« 美瑛の丘 | トップページ | 富良野線 »

2010年6月11日 (金)

十勝岳連峰

Cf150_02
十勝岳(2077m)

美瑛からは十勝岳連峰を至るところから見る事が出来ます。もちろん大雪山系も。六月になるというのにご覧のように未だ雪がかなり残っています。私が撮影している周りにも積雪が残っていて、まさか六月の暑い時期、雪の上に自分の足を踏み入れるとは思ってもいませんでした。

写真は活火山である事を証明するように、少ないとはいえ噴煙を上空に噴き上げている十勝岳です。ここまで入山出来るようになったのは5月7日からで、僅か一ヶ月前の事なのです。ゴールデンウィーク中は未だゲートが閉じられていて、入山禁止となっていたのだというのですから、さすが北の大地です。

Cf150_21
美瑛富士(1888m)

十勝岳連峰は十を数える山々の峰からなっており、ちょっとした山脈を見る思いです。最高峰は十勝岳の2077mですが、美瑛の丘から眺めるとこの美瑛富士は十勝岳から三つ左に位置しています。

美瑛富士、見る位置によってはまさに富士山のような流麗な姿で目を楽しませてくれます。富士山のような・・・という意味では羊蹄山が蝦夷富士と言われるように、本当に富士山そっくりです。旭川空港に向かう途中、機窓から見た羊蹄山は素晴らしかったです。

Cf150_22
美瑛岳(2052m)

そしてこちらは美瑛富士の右隣に位置する美瑛岳。十勝岳に次いで高い山になりますが、十勝岳連峰は2000m級の山々が連なっておりますから、遠目に見ても実に雄大です。今思えば雪が残っているうちに出掛けて良かったと思います。もう二週間もすれば雪はなくなってしまうとの事でした。

Cf150_20
白ひげの滝

十勝岳連峰から地下を通って岩の間から流れ落ち、その水が美瑛川へと流れ込んで行ってます。先日の「青い池」はその美瑛川にダムを建設した際に出来た池だそうで、いろいろな成分が混ざり合って青色に輝いているようです。

久しぶりに雄大な北の大自然と触れ合う事が出来、感動と感激を味わって来る事が出来ました。

※ 以下は私的コメントになりますが、ご容赦下さい。
横須賀方面のSさん、拙ブログを毎日ご覧頂いている事を間接的に聞きました。いつもありがとうございます。

HASSELBLAD 503CW + Sonnar T* CF 150mm/F4 + Planar T* CFi 100mm/F3.5, FUJI RVP 100

« 美瑛の丘 | トップページ | 富良野線 »

コメント

おはようございます。
見事な自然のお写真に、目が覚めました!
深緑の木々や山肌、白い雪、そして真っ青な空。ハッセルでの十勝岳、素晴らしいですね。最後の滝も、流れ落ちる水の冷たさが感じられるようです。

koukoさん、おはようございます。
自然が作り出す景観、まったくもって素晴らしいですよね。
写真ではその一部を切り取っただけですが、自分の目には広大な大自然の一大パノラマが焼き付いております。

おはようございます。
雄大な自然がもたらす清涼な空気を感じさせてもらいました。

 こんにちわ。
 ハッセルも良いですね。

 特に最後の写真が好みです。(笑)

 ハッセルは持てないし、使いこなせないのですが、より広角の写真を見たいです。

yymoonさん、こんばんは。
たまにこういった大自然と向き合いますとホッとするようなところがあります。

pyosidaさん、こんばんは。
ハッセルは今随分安くなりましたから、入手のチャンスだと思います。
pyosidaさんは広角志向でしたね。北海道はパノラマ撮影に向いたところではないかと・・・。

こんにちは。
雪が少し残っていると表情があって良いですね。雄大さを感じさせます。

ビワさん、こんばんは。
はい、やはり雪が少しでもあるとないとでは印象が随分変わってしまいますよね。少し残っているうちに行く事が出来てラッキーでした。

こんばんは
以前夕張へハッセルブラッドを持って撮影に出かけたことがありましたっけ。
小生リリーズのファン(若い人は知りませんよね)でして、その生まれ故郷を是非見てみたいということで・・・
住んでいる仙台からだと苫小牧行きのフェリーが便利なんですがなかなかねえ。

ヒロさん、こんばんは。
ハッセルで夕張ですか。観光バスで通過しただけなんですよねぇ・・・。夕張は「幸せの黄色いハンカチ」の舞台になったところですから、一度くらいは行ってみたいです。
大判で美瑛、如何ですか?

さすが深みのあるいい色ですね。う~ん、また北海道へ行きたくなってしまいました・・。

うっちーさん、こんばんは。
北海道、私はすっかり嵌っています。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛の丘 | トップページ | 富良野線 »