« 夜のエアポート | トップページ | 久々のカワセミ撮影 »

2010年7月21日 (水)

灼熱の成田空港

Img_1841
ルフトハンザドイツ航空 B747-400(D-ABTB)

ルフトハンザドイツ航空がシンガポール航空に次いで成田空港に、総二階建て旅客機エアバス A380を定期便に就航させて来たので撮影したいと思い、成田に行って来ました。

Img_1846

現在のところ週三便なので予め成田到着の曜日を調べて出向いたのですが、飛来したのはA380ではなく、B747でした。が~・・・っくり!

Img_1854

成田着AM7:30という事なので自宅を6時前に出発し、高速を飛ばして一時間ほどで成田に到着。準備万端で待ち構えていたのに・・・。

Img_1858

来月からはA380を二機就航させて毎日飛来するとの事なので、夏休みにでもリベンジ致します。デリバリされたばかりの機体は初期トラブルなどに見舞われる事もありますので、現地で機材変更があったのかもしれません。まぁ、楽しみはお預けという事で。

Img_1863

タッチダウンの瞬間です。陽炎が凄く、少し離れたものは皆ゆらゆらと揺れています。

いや~・・・しかし成田の暑さも半端ではないですね。滑走路はアスファルト舗装ですから梅雨明け以降の猛暑のため滑走路表面が柔らかくなっていたようで、飛行機自体の重みでタイヤの輪立が出来てしまい、その輪立に嵌った飛行機が動けなくなって40分も閉鎖されるというアクシデントがあった成田空港。

自分でその暑さを体感して来ましたが、夏の飛行機撮影は気を付けないと熱中症になる可能性がありますね。水分補給をしながら撮影しておりましたが、暑さに負けて11時前に終了し帰宅の途に。自宅から持参した水筒、あっという間に飲み干してしまったくらいです。やれやれ・・・。

Canon EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM

« 夜のエアポート | トップページ | 久々のカワセミ撮影 »

コメント

おはようございます。
それは残念でしたね。でも、成田へ行って飛行機を撮影するということだけでも、十分に楽しそうですね。次回のリベンジを楽しみにしております。
しかし今年の夏は本当に気をつけないと熱中症になりそうですね。お互いに気をつけましょうね^^

koukoさん、おはようございます。
今回は暑さとの戦いでした。(笑)
しかし梅雨明け直後のようなすっきりと抜けるような青空になりませんでしたし、収穫はなしという状況です。
熱中症、途中で目が霞むような感じになって、これはいけないと思い切り上げました。

こんばんは。拝見してると、ジェットを写したくなってきました。
D700で使用するおすすめレンズ、何かありますか?

ramble-leicaさん、こんばんは。
おお、是非撮影しに行って下さいませ。多分、ハマると思います。(^^)
レンズですがニコン純正ですとVR 80-400mmかVR 70-300mmを推奨しておきますが、80-400はVRを搭載した初代機で設計が今となっては古いのとAF-Sではないので、70-300の方を推奨しておきます。
価格が安い(量販店で6万5千円程)割には設計が新しいので良く写ります。私も嘗てD3で飛行機を撮っておりました。
取り敢えずこれで撮影してみて飛行機撮影が面白くなられたらまた高級レンズなどをお考えになってもよろしいかと思います。
D700でテレ側が不足に感じられたらAPS-Cモードで撮られたら良いです。

こんにちは。
今回は残念でしたね。
轍のニュースはテレビで見ました。深さ6cmと聞きましたが、意外にあっさり立ち往生してしまうものなのですね。重量のわりにはタイヤが小さいからでしょうか。
東北新幹線もレールが高温になって一時止まったらしいですから、ほんと、異常な暑さですね。

ビワさん、こんばんは。
ホントに思わぬところに落とし穴(シャレでなく)があるものですね。自力で出られないのですから意外でした。
数年前にも猛暑の年がありましたが、今年はそれ以来でしょうか。夏嫌いの私には酷暑です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜のエアポート | トップページ | 久々のカワセミ撮影 »