の親しかった家を訪ねて行ったことがありましたが、今は場所も憶えていません。

父親が結構力を入れて建てた家でした。その家は人に譲り今はもう無いでしょうが、もう一度行ってみたくなりました。

yymoonさん、おはようございます。
日吉に住んでいらっしゃったのですか。日吉も住宅地というイメージですが、やはり時代時代でかなりの変貌を遂げているものと思います。
やはりどなたでも育った地にはいろいろと思い出があるものです。たまにはそういう地を歩いてみるのも良いですね。

こんにちは。
酒屋さんがコンビニに。ありがちですが、これも時代の流れでしょうか。和菓子屋さん、残っていて良かったですね。ほっとします。その下のお店、外れた文字が気になります。
郷里の商店街が寂れているのを見ると残念に思うのですが、出て行った者があれこれ言うわけにもいかないですし、複雑です。

ビワさん、こんばんは。
そうですね、酒屋さんがコンビニ、良くあるパターンですね。
現在の自分が和菓子屋さんに入る事は先ずないですが(笑)、今でも営業が続いていて良かったです。
外れた看板の文字、小さいカタカナで「ユ」が落ちています。もう、修復する経費が勿体ないのでしょうね、きっと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 期限切れフィルム | トップページ | 東急世田谷線 »