« ANAガンダムジェット | トップページ | 夏休み写真日記(2) »

2010年8月16日 (月)

モヒカンジェット再び

Ana_01
ANA B767-300 (JA602A)

ガンダムジェットを撮影するため城南島に行ったのですが、ガンダムジェットが飛来する少し前にモヒカンジェットが東京湾を旋回してファイナルアプローチに入って来たので撮影しました。

16Lに進入するアプローチコース、パイロットによって微妙にコースが違うのが面白いですね。一機、コース間違いでは?と思うくらい急角度で入って来まして、私の上空を通過して行ったのにはビックリ!

と申しますのも私の立ち位置上空からですと滑走路を前にして急角度で進入しなければならないからなんです。

Ana_02

この写真をご覧頂くとかなりな低空飛行だという事がご理解頂けると思います。もっとも大阪・伊丹空港の滑走路エンド付近、通称千里川の土手も同じようなところですが。パイロットの操縦技術、大したものですね。

さてプライベート事ですが、この夏休みは自分にとって悲惨な夏休みとなりました。旅行を計画していたら相棒が急遽入院したため、旅行は取り止め。夏休み初日夕方、城南島の帰りに高速道路で飛び石に遭って車のフロントガラスにヒビが入るアクシデント。で、ガンダムジェットを撮影に出掛けたこの日、免許証、バンクカード、クレジットカードその他が入っていた財布を紛失。ズボンの後ろポケットに入れいた財布。多分、マクドナルド(^^;で椅子に落としていたのだと思います。もう~・・・最悪。(;_;)

しかし本当に悲惨なのは戦争。終戦記念日の昨日、テレビ東京が3時間に渡って放送していた元NHKアナウンサー「池上彰の戦争を考えるSP」をずっと見ていたのですが、太平洋戦争に突入するまでの日本、狂っていたのですね・・・。

Canon EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm/F4.5-6.3 DG OS HSM

« ANAガンダムジェット | トップページ | 夏休み写真日記(2) »

コメント

お財布、とんだ災難でしたね。でも相方さんの入院の方がよっぽど一大事ですね。

おはようございます。
こうして好きな写真を撮っていられる幸せをつくづく感じますね。平和はありがたいです。
それにしても、大変でしたね。お財布をなくしたら、私なんかパニックを起こしそうです。サイフの中身の分散化を図ろうかしら。

うっちーさん、おはようございます。
トラブル続きで・・・。こういう事もあるのですねぇ・・・。(笑)

koukoさん、おはようございます。
おっしゃる通りです。財布を無くした事なんか戦争で命を落とした人たちに比べたら単なる笑い話であります。

相棒の方の急遽の入院ですが、早く退院されると良いですね。

 ・・・。・・・。いろいろ、ありましたね・・・。
 7月ですが、私がかけた携帯がきっかけで、妻が階段から落ちました。その後、ひどい虫さされ。
 朝、洗濯物を干そうとしたら、何か音がすると呼ばれていったら、ベランダの窓と葦簀の間に蜂。私がやっつけましたが、気が付かなかったら指されていたような気がします。

 しかも、映画「HACHI」のあと、体調不良。
 何だか、続きますね。

おはようございます。

災難続きで大変でしたね。
私ならそういうときは厄年とかいろいろ考えて神頼みです(笑)。

戦争については、NHKでも、生き証人の話など特集をいろいろ組んでいましたが、知らないことがいろいろありました。
悲惨な戦争のことを認識し直すためにも、繰り返し放送すべきですね。

pyosidaさん、おはようございます。
悪い事って続く時があるものですね。もっとも財布については自分の注意力の至らなさが原因ですが。ズボンの後ろポケットはダメですね。
蜂は注意しないといけませんですね。私はミツバチに刺された事がありますが。
体調不良との事。この暑さですからご注意下さい。

yymoonさん、おはようございます。
この一週間くらいに集中しました。こういう事もあるものなんですね。
太平洋戦争、そもそもの原因が何なのか知りませんでしたが、昨晩の番組で知る事が出来ました。番組中、日本がアメリカと戦争をしていた事を知らない人がいる、と言ってましたが、もうそういう時代になっているのですねぇ・・・。

おはようございます!
色々と難事続きで大変でしたね。財布といえば私も随分前に京都でタクシー降りたときに落としたことありました。幸い通りかかった方が交番に届けていたので事なきを得ましたが、それ以降、お札、小銭、カード類、定期入れと別個に携帯しています。

戦争の傷跡は何年たっても癒えることはないのでしょうね。私の母は未だに甲子園の高校野球で鳴るサイレンは空襲を思い出すのでイヤだといっています。

私も「池上彰の戦争を考えるSP」を見ていました。8月15日までは65年前は昭和を真っ二つにした出来事があった時期だと思います。
悲惨な大義名分もない太平洋戦争に突入したのかと語り合う会の知識を得るためにコメンテータの読み物ではない著者の中村薩英・半藤利夫著の「昭和史」本格的な書を読みましたが明確な理由は判明しませんし解き明かすこともされませんでした。
隠ぺいされた史実があるのでしょうか。現在も史実は追求されているようですが。
当時と同じことが今なお繰り返されていますが戦争を認識するために継続させていくことが大事なのではと思います。

tamuraさん、こんばんは。
そうですか、tamuraさんも京都で落された事があるのですか。でも、親切な人に拾われて良かったですね。京都で出て来なかったら途方に暮れちゃいますよね。
おっしゃるように今後は現金、カード類などを分けておいた方が良いですね。今日は暑い中、免許証の再交付に行って来ました。
戦争実体験のお母様、サイレンなんて聞くのは嫌でしょうねぇ・・・。

TOKIWAIさん、こんばんは。
戦争は一部のエゴイストが始めるもので、また始めた人間はいつも弾の来ないところで指揮しています。そんなに戦争がしたいなら先ずそういう人たちが先頭に立って行ってもらいたいですねぇ。
歴史は繰り返すと申しますが、戦争の繰り返しは御免です。同じ人間同士なのに・・・どうしてなのでしょうかねぇ・・・?

ヘリコプターのマークが懐かしいです。初めて乗った飛行機(YS-11)にもヘリコプターのマークが入っていました。
ずいぶんと災難続きだったんですね。
フロントガラスの破損は、場合によっては事故につながりますから怖いですね。

ビワさん、
このモヒカン塗装は随分前のスタイルですからレトロブームに乗っかって・・・というところでしょうか。
ホントにこの夏休みはどうしちゃったのだろう・・・と思うくらいアクシデントが続きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ANAガンダムジェット | トップページ | 夏休み写真日記(2) »