« 釧路記念写真 | トップページ | カラヤンのシベリウス »

2010年4月18日 (日)

京浜急行「立会川駅」

C80_03
京浜急行「立会川駅」

京浜急行シリーズ、今日は「立会川(たちあいがわ)駅」です。東京都品川区東大井、品川駅も直ぐお隣です。

C80_12

京急のホームとしては広くゆったりとしていて、京急線らしくないのに少々びっくり。(笑)

C80_14

京急線シリーズ、横浜から一気に東京まで来たのは、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の影響で坂本龍馬が時の人となり、龍馬ゆかりの地が話題となっていますので、私も土佐藩下屋敷が在った「立会川駅」に来てみたわけです。

C80_01

駅を出て左に折れると龍馬像が在ります。この龍馬像は「品川龍馬会」が高知から譲って頂いたものだそうです。私が撮影している周りにもカメラを持って観光に来ている人が結構いらっしゃいます。

駅で貰った資料によりますと、坂本龍馬が江戸で過ごした青年期は、1853年(嘉永6年)のペリー来航に続く「黒船」騒動の渦中。まさに激動の時代ですね。

C80_04
立会川

この写真は立会川の上に架かる「浜川橋」から撮影していますが、私が立っているところ、ここが旧東海道になります。

龍馬がこの地に来ていた当時、この浜川橋から東側は砂浜だそうで、そこに土佐藩は幕府の了承を得て沿岸警備のために砲台を設置したわけです。そして弱冠19歳の坂本龍馬は土佐藩の命を受けて、沿岸警備にあたっていたようです。

C80_09
浜川砲台跡

2004年、宅地造成地から50~120cmの石が発見され、識者の調査の結果、それらの石は砂地に砲台を設置するために使われた石と判明したそうです。それを記念して浜川橋から数十メートル離れた立会川沿いにこの砲台跡の記念碑が作られています。写真の石が発見された石。

C80_08

浜川橋から少し歩くと大井競馬場が在ります。競馬開催日には大変な人混みになるのでしょうね。土佐藩下屋敷が在った地に競馬場。なんとなく合わないような気が。(笑)

C80_07

そしてこちらは駅前商店街。この写真を撮影している時、私の背中側に国道15号線が通っているのですが、その15号線が現在の東海道になるわけです。ここから徒歩10分ほどのところに土佐藩15代藩主、山内豊信(容堂)のお墓があります。藩主は海に面した下屋敷が気に入っていたそうで、そこでお墓もここに作られたそうな。

京急「大津駅」の近くには龍馬の妻・お龍のお墓もあるそうで、京浜急行は今スタンプラリーなどを開催して人気を煽っているような・・・。

HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8, Kodak TMAX 400

« 釧路記念写真 | トップページ | カラヤンのシベリウス »

コメント

おはようございます。
ハッセルの京浜急行シリーズ、いいですね。ほんと私すきです^^ この駅は、大井競馬場の近くなのですね。
京浜急行沿線の町は、開港の頃の史跡にあちこちで出会えますよね。私は神奈川区の生まれですが、仲木戸や神奈川駅周辺でも、よく目にしました。

KONDOH さん、おはようございます☆
これらのお写真を撮られたHASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/F2.8 は、ひょっとして T コーティング無しの白鏡筒レンズですか。そうだとすれば、私の組み合わせとおなじです。オリジナルのスクリーンはアキュートマットほどクリアではないので交換しようかと思いましたが、ハッセルレンズはピントの幅が深いのでこのままでもぜんぜん問題ないみたいです。KONDOH さんは機材にこだわる方のようですので、きっとすでに交換済みなのでしょうか。

立会川、なかなか素敵な命名ですね。私は昨日の夕方、黄金町から南大田まで大岡川沿いを歩いてきました。今日も午後から日本大通りの新聞博物館に行き、朝鮮戦争の写真展を見て、そのあとまた黄金町の大岡川界隈を夕方の斜光の中で散策する予定です。昨日だけでは満足できませんでした。

こんにちは。
やはりモノクロが似合うんですね・・・
一度手に撮った事がありますが、手に負えないと・・・

立会川、懐かしいですねぇ、、、私が生まれ育ったのが、立会川に近いところだったので。ただし、もうちょっと上流の第二京浜と中原街道と立会川に囲まれたあたりですが、、、その頃から川というよりもこの写真のような流れでしたので、川遊びというような長閑さはありませんでした。
京急の立会川駅も高架になる前は、いわゆる京急線らしい駅でしたよ(笑)

こんにちは。
立派な龍馬像があるんですね。知りませんでした。龍馬ファンなら当然知ってるんでしょうね。
土佐藩の跡地に、文明開化の象徴である競馬場ができたのは不思議な感じです。

koukoさん、こんばんは。
ありがとうございます。時間が掛かりますが、地道に続けて行こうと思ってます。
はい、大井競馬場は直ぐそばなんです。今はナイター競馬で人気らしいのですが。
京浜急行は海に沿って走っているようなものですから、名所、史跡は多いのでしょうね。まして今は龍馬ブームですから、興味を持った人たちがあちこち訪れているようです。

一葉さん、こんばんは。
おっしゃる通り、T*コーティングのない白鏡筒のレンズです。80mmは計3本持っていますが、このレンズがモノクロとは一番相性が良いように思います。多分に感覚的なものもありますが。
500Cはノーマルのスクリーンのまま使っています。確かに暗いのですが、ピン山は掴み易い事と、アキュートが入ったボディも持っているので、生意気ながらその時代の息吹を感じながら撮影したいので、500Cは特にスクリーンを交換しようとは思っていませんです。
黄金町から南太田を歩かれましたか。私も先日歩きました。南太田町の大岡川沿いに小学生まで住んでおりましたので、思い入れもかなりあります。

ramble-leicaさん、こんばんは。
ハッセルは使ってみないと良さが分からないのではないかと思っています。お気に召しませんでしょうか?

tamuraさん、こんばんは。
立会川のお近くだったのですかぁ・・・。今日の写真を撮った後、立会川沿いをずっと歩いて大井町駅まで行きました。途中、いろいろな花が植えられている歩道などもあり、なかなか良かったです。
立会川駅、やはり建て替えられたのですね。なんとなく新しい駅じゃないかと感じていましたので。

ビワさん、こんばんは。
龍馬像が立ったのは比較的最近の事のようです。私も全然知りませんでした。利用する京急のホームでポスターを見て初めて知ったのです。(笑)
土佐藩下屋敷の在った近辺に競馬場、今思うと不思議な事ですね。

私は以前、500C/Mを所有していました。
今はブロニカDとレンズ4本、それといじって楽しむ用のハッセル1000Fしか持っていません。

日曜日にブロニカDでちょっとだけ撮影してみましたが、TX400しか手持ちが無かったので、夕方まで待っての撮影となりました。

こういうことはデジタルでは考えられないことですね。
ちょっとした不便?が、かつては撮影条件を考えた判断だったのだが・・・と、ちょっと懐かしく思い出しました。

ムさん、こんばんは。
お返事が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。
私もブロニカ S2を持っていますが、ブロニカも良く出来たカメラだと思います。
ハッセルの1000Fはフォーカルプレーンの初期のタイプですね。私も使ってみたいです。
デジタルの便利さに慣れちゃうと、フィルムは使い勝手がやや悪く感じられるところもありますが、昔は皆そうして使っていたのですよねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 釧路記念写真 | トップページ | カラヤンのシベリウス »