« 富良野線 | トップページ | 富良野・美瑛ノロッコ号 »

2010年6月13日 (日)

北の風景

Img_1269
美瑛(2010/06/07)

美瑛の畑が潤うのはまだまだこれからのようで、今ようやく芽が出て来たところが多かったです。遠く十勝岳連峰を望む風景、一大パノラマが目に焼き付いています。こういうところこそパノラマ撮影が向いているのではないかと思います。

Img_1543
美瑛(2010/06/08)

今日は美瑛二日目の写真を中心にご覧頂きますが、十勝岳連峰を背景にした写真が多くて・・・。(笑)

Img_1545
美瑛(2010/06/08)

右から美瑛岳、美瑛富士、ベベツ岳、オプタテシケ山という並びです。二日目はお昼頃から大分雲が出て来てしまったのです。

Img_1577
美瑛(2010/06/08)

Img_1553
美瑛(2010/06/08)

美瑛で見たタンポポにはびっくりしました。横浜で見るタンポポと違って背丈は高いし、黄色い花がまた大きいのです。美瑛のタンポポは「純国産」という事らしく、タンポポも外来種があるそうで、横浜などで見る小さめのタンポポがそうなのでしょうか?

Img_1600
美瑛(2010/06/08)

白樺をオーバー目の露出で撮ってみました。移動中カーラジオを聞いていたら、リスナーからの葉書を読むコーナーで、「毎年この時期に一ヶ月くらい花粉症になるので、白樺の花粉が原因だと思っていたらそうではなく、イネ科の雑草の花粉が原因だった」という投書がありました。

この葉書を読んだ女性パーソナリティも、「そうなんですよぉ・・・、この時期はイネ科の雑草の花粉にやられる人が多いんですよ」と言ってました。へぇ・・・、北海道ではそんな花粉症があるんだ・・・と思っていたら、横浜に帰宅する頃からくしゃみが何度も出て来まして、自分も軽い花粉症に罹ったようです。(笑)

Img_1576
美馬牛小学校(2010/06/08)

「びばうし」と読みます。と言いつつ、私もうっかり「びばぎゅう」と言ったりしちゃうのですが。前田真三さんの写真集で超有名になった「塔のある小学校」です。三年前の夏、観光バスの車窓から見えた時に凄く興奮した事を思い出します。(笑)

Img_1345
富良野(2010/06/07)

二日目、四季彩の丘と拓真館で中国の団体客と遭遇したのですが、拓真館は大変な喧騒となり、早々に退散してしまいました。

塔のある小学校が朝霧に靄っている前田真三さんの有名な作品、全倍のサイズが25万円、全紙サイズが15万円です。全紙サイズのオリジナルプリントを購入して、自分の部屋に飾っておきたいなぁ・・・と、拓真館で見入ってしまいました。

富良野から美瑛に向かう途中、上富良野にある高橋真澄さんのノースランドギャラリーで作品を拝見したのですが、パノラマ撮影した虹の写真が素晴らしかったです。記念に写真集を二冊購入して帰って来ました。

Canon EOS 7D + EF-S 15-85mm/F3.5-5.6 IS USM

« 富良野線 | トップページ | 富良野・美瑛ノロッコ号 »

コメント

おはようございます。
朝からこのような清々しいお写真を見せていただき、贅沢な気分になっています。美瑛はすてきですね。前田真三さんの写真が私も大好きですから、「おぉ~これが美馬牛小学校」と感激です^^
高橋真澄さんのパノラマ写真もサイトで拝見してきました。今日の記事の冒頭でKONDOHさんがおっしゃっていることがよくわかりました。パノラマ撮影って、確かにこういう場所のためにあると思いました。

koukoさん、おはようございます。
美瑛は前田真三さんが全国に広めたようなものですが、前田さんも初めて訪れた時には相当な感動を受けたものと思います。
可能なら自分も毎月、いや毎週でも通いたいくらいです。(笑)
雄大な景色はパノラマ撮影が合うなぁ・・・と自分の目で見て感じましたです。

おはようございます。
こうして拝見してまして、又デジ一がやってきました。
D700、24−70f2、8ですが、ニコンとキャノンではやはり色ノリ等、違いが出ますね・・・

こんにちは。
まさにこの時期にしか見られない風景ですね。
夕焼け、見とれて撮るのを忘れてしまいそうです。

ramble-leicaさん、こんばんは。
D700に24-70/2.8ですかぁ・・・、羨ましいです。
キヤノンはデフォルトでもややこってりとした色合いだと思います。D3000ですが、久しぶりにニコン製デジ一を使ってみたら、案外あっさりとした色に感じました。キスデジなども彩度の高い色合いですが、キヤノン、ニコンの違いって結構あるものですね。

ビワさん、こんばんは。
もう少しすると畑も緑豊富になるのでしょう。今回はその手前の風景でした。土が見える風景も良いものだと思いまして。

北海道のタンポポは大きいでしょう(^_^;)
私も見た時はビックリしました。

あっ、「ほっけ」も大きくてビックリでした(^^;)

ボン村上さん、こんばんは。
そうでしたねぇ・・・、ボン村上さんは一時期北海道に在住していたのですよね。あの大きいタンポポには少々びっくりしました。
そうそう、ほっけも大きいですねぇ・・・。こちらで売られているほっけの3倍は間違いなくありますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富良野線 | トップページ | 富良野・美瑛ノロッコ号 »