« 私の愛聴盤 第2回 | トップページ | 夏の風物詩 »

2010年7月 3日 (土)

新幹線

50ii_49

東北新幹線、12月4日に八戸~新青森間が開業して全線開業となるそうですね。テレビのニュースで見ただけなのですが、最新型車両のE5系、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか? ノーズが凄いですねぇ・・・、漫画や映画にでも出て来そうな未来の乗り物のようなスタイル。最高速度も300km/hですからビックリです。

50ii_53

700系が登場した時も凄い顔だなぁ・・・と思ったものですが、今となってはE5系の比ではないですね。いずれ乗ってみたいと思うのですが、先ずはあのユニークなノーズを自分のカメラで撮影したいと思っています。

Canon EOS 1V HS + EF 50mm/F1.8 II, Kodak EBX

« 私の愛聴盤 第2回 | トップページ | 夏の風物詩 »

コメント

おはようございます。
新幹線もいろいろな車両がありますよね。新型車両がでるというニュースも、慣れてしまってあまりよく見なくなったためか、どれがどれだかさっぱりです(^^;) 飛行機嫌いとしましては、新幹線で北海道まで旅行できるとうれしいのですが^^

koukoさん、おはようございます。
う~ん・・・、北海道がお好きなkoukoさんが飛行機が嫌いなんて・・・おっしゃってはいけません。(笑)
新幹線で北海道まで、将来的には有り得るでしょうね。新幹線で九州まで行けるのですから。
しかしE5系のデザインは斬新的です。

やはりフイルムの描写はいいですね!
小さい頃から見慣れている感覚でしょうか。デジのようにスカット映らないところに安堵感があります。

東北新幹線の車両を新橋駅で(!)。
ドシロウトの想像ですが、湾岸大井のあたりの車両基地への行きか帰りなのでしょうか。

KONDOHさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆

え~~っ! 新橋でこの車両を撮影されたのですか~!
珍しい事もあるのですね。。。

最新車両E5系ですか。。。
思い出せません。。。この後 検索してみてみます~(笑)

KONDOH さん☆
EOS 1V HS + EF 50mm/F1.8 II の組み合わせは、なかなかキレのある良い写真が撮れますね。ニコンの場合もそうなのですが、重厚堅牢なフラッグシップ・ボディには、なぜか小さなレンズが似合います。若いころ、T90の次に初代のEOS1 を使った記憶があります。とても優秀な機械でした。

最近、京急線にさまざまな塗装(デザイン)の車輛が走っていて駅に行くのが楽しみです。私は鉄っちゃんではないので列車そのものはあまり撮りませんが、駅舎の柱の錆とか駅名表示板などには強い磁場を感じます。

KONDOHさん、こんにちは!

これは不思議な光景ですね。おっしゃるようにJR東日本の車両ですよね。しかし、東京駅では東海道新幹線と東北、上越新幹線は線路自体が繋がっていないはずなんですよね。だいぶ昔には直通運転の構想もあったようです。事実その名残として東海道新幹線の14-15番ホームの神田よりは東北・上越新幹線と並行してカーブしてますよ。でも線路はプッツリ終わっていたはず。20-23番ホームの有楽町側も同様にプッツリ。これは現役の鉄ファンにでも聞かないと分からないかも、、、いずれにしても非常に貴重なショットであることは間違いないでしょう。

こんにちは。
面白い写真ですね。どこから来たのでしょう。
形といえば、300系も最初は斬新に見えたのですが、今となってはずいぶんとコンサバなイメージです。慣れって怖いですね。

ramble-leicaさん、こんばんは。
デジタルは色、コントラストともクッキリハッキリ、とにかく良く写ります。対してフィルムの良さは多少曖昧さが残るところに良さがあるのかもしれません。変な言い方ですが。

kurakameさん、こんばんは。
この写真は下り線を走っているところなんです。
車両基地へ整備なんでしょうか・・・?
不思議な光景でした。

マリアさん、こんばんは。
そうなんですよぉ~・・・、ビックリして慌てて撮影しました。
E5系、すご~いスタイルですよ。見てビックリすると思います。

一葉さん、こんばんは。
ボディが重たいから軽いレンズを・・・というわけではないのですが、私はこのチープな50mmがEOSの傑作レンズと思っているのです。
T90、使った事がありますが、EOS 1の前身とも思われるデザインはMFカメラには見えないですね。
京急線、少しずつ塗装を換えているようで、興味深いです。駅舎の諸々も結構眼を惹かれますね。

ちょこっと調べてみましたが、電気的に走れるか否かという点ではJR東日本のE2系とE4系の一部の編成(長野新幹線使用車両)は使用電気の周波数対応が50HZ/60HZ切り替え可能なので、走っていてもおかしくはないのですが、いったい何の目的でどこから入ってどこへ行くかが謎ですね。ところで、東海道・山陽・九州新幹線は全線電気の周波数が60HZですので、相互乗り入れももちろん可能です。それに対して東北・上越新幹線は50HZなので、車両に50/60HZ切り替え装置がないと入っていけません。ですのでたとえばJR東海の700系はそのままでは東北新幹線などは走れません。う~ん、それにしても見れば見るほど貴重な写真?

tamuraさん、こんばんは。
やはり珍しい事なのですね。そういえばおっしゃるように東京駅では東海道新幹線と東北、上越新幹線は完全に分かれておりますよねぇ・・・。
線路が完全に繋がっていないのに今回のようなシーン、不思議ですよねぇ・・・。偶然カメラを手にしていて良かったです。撮影直後、たまたま自分がこの車両を目にしていなかっただけで、普段は走っているのかなぁ・・・?なんて思っちゃいました。
是非とも詳しい理由を知りたいですねぇ・・・。

tamuraさん、コメントにお返ししたら新たな情報をありがとうございます。
なるほど電源周波数の問題もあるのですね。昔、レコードプレイヤーが関西用と関東以北とにプーリーが違っていたりしたものでした。その後、どちらでも使えるような機構になりましたけど。
しかし、東北、上越新幹線が関西方向へ走るとは考えられませんですよねぇ・・・? どこかでレールが繋がるところがあって、こちらで整備にでも向かう途中だったのでしょうか・・・?

たびたびどうもです。
ただいま現役の撮り鉄おじさんに照会中です。分かるかどうかは不明ですが、何か情報がありましたらお知らせします。

tamuraさん、ありがとうございます。
情報、お待ちしております。

ビワさん、こんばんは。
ホントに不思議な光景に出合いました。
おっしゃる通り、何でも見慣れてしまうと普通になってしまうものですね。
E5系も見慣れちゃうのでしょうかねぇ・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の愛聴盤 第2回 | トップページ | 夏の風物詩 »