« 京都・嵐山 | トップページ | 東京駅・新幹線風景 »

2010年4月 6日 (火)

IXY 920 ISで京都スナップ

Img_2970

昨夜は早い時間から爆睡しちゃいまして、眼が覚めたら夜中。で、今日はコンパクトデジカメでスナップした写真を安直に並べての更新です。ご容赦。

Img_2959

Img_2975

Img_2976

Img_2993

Img_2988

Img_2966

今時畳屋さんを見掛ける事自体珍しいですが、年代と京都らしい雰囲気を感じたのでパチリと。

Img_2956

JR嵯峨野線の「嵯峨嵐山駅」です。こちらはモダンな造り。

Img_2997

鉄道にも女性の進出が目立つようになりましたね、特に関西は。良い事だと思います。

Img_2974

嵐山での昼食セット。

撮影した写真をモニターで開いてみるとコンパクトデジカメはハイライトが飛びやすいですね。DMRで撮影した写真の後に920 ISの写真を見ると、その落差に愕然とします。まぁ、仕方ないですが。

Canon IXY DIGITAL 920 IS

« 京都・嵐山 | トップページ | 東京駅・新幹線風景 »

コメント

KONDOH さん
コンパクトデジカメは音楽でいえばMP3プレーヤーの音質ですね。でも、フィルム時代の一般コンパクトと一眼レフほどの歴然とした差はありません。コンパクトデジタルでもすぐれものは存在して、LUMIX LX3などは絞り開放(F2.0)から使っても、その画質の良さに思わずうっとりするろとがあります。

おはようございます。
お加減はいかがでしょうか。ご無理なさいませんように。
路面電車はいいですね。まわりの風景が、まったりとした感じに見えます(^^)いろいろな車体も撮る側にしてみると楽しいですね(これは鉄子の言葉ですね^^;)。最後の定食の茶そばが、美味しそう。京都らしい♪

一葉さん、おはようございます。
LX3は評判が良いようですね。私が使って来た何台かのコンパクトは大同小異なので、センサーサイズの限界と思っていました。
しかしDMRと比較する事自体が間違っているのですが。

koukoさん、ありがとうございます。
路面をゆったり走るのは情緒があって良いですね。色違いの車両撮影は或る意味記念撮影と同じです。せっかく来たのだから・・・という感じでしょうか。
最後の定食写真はおまけ。(笑)

 おはようございます。
 ・・・。・・・。・・・。

 あぁ・・・。RANDENですが、パープルまで登場しましたか・・・。
 ピンク系の京子(井筒八つ橋)は、好感を持てますが、茶のロココ風のも好みが分かれるところです。

 熟睡されて、風邪の方は一段落されたでしょうか。

pyosidaさん、おはようございます。
嵐電も随分カラーが豊富で、こんなに種類があるとは気が付きませんでした。
井筒八つ橋は嵐山から乗車した車両です。茶のロココ風、私は結構好感持ちました。
風邪の方は大分良くなって来ました。明日は出勤出来そうです。

KONDOHさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆

おかげんいかがですか?
順調に回復なさっているといいのですが。。。
お大事になさってくださいませ。。。

嵐電は、いろいろな車両が走っているのですね。。。
桜のデザインの車両 素敵です~(o^∇^o)ノ

紫色の車体は開業100年を記念した「京紫」というカラーです。
この京紫は西洋においても高貴な色とされ日本でも上代の官位や服飾の制度が定められて以来最も高貴な色とされ現代にも受け続けられています。文学に興味があり思い出しました。
私もこの車両撮影したいと思いました。
コンデジも小さなCCDでは限界があるのではと思いますが何とか使いこなしたいと思っています。風邪こじらせずご静養下さい。

マリアさん、こんばんは。
ありがとうございます。90%回復致しました。
午後から我慢出来ずに桜の撮影に出掛けてしまいました。(^^;
嵐電はマリアさんの地元ですから、マリアさんも嵐山に出る時には乗ってみて下さいませ。

TOKIWAIさん、こんばんは。
風邪の方はもうほとんど大丈夫です。今回は早めに静養したのが良かったのか、午前中まで寝ていたのですが、体調も大分良くなったので午後からちょこっと撮影に出てしまいました。
ところで紫色はそういった歴史があるのですか。これは勉強になりました。偶然でしたが、良いものを撮影出来ました。

こんにちは。
画質はしょうがないですね。同等だったら一眼レフの出番がないです。その代わり、電車の中でも気楽に使えますよね。
茅葺きとは珍しいですね。今時、地方でもそうそう見かけなくなりました。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通りですね。気軽に使えるのがコンパクトの良さですから。DMRの後に画像を開いたものですから、差を感じてしまいました。
茅葺なんて今時都市では珍しいですねぇ・・・。それで私も思わず撮影してしまったのですが。

ん〜、画質の件、一眼とコンパクトカメラについては、今のようにデジタルになってからは差がありますが、フィルムの頃はデジタルほど差は無かったですよね。
KONDOHさん愛用のT2とか私の使っているTC-1などは下手な一眼のレンズより良い写りですよね。
小さく、軽く、気軽に使えるのは今のコンデジに通ずるモノがありましたしね(^o^)
私がDPシリーズを使ったり、KONDOHさんが4/3を使うのも少しでも良い画質を求めて...かな。
気軽に使えるのは良いですが、画質に差があるのはあまり嬉しくない状況ですね。

ボン村上さん、こんばんは。
フィルム時代は一眼レフもコンパクトも同じ35ミリフィルムでしたから、T2やTC-1のようなレンズに拘ったカメラは一眼レフに負けない画質だったですよね。
ところがデジタルはセンサーサイズが違います。これがやはり画質の決定的差になってしまっているようです。
おっしゃるようにコンパクトで或る程度以上の画質を求めるとやはりAPS-Cや4/3のセンサーを搭載したカメラが必要になってしまいますね。
今回の920ISは出掛ける前から雨予報でしたので、こういう時にポケットに気軽に入れておける、これがコンパクトの最大メリットだと思います。
でも、ポケットに入れられて画質を望むとやはりDPシリーズかなぁ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・嵐山 | トップページ | 東京駅・新幹線風景 »