« G Biogon T* 28mm/F2.8 | トップページ | 自転車・・・自転車・・・ »

2010年6月 1日 (火)

フラッグシップ機への憧れ

50_23

写真撮影を楽しんでいれば、どなたも愛好するメーカーの最高級機、俗に言うフラッグシップ機を使いたいという願望はあると思います。もっとも常にフラッグシップ機ばかりお使いのユーザーも沢山いらっしゃるようですが。

50_25

銀塩時代、私はカメラについては大のニコン党でした。それというのも最初に購入したF3がすっかり気に入ってしまい、以降新品、中古を問わず、FからF6まで使ったくらいですから。デジ一眼もD1X、D2H、D3と、大分無理して入手したのですが、デジ一眼に関し今はいずれも持っていません。(^^;

50_33

ところがキヤノン製デジ一眼のフラッグシップ機、EOS 1Dsシリーズ、1Dシリーズ、未だ一機種として入手した事がないのです。一度フルサイズ、APS-H問わず、どちらか一度は使ってみたいなぁ・・・という願望を持っています。

最近のキヤノン製中級機も大分良くなって来たと思いますが、やはり「1系」の凄みは中級機とは別物ですから。特にキヤノンさんのカメラ作りは「1系とその他のカメラ」という棲み分けがハッキリしていますので。

しかし使ってみたいという願望は持っていても、懐具合がとても追い付きませんねぇ・・・。銀塩フラッグシップ機ならご存知のように昨今の中古市場に於ける銀塩カメラは信じられないプライスが付くようになっているからなんとか入手出来るのですが・・・(^^;

Canon EOS 1NHS + EF 50mm/F1.8 II, FUJI TREBI 100C

« G Biogon T* 28mm/F2.8 | トップページ | 自転車・・・自転車・・・ »

コメント

KONDOH さん、おはようございます☆
フラッグシップ願望、とてもよく理解できます。若いころは最高機種でなければ満足できませんでした。最近はデジタル一眼で上から二番目、あるいは三番目くらいの価格的にこなれていながら機能面で優れた機種を選ぶようになりました。我慢することができるようになったみたいです。ところが最近になってフィルム一眼でフラッグシップ熱が再発してしまい、数日前にはキャノンNew F1 AEファインダー付きを買ってしまいました。購入するときの口実は「各社のフラッグシップを手元に揃えなければならない!」でした。価格は16800円、とんでもない値段になってしまったものです。私にとっては嬉しいことです。

 おはようございます。

 フラッグシップ。だいたい大きくて重いので、私は欲しいと思ったことがありません。
 極めつけは、価格です。

 やはりコンパクトな物がいいです。
 写真ですが、色が鮮明ですし味わい深い物があります。
 

おはようございます。
フラグシップ機、お値段も重さもわたしには問題外の世界ですが、NikonのD700の写りなどをあちこちで眼にすると、やはりいいなぁと思いますね。重さもハッセルを使っているのだからと考えれば不可能ではないのですが、でもお散歩に持ち出そうという気にはなりそうもないです。
こんな記事を書かれていると言うことは、もうCanonのフラグシップ機入手は近いのでしょうか^^

一葉さん、おはようございます。
フラッグシップ機を入手した時、何より満足感が大きいのだと思います。しかしAF時代の一眼レフは大きく重くなりましたから、案外稼働率はその下のモデルの方になったりしていたような気がします。F5とF100が良い例かもしれません。
でも、稼働率は少なくても持っていたいと思うのがまたフラッグシップ機ではないかと。いえ、あくまでも自分の場合は・・・ですが。(笑)
New F-1AE、16800円ですかぁ・・・。F-1系は外装の程度で価格に大きな違いがありますね。しかしそれにしても安いですねぇ。これも名機です。

pyosidaさん、おはようございます。
おっしゃるようにどこもフラッグシップ機は大きくて重いですね。特にAF時代になってからはどんどん肥大しましたから。
フラッグシップ機への憧れみたいな事を記事にしましたが、DP1s一台でお散歩写真していると、これもまた気軽だし楽しいなぁ・・・と思う事も真実であります。
たまにリバーサルフィルムを使うとネガと違うコントラストにハッとしたりします。

koukoさん、おはようございます。
フィルム時代はフラッグシップ機も入門機も、使うレンズが同じなら写りも同じだったのですが、デジタル時代はカメラの違いが大きくなりましたですね。
でも、さすがにデジタルも1000万画素を超えるようになってからは例え入門機でも侮れない時代になりましたから、フラッグシップ機を持つという事は単なる自己満足かもしれません。

>こんな記事を書かれていると言うことは、もうCanonのフラグシップ機入手は近いのでしょうか^^

非常に勘の鋭いkoukoさんも、残念ながらこれは外れています。(笑)
じぇんじぇんお金が足りませ~ん・・・(;_;)

おはようございます。
学生時代に欲しくてほしくてF3を新品で購入したのを思い出します。しばらく使ってましたね・・・
今はライカの軽いのを使っていますが、もう重いデジ一には戻れませんが・・・

まさにコンデジも携帯も1000万画素を超えるようになってからはフラッグシップ機を持つという事は単なる自己満足かもしれません。重さもさることながらレンズの選択も大変で買い揃えるのも先立つものもなく手持ちのレンズをもマニュアルで使いこなしています。
一方私もiPhone を購入しアプリもDLし撮影してこれで間に合うのではとすら思いつつ撮影しています。
しかしフラッグシップの魅力は捨てがたく技術も必要ですが可能な限りフルに使いこなしたいものだと考えています。

ramble-leicaさん、こんばんは。
F3は販売期間が長い事もあって、使っていなくても持っている、という方が相当数いらっしゃるものと思います。私も嘗て新品を2台購入し使っていましたが、その後売却。ブログでも記事にしましたが、春先に未使用品らしきものをまた入手し、懐かしい気持ちがいっぱいです。

TOKIWAIさん、こんばんは。
デジタルに関しては画素数だけなら携帯カメラでさえ1000万画素を超える時代になりました。携帯でもそれなりに写るのですから、大きく重く、価格の高いカメラを敢えて購入するというのは自己満足以外の何物でもないと思っています。
でも、機械に対し拘りを持つとフラッグシップ機を・・・という感じでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« G Biogon T* 28mm/F2.8 | トップページ | 自転車・・・自転車・・・ »