« カブトムシの話 | トップページ | SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM »

2010年7月25日 (日)

エアバス A380

Img_1909
シンガポール航空 A380-800 (9V-SKG)

ルフトハンザドイツ航空のA380を撮影に行ったものの、飛来したのはB747という事でがっかりの成田遠征だった事は先日ご報告致しました。その直後に降りて来たのがシンガポール航空のA380でした。

以前もご紹介した事がありますが、再びこの世界最大級の二階建て旅客機をご覧下さい。大きなお腹ですねぇ・・・。

Img_1918

主翼に滑走路脇の芝生などが反射しているのがお分かりでしょうか? 主翼裏側が綺麗に磨かれている証拠ですね。

Img_1930

エアバス社はフランス、トゥールーズに本社を置くヨーロッパ連合四ヶ国による国際共同会社で、米ボーイング社に対抗する意味で設立されています。

A380-800

全長 : 73m
全高 : 24.1m
翼幅 : 79.8m
最大速度 : マッハ 0.89
巡航速度 : マッハ 0.85
航続距離 : 15,200km
巡航高度 : 13,100m

現在A380を導入しているエアラインはシンガポール航空、エミレーツ航空、カンタス航空、エールフランス、ルフトハンザドイツ航空ですが、その他韓国、中国、アジア諸国から発注されているようです。しかし肝心の日本からは未だ発注がありません。今後も予定はないでしょう。

ちなみに米ボーイング社はA380に対抗する意味で通称ジャンボこと、B747-400の後継機として最新モデルB747-8を開発中です。すでに今年二月、旅客型に先駆けて貨物型のB747-8Fの初飛行に成功しています。

Img_1963

堂々たる姿ですよね。機体の輪郭がイマイチなのは陽炎のせいです。離陸距離に3,000mを要しますから、空港を選んでしまうのが唯一の難点でしょうか。しかし一度くらい乗ってみたいものです。

Canon EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM

« カブトムシの話 | トップページ | SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM »

コメント

おはようございます。
一枚めのお写真は、まるでクジラか何かがお腹に子どもでも宿しているような姿ですね。飛行機が動物に見えてきます^^ しかし、本当に不思議。こんなに重そうなものがどうして空を飛ぶんだろう(子どものような疑問ですみません ^^;)

koukoさん、おはようございます。
なるほど、おっしゃるように子供を宿した巨大生物に見えなくもないですね。(^^)
子供のような疑問、私も一緒です。原理的には翼の上と下に流れる空気に速度差を出せば揚力、つまり浮く力が発生するという事はなんとなく頭では分かっていても、よくもあれだけの重さの金属が飛ぶものだとやはり不思議に思っちゃいます。(笑)

でかいですね・・・
まるで空飛ぶ要塞っていったところでしょうか!
本当、一度は乗ってみたいなあ〜

ramble-leicaさん、こんばんは。
大きいです。まさに空跳ぶ要塞ですねぇ・・・。
人間の技術は凄いものだと感心もします。

こんにちは。
斜め前から見ると、機首は不思議な形をしているのが分かります。同じ二階建ての747とも違いますね。操縦席が747より少し低いような気がします。横並びにして比較してみたいです。
二階からも搭乗できるのでしょうか。一階だけだと、すごく混みそうですよね。

こんばんは。

重たい飛行機が飛ぶのは、そのように作っているからだと思えばよいのですが、KONDOHさんが、酷暑の中で、とても重い当該ズームレンズを使って、撮影できることの方が不思議です(笑)。

ヨドバシで、当該レンズを持とうとしましたが、あまりの重さに驚き、腕を痛めるので、途中で元に戻してしましました。

写りは二の次にして、私には、軽いマイクロフォーサーズの望遠ズームしか選択の余地はなさそうです。

ビワさん、こんばんは。
機体のリアを見ると二階用の扉かと思えるものが見えます。しかし実際のところは私も分かりません。今度、或る方がA380に乗られるので、お話しを伺ってみます。

yymoonさん、こんばんは。
はい、このレンズは重たいです。ヨドバシで持ってみられたのですね。成田では手持ち撮影でしたが、酷暑の中、よく2時間も持っていたと自分でも思います。(笑)

中国南方航空にもA380が就航しました。
地元の広州白雲国際空港へ撮影のために、行ってきました。
よろしければ、当ブログをご覧下さい。

なに言うとりまんねん!さん、はじめまして。
拝見しました。
A380も少しずつ世界各地のエアラインで就航されるようになりましたね。
中国のエアラインのカラーで拝見するととても新鮮です。これからも素敵な写真を撮って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カブトムシの話 | トップページ | SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM »