« フィルムカメラの衰退 | トップページ | 京成線「柴又駅」 »

2010年5月21日 (金)

京浜急行「京急川崎駅」

100_19
京浜急行線「京急川崎駅」

京浜急行線の駅紹介シリーズ、今日は「京急川崎駅」です。駅名の頭に「京急」と付くのはJR線の「川崎駅」と区別するためだと思うのですが、以前は「京急」ではなく「京浜」でした。「京浜川崎」「京浜蒲田」というように。調べてみたら「京浜」と付く駅名を「京急」に改めたのは1987年6月1日からでした。

100_13

駅舎は二層構造で、1階に改札口と「大師線」のホームがあります。上の写真がその大師線ホーム。本線のホームは階段を上がって2階となるわけです。

100_15

100_14

本線のホームですが、京急線のホームは個性的と申しましょうか、他の鉄道会社とはなんとなく作りが違うように感じます。

100_21

「あ!危ない!ぶつかる!」というシーンではありません。(笑)
品川方面から来た8両列車後方に4両を連結するところです。走っている職員の方は後ろの車両に乗り込む車掌さんです。

後ろ4両は「金沢文庫駅」で切り離され、前8両は終点である「三崎口駅行き」に、後ろ4両は「新逗子駅行き」へと別れるのです。

100_20

さあ、京急川崎駅から外へ出てみましょう。「JR川崎駅」方向へ歩いて行くと、ご覧のような標識が。「JR蒲田駅」と「京急蒲田駅」は結構離れているのですが、こちらは歩いてもわけない距離です。

100_24

横浜駅前の老舗百貨店といえば「高島屋」さんですが、川崎駅前の老舗と言ったらこの「さいか屋」さんでしょうね。

100_30

川崎市民の方には大変申し訳ないのですが、横浜の住民から見ると少し前までは川崎ってちょっと暗い(ダーティな)イメージを持っていました。しかし今はご覧のような地下ショッピングモール(アゼリア)が出来たり、街並みもすっかり綺麗になって、以前のようなイメージはまったくなくなりました。

100_27
地下ショッピングモール、「アゼリア」

暗いイメージ、やはり公営ギャンブルの競馬場、競輪場が在りますから、赤鉛筆に競馬新聞、競輪新聞を持った労務者風の人たちが駅周辺を右往左往していたのも原因のひとつだったのだと思います。

しかし今は若い女性やカップルですら競馬場に行くようですから、駅周辺の風景も変わるわけですね。私自身は川崎に行く事はほとんどないのですが、久しぶりに行ってみると随分と変わっているようです。

HASSELBLAD 503CW + Planar T* CFi 100mm/F3.5, Kodak 400TX

« フィルムカメラの衰退 | トップページ | 京成線「柴又駅」 »

コメント

おはようございます。
 今回、改めてKONDOHさんがHASSELBLADで駅と電車、また周辺を撮られているのは珍しいと思いました。

 電車に乗っていて、HASSELBLADにお目にかかったことがありません。

 しかし、HASSELBLADの姓がHAZEL(はしばみの穂)のBLAD(葉)から来ており、HASSELBLAD博士が鳥類の研究をし、スウェーデンに墜落した爆撃機にカメラがありそれを回収、HASSELBLAD博士に製造を依頼したわけですから、KONDOHさんの趣味とも共通しますね。

おはようございます。
川崎駅界隈の風景、変わりましたね~。驚きました。もうン十年も行ったことがないので、あたりまえですが、キレイになりましたね。
子どもの頃は、「京急」という短縮形で呼ぶことはあまりなかったような気がします。車掌さんの走っているお写真、ナイス・タイミングですね♪ このシリーズ、本当に楽しいです^^

pyosidaさん、おはようございます。
そうですねぇ・・・、ハッセルで鉄道を撮影している人なんて、あまりいらっしゃらないかもしれません。
ハッセルが墜落機に載っていたカメラを切っ掛けに設計製造、飛行機好きの私にも或る意味繋がりがありますね。(^^;

koukoさん、おはようございます。
川崎駅前周辺、大分変っております。上の「さいか屋」さんを遠目に写しているカットのところも現在工事中です。変な言い方ですが、垢抜けた街に変貌しております。
このシリーズ、完了するまでにはまだまだ道のりは遠いです。でも最後まで続けるつもりです。

川崎市民でありながら、川崎の中心部にはほとんどご縁がありません。川崎市の一番北の端っこあたりに住んでいるからです。
ちょっと前に、病院の付き添いで、数回この辺りに行って付近を徘徊しましたが、まさに、この風景でした。西口方面はもっとモダンに開発されていますね。
それにしても、ハッセルとモノクロームの重厚な描写、素晴らしいです。

おはようございます。
京急川崎駅は仕事でよく行った所です。

「さくらや」が駅を出てすぐのところにありましたが、今はどうなったのでしょう。

そういえば川崎といえば「さいか屋」でしたが、一度も寄ったことがりません。ずいぶん大きなビルだったんですね。気がつきませんでした。

川崎はJR側が再開発されて発展していますので、京急側はちょっと苦しいかもしれませんね。

何時拝見しても素敵なフォトですね。
現像なんか自家現像ですか?感心します。

はじめまして、スクエアフォーマットで撮られた
お写真とても素敵です!

このお写真って最近撮られたのですか?実は先日
京急川崎駅でハッセルで写真を撮られている方を
拝見したのでもしかして?と思ったもので
もし違っていたごめんなさい。

kurakameさん、こんばんは。
川崎市民でありましたか。文中に大変失礼な事を書いてしまい、どうかご容赦下さいませ。
以前の川崎は西口がおざなりになっていたようですが、随分と変貌したようですね。
最近の京急線を撮るのにモノクロでなくても良いような気が致しますが、モノクロの方が古びないような気が致しまして。

yymoonさん、こんばんは。
お仕事で川崎へいらしてましたか。「さくらや」さん、なくなったような・・・。
「さいか屋」さんは私も中に入った事がないのです。川崎では老舗中の老舗なんですが。もともと川崎自体、滅多に行ってませんでしたから・・・。
おっしゃるようにJR側がどんどん再開発されておりますね。京急の駅は少々奥まったところですし、知らない方には案外見過ごされているかもしれません。

ramble-leicaさん、こんばんは。
ありがとうございます。冬の間は液温調整が面倒なのでヨドバシさんに出していました。
大分前に一度貸し暗室さんで現像、引き延ばしのレクチャーを受けただけでして、自家現像と申しましてもかなりアバウトな処理です、私の場合は。(^^;

yossiiさん、はじめまして。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
yossiiさんのブログも拝見させて頂きましたが、京急を撮影されていらっしゃるのですね。嬉しいです!
京急は最近になって撮影を始めました。カメラも限定して撮影をしています。
さて、今日の京急川崎駅はゴールデンウィーク中の撮影です。なので少し前になります。

こんにちは。
JR川崎駅は南武線と東海道線の乗り換えでよく使いますが、大きいなビルが次から次へと出来ましたね。
京浜だと京浜東北線と紛らわしいからでしょうか。
下から2番目の写真、人がスッと入ってきた感じが良いですね。

ビワさん、こんばんは。
川崎駅周辺は大分変わりましたですよね。地下街が出来て大分経ちますが、その頃から徐々に再開発が進んで来ました。
おっしゃているカット、こういう偶然がスナップの面白さなのかもしれませんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィルムカメラの衰退 | トップページ | 京成線「柴又駅」 »